次期朝ドラ『てっぱん』がクランクイン ヒロイン瀧本美織に富司純子太鼓判

クランクインを報告する(左から)安田成美、瀧本美織、富司純子  [拡大する]

クランクインを報告する(左から)安田成美、瀧本美織、富司純子 

■そのほかの最新写真ニュース一覧はこちら

 今秋からのNHK朝の連続テレビ小説『てっぱん』(NHK総合・前8:00〜ほか)が24日より広島・尾道でクランクインした。26日には現地で会見が行われ、ヒロイン・村上あかり役の瀧本美織、ヒロインの母・真知子役の安田成美、ヒロインの祖母・田中初音役の富司純子の3世代が初めて顔をそろえた。テレビドラマ初挑戦の瀧本は、海の中で体当たり演技に臨み、感心した富司は「この子なら10ヶ月走り抜けて本当に立派な主役ができる」と太鼓判を押した。

 大阪で祖母とお好み焼き屋を開業することになる主人公・村上あかり(瀧本)の奮闘を笑いと涙で綴る同作。瀧本は「最初は雨の予報でしたが『てっぱん』スタッフには、晴れ女、晴れ男がいっぱいいるので、天気予報を替えるほどの力を持っています」と胸を張ってアピール。富士と安田ら大先輩との共演に「とてもきれいなお2人に囲まれて私は本当に幸せです。楽しみたいと思います」と刺激を受けた。

 大阪と広島・尾道を舞台に繰り広げられる内容に、富司は「小学校から高校まで大阪で育っているので、その青春時代を過ごした大阪が舞台であるということもすごく楽しみ」と胸を躍らせる。会見前日には瀧本の「海に飛び込んで浮き上がってセリフを言うハードなシーン」を挙げ「本当に根をあげなくて、最後は海の中で待っている時間が長かったので、失神するのではないかとすごく心配しましたが、見事にやり遂げて、すごくガッツを感じました」と冒頭のコメントを寄せた。

 安田も尾道というロケーションに「坂が多く、緑も多く、海が見えて、ホテルの前は窓を開けるとすぐに海が見えたので、和むところだなと思いました。こんなところで子どもを育てて生活をしているのが真知子なんだなと。尾道がだんだん肌にしみてきています」としみじみと語っていた。

◆関連ニュース一覧 NHKドラマ


 安田成美

タグ
CS編集部 Facebook オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について