ORICON キャリア

現在地:オリコンキャリア>転職・派遣関連ニュース

2012年07月19日 16時00分
来年の大河ドラマ『八重の桜』出演者発表会見に出席した(前列左から)白羽ゆり、小泉孝太郎、秋吉久美子、主演の綾瀬はるか、小堺一機、芦名星、(後列左から)生瀬勝久、加藤雅也、村上弘明、吉川晃司、反町隆史 ※貫地谷しほり、降谷建志、市川染五郎、市川実日子は欠席 (C)ORICON DD inc.
11年ぶり大河に出演する反町隆史 (C)ORICON DD inc.
意気込みを語った主演の綾瀬はるか

反町隆史、11年ぶり大河出演 綾瀬主演『八重の桜』新キャスト14人発表

 NHKは19日、綾瀬はるかが主演する来年の大河ドラマ『八重の桜』の出演者を発表した。同志社大の創設者新島襄の妻となる八重の一代記。今回発表されたのは、綾瀬演じる八重が生まれ育った会津ゆかりの女性たちと、幕府・朝廷・新政府側の人物14人。福島県出身の芦名星白羽ゆりのほか、大河ドラマ初出演のDragon Ash降谷建志小堺一機、また2002年放送の『利家とまつ〜加賀百万石物語〜』以来、11年ぶりに反町隆史らが出演する。

 反町が演じるのは薩摩藩士・大山彦八の次男で、西郷隆盛の従兄弟、大山巌役。会津戦争で右股を撃たれて負傷するが、この狙撃は八重であったともいわれている。維新後は日本人初の近代火砲「弥助砲」を発明。後年、日露戦争でも大役を果たす人物。記者会見で反町は「すばらしい脚本、すばらしい共演者に負けないよう頑張りたい」と意気込んだ。

 江戸幕府最後の将軍・徳川慶喜には小泉孝太郎が抜てき。「将軍といえば日本のトップ、身近に日本のトップに上り詰めた人(父親の小泉純一郎氏)がいるので、聞いてみたい」とリッピサービスする一方、「鳥羽・伏見の戦いで旧幕府軍が敗北した際、敵前逃亡したのはなぜか、あの時、何を見つめていたのか、自問自答している」と語り、役作りにも余念がない。

 ほかに、勝海舟に生瀬勝久、会津を悲劇に導く幕末四賢候の一人・松平春嶽に村上弘明、新選組の斎藤一に降谷、孝明天皇に市川染五郎、岩倉具視に小堺、板垣退助に加藤雅也、西郷隆盛に吉川晃司を起用。6歳から18歳まで福島県いわき市で過ごした秋吉久美子は、会津戦争で女子の総取締として活躍した山川艷を演じる。

 また、八重の幼馴染で斎藤一の妻となる高木時尾には貫地谷しほり、明治の女子教育に尽力した山川二葉には市川実日子が起用。大河初出演の芦名は会津戦争で自刃する神保雪子、白羽は会津戦争では艷とともに入城して戦う、山川大蔵の妻・登勢に挑む。

 会見で綾瀬は「八重さんという女性はどんな苦境でも前を向いて、突き進んでいく女性。現場では前向きに、全力を尽くすという志をもって撮影に臨みたいと思います」と、8月末から9月頭頃に予定されているクランクインに思いを寄せた。

 

オリコン日本顧客満足度ランキング 自動車保険

オリコン日本顧客満足度ランキング 英会話スクール

英会話スクール/英会話教室ランキング

キャリア特集 一覧

【働きビト】Vol.16 長澤まさみ“頑張りすぎない”働き方のルール
【働きビト】Vol.16 長澤まさみ“頑張りすぎない”働き方のルール

女優の長澤まさみが、映画『アイアムアヒーロー』で念願のアクションに挑戦。撮影の裏側はもちろん、デビュー17年目を迎えた今いい意味で「なるべく適当に」が自分ルールになっているという、彼女の“仕事との向き合い方”にも迫った! 

【働きビト】Vol.15 アミューズの“落ちこぼれ劇団”10周年の決意
【働きビト】Vol.15 アミューズの“落ちこぼれ劇団”10周年の決意

赤字になったら即解散という厳しいルールの元、活動する大手事務所・アミューズの“落ちこぼれ”演劇集団・劇団プレステージ。暗黒時代を味わったメンバーが語る、地道にキャリアを積むことの強み。そして、節目に思う新たな危機感とは?

嬉野雅道
【働きビト】Vol.14 嬉野雅道、『水曜どう』に出会って感じた仕事のおもしろさ

北海道発の人気ローカル番組『水曜どうでしょう』のカメラ担当ディレクター・嬉野雅道。御年56歳、『どうでしょう』との出会いは、一介のサラリーマン人生にどんな影響を与えたのか? 出演陣との関係性や番組成功の裏側にも迫る!

ケラリーノ・サンドロヴィッチ
【働きビト】Vol.13 演劇界の鬼才ケラリーノ・サンドロヴィッチの作品作りの源泉

ドラマ『怪奇恋愛作戦』(テレビ東京系)で、連ドラのシリーズ監督に初挑戦するケラリーノ・サンドロヴィッチ。52歳にして新たな試みに挑む彼の、長年に渡り第一線で活躍し続ける仕事への向き合い方とは…?

豊川悦司
【働きビト】Vol.12 豊川悦司が語る、過酷すぎる山岳ロケの裏舞台

俳優・豊川悦司が、木村大作監督の最新作『春を背負って』撮影のため、1ヶ月半に及ぶ過酷な山岳ロケに参加。壮大な立山連峰に響きわたる、木村監督の「バカヤロウ」の怒号に、ベテラン俳優が感じたものとは?

大泉洋
【働きビト】Vol.11 大泉洋の仕事論「どんなにボロボロでも続ける美学」

北海道のローカルタレントからスタートし、今や年に何本も主演作が公開されるなど、押しも押されもせぬ人気俳優となった大泉洋が登場! 主演作の映画『青天の霹靂』の撮影秘話や、役者を「辞める覚悟はできている」という仕事への覚悟まで、大泉らしい役者論を語りつくす。