ORICON キャリア

現在地:オリコンキャリア>転職・派遣関連ニュース

2010年02月04日 18時00分
新人賞を受賞した岡田将生 (C)ORICON DD inc. 
全身ショット (C)ORICON DD inc. 
(左から)多部未華子、水嶋ヒロ、志田未来、松田龍平、榮倉奈々、岡田将生 (C)ORICON DD inc. 

「2010年エランドール賞」新人賞6名が決定 岡田将生は大学中退に「後悔はない」

■そのほかの最新写真ニュース一覧はこちら

 年間を通じて最も活躍した将来有望な新人俳優や優秀作品を表彰する『2010年エランドール賞』(日本映画テレビプロデューサー協会主催)の授賞式が4日、都内のホテルであり、新人賞を受賞した岡田将生(20)ら6名が出席。役者業に集中するため昨年末で大学を中退した岡田は「仕事も好きですし、もっと芝居が上手くなりたい。後悔はしていません」とキッパリ。「1人前なりたい。役もいろいろ挑戦したい」と力強く抱負を語った。

 ドラマ『オトメン(乙男)』(フジテレビ系)シリーズなどが評価された岡田は、スーツに蝶ネクタイ姿で「ただ単に嬉しいですね!」と笑顔。今後は「(役者1本で)頑張ります!昨年は、いろんな仕事をさせていただきいい勉強になった。これを生かして今年も頑張りたいですね」。報道陣からは、この日午後に引退を表明した横綱・朝青龍の話題を急に振られ「ウソ〜!!! 僕は攻撃的じゃないのですが、やっぱり暴力はよくない」とあたふたしながらも、時事ネタにもしっかり対応してみせた。

 ほかには、榮倉奈々(21)、松田龍平(26)、志田未来(16)、水嶋ヒロ(25)、多部未華子(21)が新人賞を受賞。映画『余命1ヶ月の花嫁』などが評価された榮倉は「目の前のことに精一杯で、盛り沢山な1年。ちゃんといろいろ出来たかな? という感じですね」と1年を振り返り、「柔軟な女性に憧れるので、いろんなものを吸収できるようにしたいですね」とコメント。

 映画『蟹工船』などで活躍し、弟・松田翔太に続き2年連続で“兄弟受賞”となった龍平は、キャリアを積んだ末にもらった“新人賞”に「新人という気持ちではいられませんが、初心に帰るいい機会」とし、“新米パパ”となった私生活には「楽しくやってますよ。妻も『よかったね』と言ってくれた」とプライベートな話題にも触れていた。

 ドラマ『小公女セイラ』(TBS系)や映画『誰も守ってくれない』に出演した志田は「凄く充実して楽しめた1年」と受賞を喜び、再来週に迫ったバレンタインの話題には「中学校の友達と手作りチョコを作る」という。もっとも“本命チョコ”については「24歳には結婚したいので、それまでには…」と期待を込めていた。

 小栗旬とのタッグが話題を呼んだドラマ『東京DOGS』(フジテレビ系)や、私生活でも歌手・絢香と結婚した水嶋は「(妻は)僕以上に喜んでくれた。忙しかったのですが、それだけ仕事をいただけて光栄です」と話し、今年前半は仕事をセーブして改めて夫人のバセドウ病の治療に専念すると明かした。

 この日最後に登場したNHK朝の連続テレビ小説『つばさ』のヒロイン・多部は「頑張っている姿を誰かが見ていてくれた! と思い嬉しかった。これからも今までと同じマイペースで、目の前のことにチャレンジしていきたい」と笑顔。「恋は頑張る?」との問いにも「はい!」と言い切ったが、バレンタインの予定は「無いんです…」と肩を落としていた。

 なお、作品賞は映画『沈まぬ太陽』とNHK大河ドラマ『天地人』。特別賞には昨年、初監督した映画『劒岳 点の記』の木村大作監督と、俳優の故・森繁久彌さん、『刑事一代 平塚八兵衛の昭和事件史』(テレビ朝日)制作チーム、映画『釣りバカ日誌』(松竹)シリーズ出演者及び製作チームに贈られた。

⇒2009年度の映画賞受賞作&受賞者一覧


◆『エランドール賞』過去の受賞者をチェック!
2009年2008年2007年


 多部未華子森繁久彌

 

オリコン日本顧客満足度ランキング 自動車保険

オリコン日本顧客満足度ランキング 英会話スクール

英会話スクール/英会話教室ランキング

キャリア特集 一覧

【働きビト】Vol.16 長澤まさみ“頑張りすぎない”働き方のルール
【働きビト】Vol.16 長澤まさみ“頑張りすぎない”働き方のルール

女優の長澤まさみが、映画『アイアムアヒーロー』で念願のアクションに挑戦。撮影の裏側はもちろん、デビュー17年目を迎えた今いい意味で「なるべく適当に」が自分ルールになっているという、彼女の“仕事との向き合い方”にも迫った! 

【働きビト】Vol.15 アミューズの“落ちこぼれ劇団”10周年の決意
【働きビト】Vol.15 アミューズの“落ちこぼれ劇団”10周年の決意

赤字になったら即解散という厳しいルールの元、活動する大手事務所・アミューズの“落ちこぼれ”演劇集団・劇団プレステージ。暗黒時代を味わったメンバーが語る、地道にキャリアを積むことの強み。そして、節目に思う新たな危機感とは?

嬉野雅道
【働きビト】Vol.14 嬉野雅道、『水曜どう』に出会って感じた仕事のおもしろさ

北海道発の人気ローカル番組『水曜どうでしょう』のカメラ担当ディレクター・嬉野雅道。御年56歳、『どうでしょう』との出会いは、一介のサラリーマン人生にどんな影響を与えたのか? 出演陣との関係性や番組成功の裏側にも迫る!

ケラリーノ・サンドロヴィッチ
【働きビト】Vol.13 演劇界の鬼才ケラリーノ・サンドロヴィッチの作品作りの源泉

ドラマ『怪奇恋愛作戦』(テレビ東京系)で、連ドラのシリーズ監督に初挑戦するケラリーノ・サンドロヴィッチ。52歳にして新たな試みに挑む彼の、長年に渡り第一線で活躍し続ける仕事への向き合い方とは…?

豊川悦司
【働きビト】Vol.12 豊川悦司が語る、過酷すぎる山岳ロケの裏舞台

俳優・豊川悦司が、木村大作監督の最新作『春を背負って』撮影のため、1ヶ月半に及ぶ過酷な山岳ロケに参加。壮大な立山連峰に響きわたる、木村監督の「バカヤロウ」の怒号に、ベテラン俳優が感じたものとは?

大泉洋
【働きビト】Vol.11 大泉洋の仕事論「どんなにボロボロでも続ける美学」

北海道のローカルタレントからスタートし、今や年に何本も主演作が公開されるなど、押しも押されもせぬ人気俳優となった大泉洋が登場! 主演作の映画『青天の霹靂』の撮影秘話や、役者を「辞める覚悟はできている」という仕事への覚悟まで、大泉らしい役者論を語りつくす。