ORICON キャリア

現在地:オリコンキャリア>転職・派遣関連ニュース

2014年02月06日 10時00分
チャラ男になりきれなかった・・・と、硬派な顔をのぞかせた竹野内豊(撮影:逢坂聡)
映画『ニシノユキヒコの恋と冒険』(2月8日公開 )/(C)2014「ニシノユキヒコの恋と冒険」製作委員会

竹野内豊、結婚願望を語る「何よりも大切にしたいコト」

 俳優・竹野内豊が、主演映画『ニシノユキヒコの恋と冒険』の公開を控え、ORICON STYLEのインタビューに登場。竹野内演じる主人公・ニシノは、ルックス抜群、仕事もセックスもそつなくこなし、女性に優しいからもちろんモテる……でも、いつも最後は、相手からサヨナラを言われてしまう。女好きなプレイボーイだが、どこか憎めない優男だ。“フラれては、モテて。モテては、フラれ。”そんな主人公と竹野内の共通項とは?

■チャラ男になりきれない!? 基本は真面目なんです(笑)

── 劇中のニシノは恋にさまよう、何とも不思議なキャラクターでしたが、実際に演じられて、共感できることはありましたか?

 そうですね。僕は演じた作品に対しての取材を受けていると、自然と自分の気持ちもキャラクターに近い感じになってくるんです。今は、ニシノっぽいものが見え隠れしているところがあるかもしれないですね(笑)。

 ただ、以前、少しチャラい男を演じた時に、自分がもっとそのキャラクターに乗っかってしまえば、何も考えずにいられてすごく楽になれるんじゃないかと思ったことがあるんです。でも、無理でしたね。

 心地いいかもしれないなって思ったりもするんですけど、その一方で、そこに引っぱられそうになっている「自分」に、ちょっと納得いかないというか(笑)。真面目と不真面目さはどっちもありますけど…基本は真面目なんです(笑)。自分で言ってしまうのも、ちょっと変ですよね。真面目“だと”思います…ワハハッ。

── 結婚したいと言いながら、独身を貫き、モテるくせに女性の前では「さびしいな」と言ってみるニシノ。そんな男性の本音は、どこにあるのでしょうか?

 ニシノって、本心では結婚しようとは思っていないんじゃないかな。劇中でプロポーズを口にするけど、それはニシノ自身の結婚願望じゃなくて、きっと相手の女性が“今言って欲しいタイミング”だろうから、言っておく。そういう男のような気がしますね。ただ、僕は違いますよ(笑)。

 自分の場合はそういうチャンスもあったし、この人と結婚するかもしれないなって思う人もいたけれど、タイミングが合わなかったんですよね。自分が結婚したいと思ったときに相手がすごく忙しかったり、何かしらのアクシデントが起きたり、相手がすごく結婚したいと思ったときに今度は自分が忙しくなったり……気が付けば、結婚について考えるどころか、二人の関係が怪しいぞという(照笑)。結婚も人生も、すべてがタイミングのような気がします。

■今さら人前で「結婚したいです!」とは、なかなか恥ずかしくて・・・

── ご自身の結婚観も伺いたいです。ちなみに、結婚には興味がないとか?

 結婚したくないわけじゃないんですよ(笑)。ただ、こんな年(43歳)になっちゃったので、今さら人前で「結婚したいです!」とは、なかなか恥ずかしくて言えたもんじゃないですね。ご縁があったら、です。

 仕事は自分の人生の一部であって、切っても切り離せないものだけど。(結婚は)自分にとっては何よりも大切にしたいコトですよね。プライベートの本当の自分が、穏やかな気持ちで過ごせる“居場所”だから。この年齢までひとりでいる時間もあったからこそ、なおさら、そういう思いがあります。

 ただ、その思いを強く表現しすぎて、一緒に過ごしている相手にプレッシャーになってもいけないしね(笑)。きっと心の中で思っているだけです。でも、結婚を口にしながらも結婚しなかったニシノと僕とでは、また違うんですよ(苦笑)。

 映画『ニシノユキヒコの恋と冒険』は2月8日(土)より全国公開。竹野内演じるニシノを取り巻く女性たちには、尾野真千子、成海璃子、木村文乃、本田翼、さらに麻生久美子に阿川佐和子が出演。監督には『人のセックスを笑うな』で、女性の共感を集めた井口奈己が登板し、前作ではため息がでるようなキスシーンが印象的だったが、今回も女性の恋心を心地よく刺激する。

■仕事を楽しむ神ワザとは?
>>マスコミの裏側を知る「働きビト」 SPインタビュー
■映画『ニシノユキヒコの恋と冒険』インタビュー
>>竹野内豊も困惑「ニシノがなんでモテるんだ? 」

 

オリコン日本顧客満足度ランキング 自動車保険

オリコン日本顧客満足度ランキング 英会話スクール

英会話スクール/英会話教室ランキング

キャリア特集 一覧

【働きビト】Vol.16 長澤まさみ“頑張りすぎない”働き方のルール
【働きビト】Vol.16 長澤まさみ“頑張りすぎない”働き方のルール

女優の長澤まさみが、映画『アイアムアヒーロー』で念願のアクションに挑戦。撮影の裏側はもちろん、デビュー17年目を迎えた今いい意味で「なるべく適当に」が自分ルールになっているという、彼女の“仕事との向き合い方”にも迫った! 

【働きビト】Vol.15 アミューズの“落ちこぼれ劇団”10周年の決意
【働きビト】Vol.15 アミューズの“落ちこぼれ劇団”10周年の決意

赤字になったら即解散という厳しいルールの元、活動する大手事務所・アミューズの“落ちこぼれ”演劇集団・劇団プレステージ。暗黒時代を味わったメンバーが語る、地道にキャリアを積むことの強み。そして、節目に思う新たな危機感とは?

嬉野雅道
【働きビト】Vol.14 嬉野雅道、『水曜どう』に出会って感じた仕事のおもしろさ

北海道発の人気ローカル番組『水曜どうでしょう』のカメラ担当ディレクター・嬉野雅道。御年56歳、『どうでしょう』との出会いは、一介のサラリーマン人生にどんな影響を与えたのか? 出演陣との関係性や番組成功の裏側にも迫る!

ケラリーノ・サンドロヴィッチ
【働きビト】Vol.13 演劇界の鬼才ケラリーノ・サンドロヴィッチの作品作りの源泉

ドラマ『怪奇恋愛作戦』(テレビ東京系)で、連ドラのシリーズ監督に初挑戦するケラリーノ・サンドロヴィッチ。52歳にして新たな試みに挑む彼の、長年に渡り第一線で活躍し続ける仕事への向き合い方とは…?

豊川悦司
【働きビト】Vol.12 豊川悦司が語る、過酷すぎる山岳ロケの裏舞台

俳優・豊川悦司が、木村大作監督の最新作『春を背負って』撮影のため、1ヶ月半に及ぶ過酷な山岳ロケに参加。壮大な立山連峰に響きわたる、木村監督の「バカヤロウ」の怒号に、ベテラン俳優が感じたものとは?

大泉洋
【働きビト】Vol.11 大泉洋の仕事論「どんなにボロボロでも続ける美学」

北海道のローカルタレントからスタートし、今や年に何本も主演作が公開されるなど、押しも押されもせぬ人気俳優となった大泉洋が登場! 主演作の映画『青天の霹靂』の撮影秘話や、役者を「辞める覚悟はできている」という仕事への覚悟まで、大泉らしい役者論を語りつくす。