ORICON キャリア

現在地:オリコンキャリア>転職・派遣関連ニュース

2011年06月30日 08時00分
初の書き下ろし小説を発売する新田恵利 
『アイドルと付き合う方法』(宝島社)のタイトル&帯写真は秋元康が手掛けた 

元おニャン子・新田恵利が小説家デビュー タイトルは秋元康が命名

 1980年代に人気女性アイドルグループ・おニャン子クラブの一員として活躍したタレントの新田恵利が、7月8日発売の著書『アイドルとつき合う方法』(宝島社)で小説家デビューすることが29日わかった。新田は「年を重ね、アイドル・新田恵利と普段の私を切り離して見られるようになった。また、おニャン子から26年経過した今も、時代がAKB48のようなアイドルグループを必要としているのを感じ、この2つがマッチしたのが今だった」と今回上梓した理由を説明。著書のタイトルは“育ての親”でもある総合プロデューサーの秋元康が命名している。

 おニャン子クラブ時代から小説家になりたかったという新田の処女作は、青春アイドル小説。自身の体験と友人の話、妄想と今の若いアイドルから聞いた出来事をまとめ、アイドルとしての悩みや思いを盛り込んだオムニバス作品。テディベアショップを経営する元トップアイドルの主人公・涼音のもとに、悩みを持つ現役のアイドルたちがテレビ局で伝説になっている「テディベアを抱いた女の子」に導かれ涼音の店を訪れ、さまざまな相談をしていく物語。

 デビュー作の帯のコメントを秋元にお願いしたところ「タイトルも考えたから」と言われたとそうで、インパクトの強いタイトルを見た新田は「さすが秋元さん、そう来ましたか…。それなら乗った」と意気込み、各章の見出しも『アイドルの賞味期限』『アイドルの取り扱い方』『アイドルグループの掟』といった具合に秋元ワールドに合わせて変更。その秋元は帯に「AKBのメンバーの中から24年後(おニャン子が解散して現在24年)、小説家が誕生するんだろうか…」と含みを持たせたコメントをしている。

 

オリコン日本顧客満足度ランキング 自動車保険

オリコン日本顧客満足度ランキング 英会話スクール

英会話スクール/英会話教室ランキング

キャリア特集 一覧

【働きビト】Vol.16 長澤まさみ“頑張りすぎない”働き方のルール
【働きビト】Vol.16 長澤まさみ“頑張りすぎない”働き方のルール

女優の長澤まさみが、映画『アイアムアヒーロー』で念願のアクションに挑戦。撮影の裏側はもちろん、デビュー17年目を迎えた今いい意味で「なるべく適当に」が自分ルールになっているという、彼女の“仕事との向き合い方”にも迫った! 

【働きビト】Vol.15 アミューズの“落ちこぼれ劇団”10周年の決意
【働きビト】Vol.15 アミューズの“落ちこぼれ劇団”10周年の決意

赤字になったら即解散という厳しいルールの元、活動する大手事務所・アミューズの“落ちこぼれ”演劇集団・劇団プレステージ。暗黒時代を味わったメンバーが語る、地道にキャリアを積むことの強み。そして、節目に思う新たな危機感とは?

嬉野雅道
【働きビト】Vol.14 嬉野雅道、『水曜どう』に出会って感じた仕事のおもしろさ

北海道発の人気ローカル番組『水曜どうでしょう』のカメラ担当ディレクター・嬉野雅道。御年56歳、『どうでしょう』との出会いは、一介のサラリーマン人生にどんな影響を与えたのか? 出演陣との関係性や番組成功の裏側にも迫る!

ケラリーノ・サンドロヴィッチ
【働きビト】Vol.13 演劇界の鬼才ケラリーノ・サンドロヴィッチの作品作りの源泉

ドラマ『怪奇恋愛作戦』(テレビ東京系)で、連ドラのシリーズ監督に初挑戦するケラリーノ・サンドロヴィッチ。52歳にして新たな試みに挑む彼の、長年に渡り第一線で活躍し続ける仕事への向き合い方とは…?

豊川悦司
【働きビト】Vol.12 豊川悦司が語る、過酷すぎる山岳ロケの裏舞台

俳優・豊川悦司が、木村大作監督の最新作『春を背負って』撮影のため、1ヶ月半に及ぶ過酷な山岳ロケに参加。壮大な立山連峰に響きわたる、木村監督の「バカヤロウ」の怒号に、ベテラン俳優が感じたものとは?

大泉洋
【働きビト】Vol.11 大泉洋の仕事論「どんなにボロボロでも続ける美学」

北海道のローカルタレントからスタートし、今や年に何本も主演作が公開されるなど、押しも押されもせぬ人気俳優となった大泉洋が登場! 主演作の映画『青天の霹靂』の撮影秘話や、役者を「辞める覚悟はできている」という仕事への覚悟まで、大泉らしい役者論を語りつくす。