ORICON キャリア

現在地:オリコンキャリア>転職・派遣関連ニュース

2011年03月02日 11時40分
落語家に転身! 桂三枝(左)に弟子入りした世界のナベアツ (C)ORICON DD inc. 
(C)ORICON DD inc. 

ジャリズムが“再”解散 ナベアツ「落語家転身」 相方は「オモロー山下」に改名

 お笑いタレント・世界のナベアツ(41)が2日、都内で会見を開き、落語家転身を発表した。上方落語協会会長を務める桂三枝(67)に弟子入りし「落語には無限の可能性があるのでワクワクしてる」と決意表明。2004年に再結成していたお笑いコンビ・ジャリズムを“円満”に再解散し、相方・山下しげのり(42)はこれを機に「オモロー山下」に改名する。

 会見には三枝と吉本興業代表取締役会長・吉野伊佐男氏も同席し、緊張した面持ちのナベアツは「こんな席なのでふざけずやりたい」と、この日は“アホ芸”を封印。「ずいぶん前から、落語家になりたいと思っていた。昨年末に監督した映画も公開になって、このタイミングだと思った」と転身を決意、1998年に一度ジャリズムを解散した時点で噺家としての道を考えていたという。

 三枝への弟子入りについて、ナベアツは「1年半くらい前に師匠の番組に呼んでもらった時に、実績ある師匠がアグレッシブな落語をやっていたのに感動した」と説明。「41歳からのスタート。人生を賭けるものになった」と鼻息荒く語った。

 ジャリズムは再び解散するが「山下くんも納得してくれた。円満的に解散する次第」と安堵の表情。相方のピン活動を不安視する報道陣に対して「山下くん、いやオモロー山下は天才的に愛されるので、周りの方が助けてくれると思う。才能あるから再結成したし、心配ない」と後押し。山下も会見を欠席したが「我々二人は日々精進して頑張って行きます」とコメントを寄せた。

 18番目の弟子にナベアツを迎え入れた三枝は「人気もあるし、名前も知られてるし、芸の幅を広げたいのかなと思ったけど、真剣に一から勉強したいとのこと。我が一門に温かく迎え入れたい」と歓迎。ただ「なんで僕のところなのなかなって思った。そういえば『三(さぁん)』みたいなこと言ってたな」とナベアツの持ちネタを引き合いにしながらも「新しい落語を作ってくれると思う。戦力になる」と期待を寄せた。

 近年、山崎邦正も月亭八方に弟子入りし2009年12月に上方落語協会に加入。月亭方正として落語家としても高座にあがるなど、漫才師が落語会へ進出する傾向がみられている。三枝は「漫才の方が興味を持つのは時代かなと。リンクしてきたなと思う」と語った。

 今後のナベアツは、しばらくは現在の仕事をこなしながら今秋頃に落語の修行に励む。ナベアツの「今までのプライドは捨てる。一人前を目指したい」という言葉を受けた三枝は「落語家としての名前はもう考えてる。3〜6ヶ月くらい経って、みなさんに認められてから(発表)したい」と胸に秘めつつ「今までの落語を壊すぐらいの落語家になってほしい」と激励していた。

 

オリコン日本顧客満足度ランキング 自動車保険

オリコン日本顧客満足度ランキング 英会話スクール

英会話スクール/英会話教室ランキング

キャリア特集 一覧

【働きビト】Vol.16 長澤まさみ“頑張りすぎない”働き方のルール
【働きビト】Vol.16 長澤まさみ“頑張りすぎない”働き方のルール

女優の長澤まさみが、映画『アイアムアヒーロー』で念願のアクションに挑戦。撮影の裏側はもちろん、デビュー17年目を迎えた今いい意味で「なるべく適当に」が自分ルールになっているという、彼女の“仕事との向き合い方”にも迫った! 

【働きビト】Vol.15 アミューズの“落ちこぼれ劇団”10周年の決意
【働きビト】Vol.15 アミューズの“落ちこぼれ劇団”10周年の決意

赤字になったら即解散という厳しいルールの元、活動する大手事務所・アミューズの“落ちこぼれ”演劇集団・劇団プレステージ。暗黒時代を味わったメンバーが語る、地道にキャリアを積むことの強み。そして、節目に思う新たな危機感とは?

嬉野雅道
【働きビト】Vol.14 嬉野雅道、『水曜どう』に出会って感じた仕事のおもしろさ

北海道発の人気ローカル番組『水曜どうでしょう』のカメラ担当ディレクター・嬉野雅道。御年56歳、『どうでしょう』との出会いは、一介のサラリーマン人生にどんな影響を与えたのか? 出演陣との関係性や番組成功の裏側にも迫る!

ケラリーノ・サンドロヴィッチ
【働きビト】Vol.13 演劇界の鬼才ケラリーノ・サンドロヴィッチの作品作りの源泉

ドラマ『怪奇恋愛作戦』(テレビ東京系)で、連ドラのシリーズ監督に初挑戦するケラリーノ・サンドロヴィッチ。52歳にして新たな試みに挑む彼の、長年に渡り第一線で活躍し続ける仕事への向き合い方とは…?

豊川悦司
【働きビト】Vol.12 豊川悦司が語る、過酷すぎる山岳ロケの裏舞台

俳優・豊川悦司が、木村大作監督の最新作『春を背負って』撮影のため、1ヶ月半に及ぶ過酷な山岳ロケに参加。壮大な立山連峰に響きわたる、木村監督の「バカヤロウ」の怒号に、ベテラン俳優が感じたものとは?

大泉洋
【働きビト】Vol.11 大泉洋の仕事論「どんなにボロボロでも続ける美学」

北海道のローカルタレントからスタートし、今や年に何本も主演作が公開されるなど、押しも押されもせぬ人気俳優となった大泉洋が登場! 主演作の映画『青天の霹靂』の撮影秘話や、役者を「辞める覚悟はできている」という仕事への覚悟まで、大泉らしい役者論を語りつくす。