【就職・転職】面接前に抑えておくべき「マナー」と「秘訣」

面接前に抑えておくべき「マナー」と「秘訣」とは? [拡大する]

面接前に抑えておくべき「マナー」と「秘訣」とは?

 就職・転職時に行われる面接は、応募側も企業側も相手を見極めるために重要なステップだ。前回は、様々な面接の種類と評価基準を紹介したが、今回は実際に受ける際に頭に入れておくべき「マナー」と「成功の秘訣」について解説する。

■面接時は常識的な振る舞いが大切

 面接時は、服装の指定があれば指示に従うこと。指定されていない場合はスーツ着用が無難だ。

 入室・退出時は、ドアのノックや「失礼します」と言うなど、常識的なことに気をつければよい。ちなみに、多くの場合、最後に「何か質問はありますか」と面接官から聞かれる“逆質問”の時間が設けられている。そのため、企業のことをよく調べ、質問事項を考えてから臨むといいだろう。

■成功の秘訣は「企業研究」にあり

 面接を成功させるには、事前の「自己分析」と「企業研究」がものをいう。企業研究では、『業界地図』や応募先サイトをチェックし、腑に落ちなかった部分の理解を深めるためにOB・OG訪問をするという手順が有効だ。日系企業であれば、このOB・OG訪問の回数を数えている場合もあるので、企業へのアピールとしても有効な手段だ。

【ワンポイント・アドバイス】

 面接のマニュアル本を読んで研究していたとしても、実際に受けるとなると緊張するもの。そこで役立つのが「模擬練習」だ。例えば、人材紹介会社では、「模擬面接」や「面接対策」をしているところがある。そういったサービスを活用するのも、面接を成功に導くひとつの方法だ。

 次回は、面接官の意図に沿った回答をするコツや、NGとされる逆質問について紹介する。

【文/寺本亜紀(キャリア・コンサルタント)】
キャリア・コンサルタント。全国の支店の社員研修を担当。新卒採用やCSR、国連グローバル・コンパクトなど大手企業の全社員向けeラーニング研修教材の企画・制作も行う。ライター、映像翻訳者(字幕・吹替)としても活動中。

>> 利用者9052人が選ぶ! 満足度の高い<転職・人材紹介会社>ベスト5

>> <前回記事>誰もが気になる「面接の種類」と「評価基準」


オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について

■禁無断複写転載
オリコン日本顧客満足度ランキングの著作権その他の権利は、株式会社oricon MEに帰属していますので、無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、モバイル、ブログ等)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。