ORICON キャリア

現在地:オリコンキャリア>転職・派遣関連ニュース

2010年03月09日 17時50分
厳しい結果に固い表情を変えずベンチに戻った雄星投手 (C)ORICON DD inc. 
ほかの選手と共にミーティングに参加 (C)ORICON DD inc. 
実戦デビューのマウンドで熱のこもった一球 (C)ORICON DD inc. 

雄星、悔しさにじませ自己採点拒む 2回3失点の“ホロ苦”デビュー

■そのほかの最新写真ニュース一覧はこちら

 埼玉西武ライオンズのドラフト1位左腕、雄星投手が9日、本拠地となる埼玉・西武ドームでイースタン教育リーグの対巨人戦にプロ初先発した。初回こそ無失点で抑えたものの、2回を投げてヒット3本、3与四球、3失点で降板。寒風吹くなか、制服姿の女子高校生ら同世代から高齢者まで幅広い女性ファンの黄色い声援も多く飛び、その投球に期待が高まったが、ボークを取られる場面もあるなど課題の多い内容となった。試合後に報道陣から自己採点を求められると「点数はつけるものじゃない…」と悔しさをにじませこれを拒みつつ、「不安に思っていたことが、その通りになってしまった」とホロ苦いデビュー戦を振り返った。

 球場には黄金ルーキーの本格的なデビューをひと目見ようと、雪が降るなか早い時間帯からファンが駆けつけ長蛇の列を作った。全席自由席だったこともあり、開門後にはまだ“主役”がまだグランドに姿を見せていないにもかかわらず、場内をダッシュしながら「雄星くん〜」と叫ぶ女性や、雄星の母校である花巻東の文字が入ったユニフォームを着用して、報道陣にアピールする熱心な男性の姿も。普段は応援の鳴り物などが無く、静かに時間が過ぎていく2軍の試合だが、試合中にも「雄星くん〜頑張って〜!」など黄色い声援が飛び交い一種異様な雰囲気に包まれていた。

 雄星はこの日、午前9時からドームに隣接する西武第2球場でウォーミングアップを開始した。試合開始50分前にドームへと移動し、再び体を動かした後ブルペン入り。関係者いわく「2軍降格時には、彼も暗い表情をみせていたが、実戦デビューが決まったタイミングからは再び笑顔を見せはじめた」といい、この日もご機嫌な様子だった。

 「すごく投げやすかった」と振り返った真っさらなマウンドに登った初回、まずは先頭打者に10球以上粘られ中前打されるも、走塁ミスもあり1アウト。続く打者2人もショートゴロに抑え、無失点で切り抜けた。2回には巨人の5番・小田嶋に9球目をレフト前に運ばれると、そこから打者2人に9球連続でボール。スタンドからは球審に向けて「内角(の判定)が厳しいぞ!」とのヤジも飛んだが、これまでとは違う感覚に動揺したのか、課題のセットポジションからの投球ではボークを取られ、さらにピンチを広げた。寒さには慣れっこの雄星の地元・岩手の報道陣でさえ「今日は格別に寒い…」と嘆くほどの気温の低さも不運だった。

 しかし試合後に大勢の報道陣に囲まれた雄星は、その寒さについて「言い訳にできない」とキッパリ。久々の実戦マウンドということもあったが、春季キャンプを経て少しでも投球内容がまとまってきたといい「明らかなボール球も減りました。投げてみて、課題もみつかったので(克服して)次のステップにつなげたい」とした。

 また、無料開放とはいえ平日の昼間に行われた2軍のオープン戦でバックネット裏と3塁側内野席の半分近くが埋まるという“大盛況”ぶりには、驚いた表情をみせつつ「もっといいピッチングをして期待に応えたい気持ちがあったが、結果が出せなかった。声援?常に聞こえていましたよ!」と話し、集まった観客たちにも謙虚に感謝の弁を述べていた。

期待の新星からベテラン選手までの話題が満載!「スポーツ」関連ニュース記事一覧

 

オリコン日本顧客満足度ランキング 自動車保険

オリコン日本顧客満足度ランキング 英会話スクール

英会話スクール/英会話教室ランキング

キャリア特集 一覧

【働きビト】Vol.16 長澤まさみ“頑張りすぎない”働き方のルール
【働きビト】Vol.16 長澤まさみ“頑張りすぎない”働き方のルール

女優の長澤まさみが、映画『アイアムアヒーロー』で念願のアクションに挑戦。撮影の裏側はもちろん、デビュー17年目を迎えた今いい意味で「なるべく適当に」が自分ルールになっているという、彼女の“仕事との向き合い方”にも迫った! 

【働きビト】Vol.15 アミューズの“落ちこぼれ劇団”10周年の決意
【働きビト】Vol.15 アミューズの“落ちこぼれ劇団”10周年の決意

赤字になったら即解散という厳しいルールの元、活動する大手事務所・アミューズの“落ちこぼれ”演劇集団・劇団プレステージ。暗黒時代を味わったメンバーが語る、地道にキャリアを積むことの強み。そして、節目に思う新たな危機感とは?

嬉野雅道
【働きビト】Vol.14 嬉野雅道、『水曜どう』に出会って感じた仕事のおもしろさ

北海道発の人気ローカル番組『水曜どうでしょう』のカメラ担当ディレクター・嬉野雅道。御年56歳、『どうでしょう』との出会いは、一介のサラリーマン人生にどんな影響を与えたのか? 出演陣との関係性や番組成功の裏側にも迫る!

ケラリーノ・サンドロヴィッチ
【働きビト】Vol.13 演劇界の鬼才ケラリーノ・サンドロヴィッチの作品作りの源泉

ドラマ『怪奇恋愛作戦』(テレビ東京系)で、連ドラのシリーズ監督に初挑戦するケラリーノ・サンドロヴィッチ。52歳にして新たな試みに挑む彼の、長年に渡り第一線で活躍し続ける仕事への向き合い方とは…?

豊川悦司
【働きビト】Vol.12 豊川悦司が語る、過酷すぎる山岳ロケの裏舞台

俳優・豊川悦司が、木村大作監督の最新作『春を背負って』撮影のため、1ヶ月半に及ぶ過酷な山岳ロケに参加。壮大な立山連峰に響きわたる、木村監督の「バカヤロウ」の怒号に、ベテラン俳優が感じたものとは?

大泉洋
【働きビト】Vol.11 大泉洋の仕事論「どんなにボロボロでも続ける美学」

北海道のローカルタレントからスタートし、今や年に何本も主演作が公開されるなど、押しも押されもせぬ人気俳優となった大泉洋が登場! 主演作の映画『青天の霹靂』の撮影秘話や、役者を「辞める覚悟はできている」という仕事への覚悟まで、大泉らしい役者論を語りつくす。