ORICON キャリア

現在地:オリコンキャリア>転職・派遣関連ニュース

2011年03月06日 14時00分
錦織良成監督 (C)ORICON DD inc.  
わさお (C)2010 映画『わさお』製作委員会 
海岸のお散歩が大好き! 

『わさお』錦織良成監督、「CGは一切使っていません」

 「ぶさかわ」と人気のオスの秋田犬・きくやわさお(推定3歳)を主人公にした映画『わさお』が5日、全国公開された。実際にすむ青森県鰺ケ沢町を舞台に、わさわさの毛を風になびかせ、駆けまわり、静かに海を眺める…。時に人間のように振る舞う場面もあり、「CGじゃないかと疑う人もいるが、CGは一切使っていません」と錦織良成監督は力説する。

 写真集が発売されるほど、全国区の人気を誇るわさおが、ただ登場する映画ではない。これはフィクション。わさお自身が現在の飼い主・菊谷節子さんと出合う前、捨て犬だったという過去にフィーチャーしたオリジナルストーリーの中で、わさおは堂々と主役を張った。

 「CGも使っていないけど、わさおは演技をしているわけでもないんですよね。ここは走るシーンだから“走れ”と命令されて走っているのではなく、わさおが走りたくて走っている映像なんです。わさおの表情に嘘がないから、これまでの犬映画と違う何かが伝わると思う」と錦織監督。

 そもそも、わさおは“演技”をするために訓練された犬ではない。都会に暮らす飼い犬に比べたら、しつけもユルイ。わさおの野性味にあふれた魅力はそれゆえ。監督は「初めてわさおに会った時、おすわりもできなかったし、飼い主の節子さんが呼んでもこないという状況でした。それで映画を撮ろうというのは、無謀だと思いました」と述懐する。

 エサをチラつかせても、お腹が空いていなければ見向きもしない。撮影初日、「さぁ、ファーストカット、本番」いうところで、節子さんがリードを放した途端に白神山地の森の中に逃亡した、わさお。これまでの犬映画のセオリーがまったく通じない。

 そんな監督を助けたのは、主演の女優・薬師丸ひろ子の言葉。彼女はプライベートでも犬を飼う大の犬好きとして知られているが、「早く合理的に撮ろうとするあまり、犬の本質的なことを見失わないで欲しいとおっしゃられた。わさおはわさおだから、と。確かに、わさおに頼まれて映画を撮るわけではない。予定通りにいかなくてもわさおのせいにしない、イライラしたり怒ったりしないというルールを現場のスタッフ・キャスト全員が守るようにしました」。

 わさおの様子を見てカメラマンがカメラを回し始めたら、それが本番。わさおのシーンだけで55時間分の映像を撮ったという。ところが、飼い主・節子さんの尽力もあり、撮影が進むにしたがって「台本を読んで理解してやっているんじゃないかと思うような、奇跡のシーンがたびたび起こるようになった。よく“映画の神様が降りてきた”といいますが、まさにそれを実感した現場でした」。

 観客がCG、3Dにも慣れてきた昨今。俳優の表情にもCGを施すデジタル時代に、錦織監督があえて『わさお』に求めたのは「映画館の大きな画面だからこそ、1カットで見せる映画の醍醐味。デジタルで簡単にごまかそうとしても、観客はその安っぽさに気づくから。人間の勝手な都合ではテコでも動かないわさおだったからこそ、この映画が撮れた」と話していた。

【動画】映画『わさお』予告編⇒


◆映画情報 最新映画ニュース一覧インタビュー バックナンバー


 

オリコン日本顧客満足度ランキング 自動車保険

オリコン日本顧客満足度ランキング 英会話スクール

英会話スクール/英会話教室ランキング

キャリア特集 一覧

【働きビト】Vol.16 長澤まさみ“頑張りすぎない”働き方のルール
【働きビト】Vol.16 長澤まさみ“頑張りすぎない”働き方のルール

女優の長澤まさみが、映画『アイアムアヒーロー』で念願のアクションに挑戦。撮影の裏側はもちろん、デビュー17年目を迎えた今いい意味で「なるべく適当に」が自分ルールになっているという、彼女の“仕事との向き合い方”にも迫った! 

【働きビト】Vol.15 アミューズの“落ちこぼれ劇団”10周年の決意
【働きビト】Vol.15 アミューズの“落ちこぼれ劇団”10周年の決意

赤字になったら即解散という厳しいルールの元、活動する大手事務所・アミューズの“落ちこぼれ”演劇集団・劇団プレステージ。暗黒時代を味わったメンバーが語る、地道にキャリアを積むことの強み。そして、節目に思う新たな危機感とは?

嬉野雅道
【働きビト】Vol.14 嬉野雅道、『水曜どう』に出会って感じた仕事のおもしろさ

北海道発の人気ローカル番組『水曜どうでしょう』のカメラ担当ディレクター・嬉野雅道。御年56歳、『どうでしょう』との出会いは、一介のサラリーマン人生にどんな影響を与えたのか? 出演陣との関係性や番組成功の裏側にも迫る!

ケラリーノ・サンドロヴィッチ
【働きビト】Vol.13 演劇界の鬼才ケラリーノ・サンドロヴィッチの作品作りの源泉

ドラマ『怪奇恋愛作戦』(テレビ東京系)で、連ドラのシリーズ監督に初挑戦するケラリーノ・サンドロヴィッチ。52歳にして新たな試みに挑む彼の、長年に渡り第一線で活躍し続ける仕事への向き合い方とは…?

豊川悦司
【働きビト】Vol.12 豊川悦司が語る、過酷すぎる山岳ロケの裏舞台

俳優・豊川悦司が、木村大作監督の最新作『春を背負って』撮影のため、1ヶ月半に及ぶ過酷な山岳ロケに参加。壮大な立山連峰に響きわたる、木村監督の「バカヤロウ」の怒号に、ベテラン俳優が感じたものとは?

大泉洋
【働きビト】Vol.11 大泉洋の仕事論「どんなにボロボロでも続ける美学」

北海道のローカルタレントからスタートし、今や年に何本も主演作が公開されるなど、押しも押されもせぬ人気俳優となった大泉洋が登場! 主演作の映画『青天の霹靂』の撮影秘話や、役者を「辞める覚悟はできている」という仕事への覚悟まで、大泉らしい役者論を語りつくす。