ORICON キャリア

現在地:オリコンキャリア>転職・派遣関連ニュース

2011年04月25日 06時00分
今年の『24時間テレビ』マラソンランナーに抜てきされ意気込む徳光和夫 (C)ORICON DD inc. 
徳光和夫 (C)ORICON DD inc. 

徳光和夫が24時間マラソン20回目記念ランナー 7〜8kg減量挑戦にため息

 日本テレビ系『24時間テレビ34 愛は地球を救う』(8月20日〜21日)のチャリティーマラソンランナーに決まったフリーアナウンサーの徳光和夫(70)が24日夜、同局で会見を行った。2007年にランナーとして当時66歳で70kmを完走した萩本欽一を超え、最高年齢ランナーとなる徳光は「古希にムチ打って頑張る。間寛平師匠からスタートして、20回目の記念ランナー。最後のチャレンジかと思ってる」と意気込みを語り、「今の体重が70kg。あと7〜8kg落とさないといけない。ケーキとか食べられない…」と減量に励むことをため息交じりに明かした。

 『24時間テレビ』の顔として総合司会を務めてきた徳光が、今年はマラソンランナーとして参加する。1月にオファーを受けた徳光は「毎年(ランナーに)頑張れと声をかけているけど、自分自身その苦しみをわからずにきた。司会者として仕事をこなすだけで、取り組むことに希薄になっていた」と自身を顧みて、“報道”魂を再燃。「また来年、司会をいただければやりたいですね」と展望を語った。

 今回のチャレンジを受けるにあたり、徳光は影響を受けた人物として萩本と2001年ランナーの研ナオコを挙げ、「あの筋力がない研さんが70kmを走ってたいしたもんだと。萩本さんも(オファーを)受けたなら私も受けないと、と刺激になった」。今後は食事療法を用いたダイエットをしながら、筋力をつけるトレーニングをしていく予定だという。

 徳光は、年齢もさることながら2001年に心筋梗塞を患った過去があり、体力面の不安は拭えないが「もうちょっと細身になれたらなって思ってる。孫娘が16歳なので、結婚までは元気でいたい気持ち。トレーニングの中で健康体になれたら」と晴れやかな笑みを見せた。

 今年の24時間テレビは、人気グループ・関ジャニ∞を初のメインパーソナリティーに迎える。会見に同席した村上信五に対して、徳光は「本当は関ジャニ∞と24時間やりたかった」と司会業に名残惜しい気持ちをにじませつつ、「ゴールした時、孫娘のハグがいいかも。あ、ぜひ村上くんのハグをひとつ!」と、会場の東京・日本武道館での再会を約束していた。

⇒ 『24時間テレビ』チャリティーマラソン 歴代走者一覧はこちら

 

オリコン日本顧客満足度ランキング 自動車保険

オリコン日本顧客満足度ランキング 英会話スクール

英会話スクール/英会話教室ランキング

キャリア特集 一覧

【働きビト】Vol.16 長澤まさみ“頑張りすぎない”働き方のルール
【働きビト】Vol.16 長澤まさみ“頑張りすぎない”働き方のルール

女優の長澤まさみが、映画『アイアムアヒーロー』で念願のアクションに挑戦。撮影の裏側はもちろん、デビュー17年目を迎えた今いい意味で「なるべく適当に」が自分ルールになっているという、彼女の“仕事との向き合い方”にも迫った! 

【働きビト】Vol.15 アミューズの“落ちこぼれ劇団”10周年の決意
【働きビト】Vol.15 アミューズの“落ちこぼれ劇団”10周年の決意

赤字になったら即解散という厳しいルールの元、活動する大手事務所・アミューズの“落ちこぼれ”演劇集団・劇団プレステージ。暗黒時代を味わったメンバーが語る、地道にキャリアを積むことの強み。そして、節目に思う新たな危機感とは?

嬉野雅道
【働きビト】Vol.14 嬉野雅道、『水曜どう』に出会って感じた仕事のおもしろさ

北海道発の人気ローカル番組『水曜どうでしょう』のカメラ担当ディレクター・嬉野雅道。御年56歳、『どうでしょう』との出会いは、一介のサラリーマン人生にどんな影響を与えたのか? 出演陣との関係性や番組成功の裏側にも迫る!

ケラリーノ・サンドロヴィッチ
【働きビト】Vol.13 演劇界の鬼才ケラリーノ・サンドロヴィッチの作品作りの源泉

ドラマ『怪奇恋愛作戦』(テレビ東京系)で、連ドラのシリーズ監督に初挑戦するケラリーノ・サンドロヴィッチ。52歳にして新たな試みに挑む彼の、長年に渡り第一線で活躍し続ける仕事への向き合い方とは…?

豊川悦司
【働きビト】Vol.12 豊川悦司が語る、過酷すぎる山岳ロケの裏舞台

俳優・豊川悦司が、木村大作監督の最新作『春を背負って』撮影のため、1ヶ月半に及ぶ過酷な山岳ロケに参加。壮大な立山連峰に響きわたる、木村監督の「バカヤロウ」の怒号に、ベテラン俳優が感じたものとは?

大泉洋
【働きビト】Vol.11 大泉洋の仕事論「どんなにボロボロでも続ける美学」

北海道のローカルタレントからスタートし、今や年に何本も主演作が公開されるなど、押しも押されもせぬ人気俳優となった大泉洋が登場! 主演作の映画『青天の霹靂』の撮影秘話や、役者を「辞める覚悟はできている」という仕事への覚悟まで、大泉らしい役者論を語りつくす。