ORICON キャリア

現在地:オリコンキャリア>転職・派遣関連ニュース

2007年11月25日 12時00分

美輪、江原に迫る人気、 “スピリチュアル・マジシャン”ブレイク直前か?!

 江原啓之に続く第2のサイキック・メンタリストと呼ばれ、関西地区を中心に注目されはじめているスピリチャルマジシャンのロミオ・ロドリゲス・Jr.。今年の1月に書籍『第六感 スピリチュアルパワーを磨く』を発売したことで、全国にも名前が知れ渡りつつある。道具を使わない、人の心を読むマジックとして周囲を驚かせている。

 マジックというと、Mr.マリック、プリンセス天功、ナポレオンズ、セロら、様々なスタイルのマジシャンがテレビで活躍、時代を問わず人気を呼んでいる。そんな中、用意する道具はメモ用紙と鉛筆のみで、人の心をすばり当てるというスタイルで注目を集めているロミオ・ロドリゲス・Jr.が今、関西地区を中心にブレイクの兆しを見せている。

 「私のマジックには、派手さありません。でも、心に突き刺さる“恐怖感”は味わえますよ」。今月25日発売の初DVD『スピリチュアル・マジック〜マインド・ミステリーの世界へようこそ〜』では、人が思い浮かべた2桁の数字を当て、また名前が書かれたメモを燃やした煙からその内容を読みとってしまうという驚愕のパフォーマンスを披露している。

 1972年にイギリスで生まれた彼は、中学・高校時代を日本で過ごした経験を持つ。その直前に興味を持ったというマジックにのめり込み、やがて独自のマジックを確立させた。そんなロミオはあの人気マジシャン・セロを尊敬しているという。「あの方は夢を与えているという意味で陽で、私は恐怖感を与えている陰。マジックって、成功したら拍手をもらうけど、私は成功すればするほど怖がられて水を打ったようにシーンとしていた。それに耐えるのが大変でした」。

 本当に「喜んでもらえているのか判らない」と悩んでいる最中だった2005年、世間では江原啓之・美輪明宏らが出演する番組がきっかけで“スピリチュアルブーム”が到来。この流れでテレビ『ハヌッセンの館』(日本テレビ)に出演することになり、共演した美輪から絶賛され、その後急激に注目度が高まったという。

 昨年、東京・青山円形劇場での単独ライブでは、マジシャンとしては異例ともいえる360度観客に囲まれるスタイルでマジックを披露した。ロミオのマジックの強み……。それは、タネがないという点だと説明する。

 最近では、稲川淳二のような怪談と共に披露する“恐怖マジック”も評判とのことだが、あくまで次なる目標は「メンタルマジックをもっと広げた上で、映画界にも進出したい」と語るロミオ。同業者からも「世界最速で観客のカードを当てる男」などと評価は高く、新たなマジックブームを起こす立役者となりそうな気配だ。

 今月30日と来月28日に大阪・なんばB1角座でライブを行う。

 

オリコン日本顧客満足度ランキング 自動車保険

オリコン日本顧客満足度ランキング 英会話スクール

英会話スクール/英会話教室ランキング

キャリア特集 一覧

【働きビト】Vol.16 長澤まさみ“頑張りすぎない”働き方のルール
【働きビト】Vol.16 長澤まさみ“頑張りすぎない”働き方のルール

女優の長澤まさみが、映画『アイアムアヒーロー』で念願のアクションに挑戦。撮影の裏側はもちろん、デビュー17年目を迎えた今いい意味で「なるべく適当に」が自分ルールになっているという、彼女の“仕事との向き合い方”にも迫った! 

【働きビト】Vol.15 アミューズの“落ちこぼれ劇団”10周年の決意
【働きビト】Vol.15 アミューズの“落ちこぼれ劇団”10周年の決意

赤字になったら即解散という厳しいルールの元、活動する大手事務所・アミューズの“落ちこぼれ”演劇集団・劇団プレステージ。暗黒時代を味わったメンバーが語る、地道にキャリアを積むことの強み。そして、節目に思う新たな危機感とは?

嬉野雅道
【働きビト】Vol.14 嬉野雅道、『水曜どう』に出会って感じた仕事のおもしろさ

北海道発の人気ローカル番組『水曜どうでしょう』のカメラ担当ディレクター・嬉野雅道。御年56歳、『どうでしょう』との出会いは、一介のサラリーマン人生にどんな影響を与えたのか? 出演陣との関係性や番組成功の裏側にも迫る!

ケラリーノ・サンドロヴィッチ
【働きビト】Vol.13 演劇界の鬼才ケラリーノ・サンドロヴィッチの作品作りの源泉

ドラマ『怪奇恋愛作戦』(テレビ東京系)で、連ドラのシリーズ監督に初挑戦するケラリーノ・サンドロヴィッチ。52歳にして新たな試みに挑む彼の、長年に渡り第一線で活躍し続ける仕事への向き合い方とは…?

豊川悦司
【働きビト】Vol.12 豊川悦司が語る、過酷すぎる山岳ロケの裏舞台

俳優・豊川悦司が、木村大作監督の最新作『春を背負って』撮影のため、1ヶ月半に及ぶ過酷な山岳ロケに参加。壮大な立山連峰に響きわたる、木村監督の「バカヤロウ」の怒号に、ベテラン俳優が感じたものとは?

大泉洋
【働きビト】Vol.11 大泉洋の仕事論「どんなにボロボロでも続ける美学」

北海道のローカルタレントからスタートし、今や年に何本も主演作が公開されるなど、押しも押されもせぬ人気俳優となった大泉洋が登場! 主演作の映画『青天の霹靂』の撮影秘話や、役者を「辞める覚悟はできている」という仕事への覚悟まで、大泉らしい役者論を語りつくす。