島谷ひとみ、『赤毛のアン』再々演でさらなる高みへ・・・目指すは“森光子”

島谷ひとみ  [拡大する]

島谷ひとみ 

■その他の写真ニュースはこちら

 歌手で女優の島谷ひとみが16日(木)、都内でミュージカル『赤毛のアン』の制作発表会に出席した。3年連続で主人公・アンを演じる島谷は「森光子さんが(舞台『放浪記』で)同じ役を長い間やられているので、それくらいまでできたら」と今後の目標をコメント。報道陣に森をライバル視するかと聞かれると「大きく言わせていただけるなら。やるなら目標は高くいきたいです」と意気込んだ。

 「すごく嬉しいけどプレッシャーもあります」と素直な心境を明かした島谷だが、今後については「三つ編みの小学生をいつまでやれるのかということで・・・ここまできたらやり続けたい」と貪欲な様子。

 そして、先月発売された自身のシングル「SMILES」の特典として募集していた“模擬結婚式の相手”が決定し今月20日(月)に式を執り行う島谷は、この話題に触れられ「相手がわからないまま“初めまして”が結婚式というのは複雑な思いですが、楽しみにしてます」と笑顔。“本番の結婚式”でのウェディングドレスについては「いつかは着れるといいですね。(今回は)模擬ですけど、とりあえず経験して結婚観を考えようと思っています」と話していた。

 会見にはほかにタレントの関根勤、同作でリンド夫人役を務める歌手の大和田りつこが出席。2万人の鼓動 TOURS ミュージカル『赤毛のアン』は8月16日(日)の北海道・札幌市教育文化会館での上演を皮切りに、8都市10公演が行われる。

島谷ひとみ オフィシャルブログ