マナカナがラジオドラマ初挑戦 双子姉妹ならではの切ないバレンタイン

(左から)賀集利樹、三倉茉奈、三倉佳奈、鶴見辰吾  [拡大する]

(左から)賀集利樹、三倉茉奈、三倉佳奈、鶴見辰吾 

■その他の写真ニュースはこちら

 ラジオドラマ『マナカナの「大阪LOVERS」』(NHK-FM/3月1日 後10:45スタート)でラジオドラマに初挑戦する女優の三倉茉奈三倉佳奈が12日、NHK大阪放送局で会見を開いた。時期的にバレンタイン秘話も飛び出し、佳奈は、中学時代に実は茉奈と同じ人を好きになったと告白。「2人で1つのチョコをあげたけど、今思えば1つずつ渡せばよかった…」と双子姉妹ならではの“切ない”想いを語った。

 賀集利樹鶴見辰吾と10個の恋物語を熱演する茉奈は「ピュアなものからドロドロしたもの、さらに三角関係なモノまで様々な役を演じます」とドラマを紹介。リスナーには「『あ〜恋がしたいな!』と想ったり、家族愛や友人とのつながりについて考えてもらえたら嬉しい」。女の子らしくバレンタインの思い出は「大学時代にガトーショコラを作った際、砂糖と塩を入れ間違えてしょっぱかった思い出があります」と“ベタ”すぎるエピソードを苦笑いで話した。

 一方、鶴見が「若い頃はダンボール箱一杯届きましたね」と振り返れば、賀集は「思い出ってあまりない。今年は(14日が)日曜日なので義理チョコが減りそう…」とテンション低め。これには、マナカナの2人からすかさず「サラリーマンのコメントみたい!」と突っ込まれていた。

◆関連ニュース 関西NHK


 茉奈佳奈

タグ
CS編集部 Facebook オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について