ORICON キャリア

現在地:オリコンキャリア>転職・派遣関連ニュース

2013年11月08日 10時00分
母との会話でその日をリセット! ポジティブな気持ちで仕事にまい進する剛力彩芽 (撮影:逢坂聡)
松姫を演じる剛力彩芽と夫・織田信忠役の中村勘九郎(映画『清須会議』より)

【働きビト】ため息はつかない!剛力彩芽、笑顔の秘策は「母との絆」

 今年は大河ドラマに月9主演、歌手デビュー、さらに17本のCM・広告出演と、とにかくテレビで見ない日はなかった人気女優・剛力彩芽(21)。はつらつとした笑顔が印象的だが、最新出演作『清須会議』(三谷幸喜監督作)では、眉をつぶして笑顔を封印。新境地を切り拓いた。そこで転職サイト・ORICON STYLE“Career”では、過密スケジュールのなかを全力で走り続ける剛力に、仕事への心構えをインタビュー。剛力の笑顔を支え続ける母との絆が語られた。

■仕事への向上心と様々な感情が溢れ出した1年「もっと貪欲にいきたいな」

―― 今年はモデルから女優業に加え歌手デビューに番組MCと幅広いご活躍でしたが、振り返っていかがでした?

 初めてのお仕事、現場をたくさん経験させていただいた1年でした。分からないことだらけのなか、みなさんに教えていただくことばかりで。とにかく吸収して、吸収して…吸収した分、色々な自分を出していく。

 気がつくと、自分の中でどんどん“もっともっと、こうしたい”という強い思いが生まれて、貪欲にいきたいなって(笑)。そういう気持ちも含めて、自分自身も知らない一面、いろんな感情が溢れ出た1年でした。

―― 夢中になっているお仕事だからこそ、落ち込んでしまったりすることは?

 基本的には落ち込んだりすることがあまりないんです(笑)。幼い頃から、母がいつも「彩芽は強い子だ」って言ってくれたおかげで、周囲ばかりを気にするとか、誰かをライバルって感じたりすることもなく過ごしてきました。仕事では反省もしなくちゃいけないし、目標に向かって自分の改善点を見つけていかなくちゃいけない。落ち込んでいる時間がないって思います(笑)。

■一日の出来事をすべて母に話してスッキリ! 大事なことは「寝たら忘れる」

――忙しさに負けずに仕事へのモチベーションを保つ方法ってあるのでしょうか?

 私は実家暮らしなので、なんでも母に話すんです! その日あったことを全て母に話さないと、私の気がすまない(笑)。話を聞いてもらえることで、気持ちがすごくスッキリします。

 もし、失敗したことを気にして誰にも話さずに溜め込んで次の日が来たら、また朝から「はぁ〜。今日は、うまくできるかなぁ」っていうテンションを引っ張ってしまうから。そうはなりたくないんです。その日のことはその日のうちに消化して、「今日も楽しかった」と思って、眠りたい。

―― 気持ちをポジティブに持っていく秘訣ですね。

 よく「寝たら忘れる」って言いますけど、忘れちゃうように自分の気持ちを整えることってすごく大事ですよね。自分の気持ち次第で、どんな風にも変わっていけると思うから。

■三谷作品で新境地!切なさを内包した“松姫”を好演

―― 最新出演作『清須会議』では普段とは真逆のキャラクターですね。ラストカットは、女性の強かさと怖さがにじみ出る笑顔でした。

 今回、出番自体はそれほど多くないんですけど、物語のキーパーソンの一人ですから…最初は私がこんなに大事な役をいただいていいのかという想いもありました。どう演じたらいいかと…。

 ラストの笑い方は、どんな風に見せるかをすっごく研究したんです。話しているときはなるべく口を開かないようにして、最後にカメラが寄ってきたところで、口元を見せる。あの長回しのシーンはすごく緊張して、いやな汗をかいていましたね(笑)。

 剛力にとって三谷作品初参加となる最新映画出演作『清須会議』はあす9日から全国公開。原作は三谷の同名小説で、本能寺の変のその後、織田信長の跡取りを名乗りでた猛将・柴田勝家(役所広司)と、後に天下統一をなす羽柴秀吉(大泉洋)を主人公に、戦国時代にして“話し合い=無血”で時代を切り拓いた知略戦ともいえる「清須会議」を映画化。


■インタビュー全文掲載
>>三谷幸喜監督作品に初参加「どういう顔になるのか、楽しみでした」

■仕事を楽しむ神ワザとは?
>>マスコミの裏側を知る「働きビト」 SPインタビュー

■映画公式サイト
>>三谷幸喜監督作品『清須会議』(公開中)  

オリコン日本顧客満足度ランキング 自動車保険

オリコン日本顧客満足度ランキング 英会話スクール

英会話スクール/英会話教室ランキング

キャリア特集 一覧

【働きビト】Vol.16 長澤まさみ“頑張りすぎない”働き方のルール
【働きビト】Vol.16 長澤まさみ“頑張りすぎない”働き方のルール

女優の長澤まさみが、映画『アイアムアヒーロー』で念願のアクションに挑戦。撮影の裏側はもちろん、デビュー17年目を迎えた今いい意味で「なるべく適当に」が自分ルールになっているという、彼女の“仕事との向き合い方”にも迫った! 

【働きビト】Vol.15 アミューズの“落ちこぼれ劇団”10周年の決意
【働きビト】Vol.15 アミューズの“落ちこぼれ劇団”10周年の決意

赤字になったら即解散という厳しいルールの元、活動する大手事務所・アミューズの“落ちこぼれ”演劇集団・劇団プレステージ。暗黒時代を味わったメンバーが語る、地道にキャリアを積むことの強み。そして、節目に思う新たな危機感とは?

嬉野雅道
【働きビト】Vol.14 嬉野雅道、『水曜どう』に出会って感じた仕事のおもしろさ

北海道発の人気ローカル番組『水曜どうでしょう』のカメラ担当ディレクター・嬉野雅道。御年56歳、『どうでしょう』との出会いは、一介のサラリーマン人生にどんな影響を与えたのか? 出演陣との関係性や番組成功の裏側にも迫る!

ケラリーノ・サンドロヴィッチ
【働きビト】Vol.13 演劇界の鬼才ケラリーノ・サンドロヴィッチの作品作りの源泉

ドラマ『怪奇恋愛作戦』(テレビ東京系)で、連ドラのシリーズ監督に初挑戦するケラリーノ・サンドロヴィッチ。52歳にして新たな試みに挑む彼の、長年に渡り第一線で活躍し続ける仕事への向き合い方とは…?

豊川悦司
【働きビト】Vol.12 豊川悦司が語る、過酷すぎる山岳ロケの裏舞台

俳優・豊川悦司が、木村大作監督の最新作『春を背負って』撮影のため、1ヶ月半に及ぶ過酷な山岳ロケに参加。壮大な立山連峰に響きわたる、木村監督の「バカヤロウ」の怒号に、ベテラン俳優が感じたものとは?

大泉洋
【働きビト】Vol.11 大泉洋の仕事論「どんなにボロボロでも続ける美学」

北海道のローカルタレントからスタートし、今や年に何本も主演作が公開されるなど、押しも押されもせぬ人気俳優となった大泉洋が登場! 主演作の映画『青天の霹靂』の撮影秘話や、役者を「辞める覚悟はできている」という仕事への覚悟まで、大泉らしい役者論を語りつくす。