転職の面接で気を付けたい服装のポイントは?

転職の面接で気を付けたい服装のポイントは? [拡大する]

転職の面接で気を付けたい服装のポイントは?

 転職活動で面接をする際、新卒の就職活動のようにリクルートスーツを着ていれば大丈夫ということはないため、服装に悩む方もいると思います。絶対に駄目というわけではありませんが、社会人経験がある人の転職活動の際は、リクルートスーツを避けたほうが良いという意見もあります。

 ここでは、男女それぞれ、転職の面接における服装や身だしなみで気を付けるべきポイントや、服装自由と言われた場合にどうすればいいのかをご紹介します。


■転職でリクルートスーツはNG?

 学生時代の就職活動で活躍したリクルートスーツ。転職活動で着用しても問題ないのでしょうか?

 結論から言うと、転職の面接においてリクルートスーツは避けたほうが無難です。リクルートスーツは学生のフレッシュさや若々しさを演出してくれますが、社会人としてスキルや経験を伝える転職の面接では逆に未熟なイメージに見られることもあります。スーツを着用する場合は、実際に働くときの雰囲気を出せるビジネススーツで行くことをおすすめします。

 なお、第二新卒であればリクルートスーツでも良いという声もある一方で、やはり頼りなさを感じさせてしまうという声もあります。志望する会社がどちらのタイプかわからないのであれば、リクルートスーツ以外を選択するほうが安心です。


■男性におすすめの服装

 まずは、男性が転職の面接の服装で気を付けるべきポイントを紹介しましょう。

 男性の場合、業界や業種にもよりますが、一般的にはビジネススーツ・ワイシャツ・ネクタイというコーディネートが基本になります。スーツは紺、濃いグレーといった落ち着いたカラーにして、ストライプや派手な色の物は避けましょう。ボタンの数は自由ですが、ダブルスーツも避けたほうが無難です。当然ですが、しわのない状態が望ましいです。

 また、ワイシャツは白が最適です。こちらも柄物や色のついた物は避けましょう。ネクタイはスーツやワイシャツと比べて明るい色を出せる部分です。こちらも奇抜な物は避けて、自分に合う色やシックな柄の物を身に付けましょう。

 ほかにベルトや靴下、靴、時計にカバンといった物が必要になります。いずれも派手すぎず、清潔感のある物を選びましょう。

 夏場の転職活動は、普段クールビズで働いていると服装に迷う場合があるかもしれません。面接する企業から「クールビズで構いません」という事前連絡があれば、ノーネクタイでも問題ないでしょう。ですが、特に指定がなかった場合は、ジャケットやネクタイ着用で面接に臨みましょう。汗ジミが心配な場合は、汗が引くよう時間に余裕を持って行ったり、汗ジミの目立たない服装を意識したりするなど、対策することをおすすめします。


■女性におすすめの服装

 続いて、女性の面接の際の服装のポイントをご紹介します。

 女性の場合は、スーツ一式ではなく「ジャケットを着用していればオフィスカジュアルでも問題ない」という意見もあります。インナーはワイシャツではなく、カットソーにしても大丈夫です。

 スーツの色は男性と同様、紺、濃いグレーが知的で落ち着いたイメージにもつながり、おすすめです。ストライプや派手な色は避けましょう。インナーはワイシャツ・カットソー、いずれも白が清楚で好印象です。

 スカートの丈は立って膝が隠れる程度がベストです。フレアやスリットの物は避けて、シンプルな形の物にするようにしましょう。営業職やキャリアウーマンのイメージを出すなら、「パンツスーツがいい」という説もあります。

 靴はピンヒールやウェッジソールではなく、シンプルなパンプスがおすすめです。また、ストッキングの伝線や靴の汚れがないかなどもチェックが必要です。

 ネイルやメイクも派手すぎず、清楚な印象を与える程度にしましょう。メイクはまったくしていない状態もNGですが、主張しすぎも避けたいところです。アクセサリーは結婚・婚約指輪と時計程度にとどめておくことをおすすめします。


■服装自由と言われたら?

 業界や職種によっては、「服装は自由です」「カジュアルな服装でお越しください」と事前に指示してもらえることもあります。特にIT系やベンチャー企業は普段の業務もカジュアルな服装のことが多く、面接も私服でOKなケースが多いです。また、クリエイティブ系やアパレル業界の場合は、その人のセンスを見るために私服を指示することもあります。

 ですが、いくら自由な服装とはいえ、清潔感やマナーは大切です。企業のホームページや求人情報から社員の服装や社風をチェックし、オフィスカジュアルを軸に失礼や違和感のない服装を心掛けましょう。


■清潔感・サイズ感を大切に!

 男女ともに言えるのは、服装全体の清潔感とサイズ感に注意するということです。スーツはクリーニングし立ての物が望ましいですし、白シャツもシワや汚れのない物を着用しましょう。特に、襟や袖の汚れには要注意です。また、袖や裾の長さが合っていなかったり、サイズの合っていない服も、だらしない印象になってしまいます。

 転職の場合、面接の服装がリクルートスーツではないため、コーディネートに悩んでしまうこともあるかもしれません。しかしその分、自分の個性をさりげなく演出できる場でもあります。自分の見せ方をしっかり準備して面接に臨むようにしましょう。

>>交渉力の満足度でみる <転職エージェント>ランキングは?

>>【就職・転職】面接前に抑えておくべき「マナー」と「秘訣」

タグ
CS編集部 Facebook オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について

■禁無断複写転載
オリコン日本顧客満足度ランキングの著作権その他の権利は、株式会社oricon MEに帰属していますので、無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、モバイル、ブログ等)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。