ORICON キャリア

現在地:オリコンキャリア>転職・派遣関連ニュース

2011年07月14日 21時35分
『第145回芥川賞・直木賞』が発表に (C)ORICON DD inc. 
直木賞を受賞した池井戸潤氏 

【選考員総評】芥川賞「候補作といえるものはない」 池井戸潤氏は「直木賞の優等生」

■候補作一覧

 日本文学振興会主催の「第145回芥川賞・直木賞(平成23年度上半期)」)の選考委員会が14日、都内で開かれ、芥川賞は昨年1月の第142回(平成22年度下半期)以来の「該当作なし」、直木賞は池井戸潤氏の『下町ロケット』に決まった。1年半ぶりの「該当者なし」となった芥川賞に対し、池井戸氏は前回の反省点を克服しての直木賞受賞となった。

 芥川賞について作家の山田詠美氏は「今回は本当に点数が低調だった」と選考員代表として発表会見でコメント。「候補作といえるものはないが、とりあえず選出したのでは?」と本来ならノミネートのレベルにも達していないとし、「前に選ばれてきた作品を考えると、今回はとても選出することができなかった」と辛口評価を下した。一方で今回の候補者たちに向け「素晴らしい作品を書いてくださる方と信じているので、次に候補に上がったときには」と期待を込めた。

 直木賞は2度の投票が行われ、池井戸氏と島本理生氏の一騎打ちに。島本氏は芥川賞に過去3度ノミネートされ、今回は初の直木賞候補に選出。池井戸氏は『空飛ぶタイヤ』(第136回)、『徹の骨』(第142回)で2度、直木賞候補にノミネートされていた。3度目の正直で直木賞をつかんだ池井戸氏に対し、選考員の林真理子氏は「直木賞の優等生」と表現した。

 同じく直木賞選考委員の伊集院静氏は、池井戸作品について前回の選出の際に「読後感が非常に爽快である。今の時代、下町の工場や救済されるべき人がテーマだったことも非常によかった」と述べ、「人物描写ができていないという指摘が多かったが、今回は全くでなかった」と概ね高評価。同作は5月の山本周五郎賞では落選していたが、下町の中小企業が奮闘し、ロケット開発の巨大プロジェクトに挑む内容に「こういう時だからこそ、中小企業を盛り上げる作品がいい」と震災復興を重ねる意見もあった。

 直木賞の総論として「総じて評価はよかった」としながらも、伊集院氏は「映画の原作みたいな、脚本のような映像的な作品が多かった」と傾向を分析。「同級生とか中高生をテーマにした作品が多かった。もっと成熟した大人をメインにすえた作品を」と、今後の課題を提示していた。






■禁無断複写転載
※無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、ブログ、携帯電話)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。


 

オリコン日本顧客満足度ランキング 自動車保険

オリコン日本顧客満足度ランキング 英会話スクール

英会話スクール/英会話教室ランキング

キャリア特集 一覧

【働きビト】Vol.16 長澤まさみ“頑張りすぎない”働き方のルール
【働きビト】Vol.16 長澤まさみ“頑張りすぎない”働き方のルール

女優の長澤まさみが、映画『アイアムアヒーロー』で念願のアクションに挑戦。撮影の裏側はもちろん、デビュー17年目を迎えた今いい意味で「なるべく適当に」が自分ルールになっているという、彼女の“仕事との向き合い方”にも迫った! 

【働きビト】Vol.15 アミューズの“落ちこぼれ劇団”10周年の決意
【働きビト】Vol.15 アミューズの“落ちこぼれ劇団”10周年の決意

赤字になったら即解散という厳しいルールの元、活動する大手事務所・アミューズの“落ちこぼれ”演劇集団・劇団プレステージ。暗黒時代を味わったメンバーが語る、地道にキャリアを積むことの強み。そして、節目に思う新たな危機感とは?

嬉野雅道
【働きビト】Vol.14 嬉野雅道、『水曜どう』に出会って感じた仕事のおもしろさ

北海道発の人気ローカル番組『水曜どうでしょう』のカメラ担当ディレクター・嬉野雅道。御年56歳、『どうでしょう』との出会いは、一介のサラリーマン人生にどんな影響を与えたのか? 出演陣との関係性や番組成功の裏側にも迫る!

ケラリーノ・サンドロヴィッチ
【働きビト】Vol.13 演劇界の鬼才ケラリーノ・サンドロヴィッチの作品作りの源泉

ドラマ『怪奇恋愛作戦』(テレビ東京系)で、連ドラのシリーズ監督に初挑戦するケラリーノ・サンドロヴィッチ。52歳にして新たな試みに挑む彼の、長年に渡り第一線で活躍し続ける仕事への向き合い方とは…?

豊川悦司
【働きビト】Vol.12 豊川悦司が語る、過酷すぎる山岳ロケの裏舞台

俳優・豊川悦司が、木村大作監督の最新作『春を背負って』撮影のため、1ヶ月半に及ぶ過酷な山岳ロケに参加。壮大な立山連峰に響きわたる、木村監督の「バカヤロウ」の怒号に、ベテラン俳優が感じたものとは?

大泉洋
【働きビト】Vol.11 大泉洋の仕事論「どんなにボロボロでも続ける美学」

北海道のローカルタレントからスタートし、今や年に何本も主演作が公開されるなど、押しも押されもせぬ人気俳優となった大泉洋が登場! 主演作の映画『青天の霹靂』の撮影秘話や、役者を「辞める覚悟はできている」という仕事への覚悟まで、大泉らしい役者論を語りつくす。