ORICON キャリア

現在地:オリコンキャリア>転職・派遣関連ニュース

2011年03月04日 05時00分
チュートリアル・徳井義実 (C)NHK 
MEGUMI (C)NHK 
NHK神田愛花アナウンサー (C)NHK 

チュートリアル・徳井義実、ピンでNHK初レギュラー

 お笑いコンビ・チュートリアル徳井義実が、4月からNHK総合にてスタートする“癒し系”生活情報番組『土ようマルシェ』(放送時間・曜日は地域で異なる)でメインMCを務めることが3日、わかった。徳井の同局での単独出演はドラマ『派遣のオスカル』(09年)など、チュートリアルとしては特番『生誕200年 みんなのショパン』(10年10月31日・BShi)で司会を経験してきたが、レギュラーの座を射止めたのはコンビとしても、単独としても今回が初となる。その他メインMCにタレント・MEGUMIと同局の神田愛花アナが決定している。

 土曜の朝、週末のリラックスした時間の中で食、ペット、自然とのふれあいなど、生活に潤いをもたらす情報を軸にテーマに番組は進行。毎回ゲストが自慢のペットを連れて登場し、番組のタイトルにある“南欧の市場(マルシェ)”のカフェで過ごすような、ゆったりした時間とともに、心を贅沢にする“週末ライフ”のヒントを案内していく。

 そんな心のゆとりを提供する同番組のメインMCとなるのが、お笑い芸人の中でイケメンNo.1を決める『よしもと男前芸人ランキング』で、すでに殿堂入りを果たし、自他共に認めるイケメン芸人・徳井義実。抜群のルックスを持つ一方で、家電製品へのオタクぶりや写真撮影も達者と趣味は多彩。独自のこだわりと着眼点を持って、世の男性たちの代弁者役を担う。

 徳井と同じくメインMCを務めるのはタレントとして活躍するかたわら、プライベートでは2歳になる息子を持つ母として育児に奮闘中のMEGUMI。仕事と子育てに追われながらも美しさをキープし、バイタリティ溢れる女性の代表として登場する。そして、趣味は釣りに歌舞伎観劇という少し渋めな一面を持つ神田アナもまた、同番組で自身のこだわりを披露する。

 『土ようマルシェ』は関東甲信越地方が毎週土曜・前10:05〜(初回は4月2日・土曜)、全国は毎週木曜・前2:00〜(初回は4月4日・月曜)より放送される。

◆関連ニュース NHKよしもと芸人

 

オリコン日本顧客満足度ランキング 自動車保険

オリコン日本顧客満足度ランキング 英会話スクール

英会話スクール/英会話教室ランキング

キャリア特集 一覧

【働きビト】Vol.16 長澤まさみ“頑張りすぎない”働き方のルール
【働きビト】Vol.16 長澤まさみ“頑張りすぎない”働き方のルール

女優の長澤まさみが、映画『アイアムアヒーロー』で念願のアクションに挑戦。撮影の裏側はもちろん、デビュー17年目を迎えた今いい意味で「なるべく適当に」が自分ルールになっているという、彼女の“仕事との向き合い方”にも迫った! 

【働きビト】Vol.15 アミューズの“落ちこぼれ劇団”10周年の決意
【働きビト】Vol.15 アミューズの“落ちこぼれ劇団”10周年の決意

赤字になったら即解散という厳しいルールの元、活動する大手事務所・アミューズの“落ちこぼれ”演劇集団・劇団プレステージ。暗黒時代を味わったメンバーが語る、地道にキャリアを積むことの強み。そして、節目に思う新たな危機感とは?

嬉野雅道
【働きビト】Vol.14 嬉野雅道、『水曜どう』に出会って感じた仕事のおもしろさ

北海道発の人気ローカル番組『水曜どうでしょう』のカメラ担当ディレクター・嬉野雅道。御年56歳、『どうでしょう』との出会いは、一介のサラリーマン人生にどんな影響を与えたのか? 出演陣との関係性や番組成功の裏側にも迫る!

ケラリーノ・サンドロヴィッチ
【働きビト】Vol.13 演劇界の鬼才ケラリーノ・サンドロヴィッチの作品作りの源泉

ドラマ『怪奇恋愛作戦』(テレビ東京系)で、連ドラのシリーズ監督に初挑戦するケラリーノ・サンドロヴィッチ。52歳にして新たな試みに挑む彼の、長年に渡り第一線で活躍し続ける仕事への向き合い方とは…?

豊川悦司
【働きビト】Vol.12 豊川悦司が語る、過酷すぎる山岳ロケの裏舞台

俳優・豊川悦司が、木村大作監督の最新作『春を背負って』撮影のため、1ヶ月半に及ぶ過酷な山岳ロケに参加。壮大な立山連峰に響きわたる、木村監督の「バカヤロウ」の怒号に、ベテラン俳優が感じたものとは?

大泉洋
【働きビト】Vol.11 大泉洋の仕事論「どんなにボロボロでも続ける美学」

北海道のローカルタレントからスタートし、今や年に何本も主演作が公開されるなど、押しも押されもせぬ人気俳優となった大泉洋が登場! 主演作の映画『青天の霹靂』の撮影秘話や、役者を「辞める覚悟はできている」という仕事への覚悟まで、大泉らしい役者論を語りつくす。