ORICON キャリア

現在地:オリコンキャリア>転職・派遣関連ニュース

2011年05月30日 21時15分
大賞を受賞した北島三郎 (C)ORICON DD inc. 
弟子の北山たけしも祝福 (C)ORICON DD inc. 
授賞式の模様 (C)ORICON DD inc. 

北島三郎、「生涯演歌一筋」を宣言  『松尾芸能賞』大賞受賞に決意新た

 日本の伝統ある劇場芸能を助成・振興し、文化や芸能の保存および向上に寄与する人に贈られる『第32回松尾芸能賞』の贈呈式が30日に都内で行われ、大賞を受賞した歌手・北島三郎らが出席した。歌手生活50周年での受賞に北島は「まだ50年。まだいけるぞ!とパンチをもらった感じ」と笑顔を浮かべ「演歌一筋で歩いてきましたが、これからも生かされている限り、この道をまっすぐ歩いていきます」と“生涯演歌一筋”を宣言。自らの歌手生活の引き際については「周りから心配されるようになったら潔く。“花は散らないうちに”辞めると思います」と語った。

 50年にわたり、日本歌謡界の第一人者として、エンターテインメント界に大きな功績を残してきたことが評価された北島は、これまでの歩みを振り返り「産んでくれたお袋や、育ててくれた親父に感謝。あとはひたすらに歩いてきました」と感慨深げ。そして「毎年強敵な歌い手がいて、ライバル視してきた。それがなくなったら、ただのジイさんですよ」と笑いつつ、「最近は演歌の歌い手が不作。みなさんには、もう少し演歌を愛していただいてもいいのかな」と演歌界の将来も案じた。

 また、3月に予定されていた舞台『北島三郎特別公演』が東日本大震災の影響で休演となったことについては「まだ不自由な生活を強いられている人たちがたくさんいる。被災した方には、心からお悔やみ申し上げたい」と沈痛な面持ち。いずれは演歌歌手を集め、被災地を訪問するという構想を明かし「それが50年支えてくださった皆様への恩返し」と唇を噛み締めた。

 式には北島の弟子で、次女の智子さんと結婚した北山たけしが応援に駆けつけ花束を贈呈。「立派に喋ってたな。俺より上手く話せてたよ」と愛弟子を称賛する一方で、孫の誕生を期待する声には「全く期待していませんね」と即答し、笑いを誘った。

 そのほか、俳優・香川照之、豊竹嶋大夫、歌舞伎俳優の中村翫雀、日本舞踊家の花柳輔太朗が優秀賞を受賞。新人賞には尺八演奏家の藤原道山、女優の瀬戸摩純、歌手の植村花菜が選ばれ、特別賞を女優の渡辺美佐子、研修助成賞を人形劇団・すぎのこが受賞した。

■過去の授賞式をチェック!
2010年2009年2007年


 

オリコン日本顧客満足度ランキング 自動車保険

オリコン日本顧客満足度ランキング 英会話スクール

英会話スクール/英会話教室ランキング

キャリア特集 一覧

【働きビト】Vol.16 長澤まさみ“頑張りすぎない”働き方のルール
【働きビト】Vol.16 長澤まさみ“頑張りすぎない”働き方のルール

女優の長澤まさみが、映画『アイアムアヒーロー』で念願のアクションに挑戦。撮影の裏側はもちろん、デビュー17年目を迎えた今いい意味で「なるべく適当に」が自分ルールになっているという、彼女の“仕事との向き合い方”にも迫った! 

【働きビト】Vol.15 アミューズの“落ちこぼれ劇団”10周年の決意
【働きビト】Vol.15 アミューズの“落ちこぼれ劇団”10周年の決意

赤字になったら即解散という厳しいルールの元、活動する大手事務所・アミューズの“落ちこぼれ”演劇集団・劇団プレステージ。暗黒時代を味わったメンバーが語る、地道にキャリアを積むことの強み。そして、節目に思う新たな危機感とは?

嬉野雅道
【働きビト】Vol.14 嬉野雅道、『水曜どう』に出会って感じた仕事のおもしろさ

北海道発の人気ローカル番組『水曜どうでしょう』のカメラ担当ディレクター・嬉野雅道。御年56歳、『どうでしょう』との出会いは、一介のサラリーマン人生にどんな影響を与えたのか? 出演陣との関係性や番組成功の裏側にも迫る!

ケラリーノ・サンドロヴィッチ
【働きビト】Vol.13 演劇界の鬼才ケラリーノ・サンドロヴィッチの作品作りの源泉

ドラマ『怪奇恋愛作戦』(テレビ東京系)で、連ドラのシリーズ監督に初挑戦するケラリーノ・サンドロヴィッチ。52歳にして新たな試みに挑む彼の、長年に渡り第一線で活躍し続ける仕事への向き合い方とは…?

豊川悦司
【働きビト】Vol.12 豊川悦司が語る、過酷すぎる山岳ロケの裏舞台

俳優・豊川悦司が、木村大作監督の最新作『春を背負って』撮影のため、1ヶ月半に及ぶ過酷な山岳ロケに参加。壮大な立山連峰に響きわたる、木村監督の「バカヤロウ」の怒号に、ベテラン俳優が感じたものとは?

大泉洋
【働きビト】Vol.11 大泉洋の仕事論「どんなにボロボロでも続ける美学」

北海道のローカルタレントからスタートし、今や年に何本も主演作が公開されるなど、押しも押されもせぬ人気俳優となった大泉洋が登場! 主演作の映画『青天の霹靂』の撮影秘話や、役者を「辞める覚悟はできている」という仕事への覚悟まで、大泉らしい役者論を語りつくす。