ORICON キャリア

現在地:オリコンキャリア>転職・派遣関連ニュース

2011年02月22日 06時00分
幼稚園教諭を演じる満島ひかり(C)NTV 
19歳差の 『日本アカデミー賞』受賞女優が共演(C)NTV 
ドラマの一場面(c)NTV 

満島ひかり&芦田愛菜、19歳差の“アカデミー賞女優”の共演決定

 女優・満島ひかり(25)が、人気子役・芦田愛菜(6)が史上最年少でドラマ主演を務める『さよならぼくたちのようちえん』(3月30日・後9時〜 日本テレビ系)に幼稚園教諭役で出演することが21日、わかった。芦田をはじめ園児5人が卒園式を控え失踪してしまう同作の中で、満島は園児や仕事に冷めた気持ちで接し、自分自身をも愛することができない心を閉ざした先生を演じる。先日発表された『第34回 日本アカデミー賞』において、満島は「優秀助演女優賞」、芦田は「新人俳優賞」を受賞したばかり。年齢19歳差の“アカデミー賞女優”の共演については「愛菜ちゃんは、とってもキュートで賢い。おかげさまで幸せな日々です」と、芦田を称賛した。

 ドラマタイトル『さよならぼくたちのようちえん』は、ここ数年全国の卒園式で徐々に定番となりつつある同名の合唱曲。卒園を控え、園児5人が自分の力で電車を乗り継ぎ、見知らぬ土地へ旅に出るという、幼稚園版“スタンド・バイ・ミー”。劇中、普段からなるべく人と深く関わらないように暮らしてきた幼稚園教諭・万里(満島)だったが、この事件を機にそれまで忘れていたものや、なくした大切なものを思い出し、心身ともに成長を遂げる。

 今回、満島を起用したのは、同局のヒットドラマ『Mother』を手掛けたプロデューサーの次屋尚氏。同作がまだ企画段階だった昨年6月から満島の事務所に何度も足を運び熱烈オファーを重ねた結果、念願かなっての出演となった。「“女優”というカテゴリーの中に生きている人がもつ、独特のキラメキみたいなものを感じました」と満足げ。また、このドラマで演出を手がける水田伸生監督も「素顔の満島さんには、芦田愛菜ちゃんら子供たち全員への深い愛情を感じます。その彼女がいざ芝居に入ると、満島ワールドのスイッチオン!その落差が大変大きく、今最も魅力的な女優です」と大絶賛している。

 そんなスタッフからの熱い要望に応える形となった満島は、万里を演じるにあたり「嘘のつけない、不器用で純情な人間だと思います。大人と子供の気持ちの間で、蛇行しながらも、だんだんとまっすぐ前進してゆく万里の姿を、素直に生きたいです」と気合十分。“アカデミー賞女優”芦田との共演についても「愛菜ちゃんは、とってもキュートで賢い。あんまりしっかりしているので、どんな共演になるんだろうと思ってましたが、おかげさまで幸せな日々です」と、現場の和気あいあいとした雰囲気を伝えている。このほか、共演者には岸部一徳、いしだあゆみなど個性派俳優たちが集結している。

 

オリコン日本顧客満足度ランキング 自動車保険

オリコン日本顧客満足度ランキング 英会話スクール

英会話スクール/英会話教室ランキング

キャリア特集 一覧

【働きビト】Vol.16 長澤まさみ“頑張りすぎない”働き方のルール
【働きビト】Vol.16 長澤まさみ“頑張りすぎない”働き方のルール

女優の長澤まさみが、映画『アイアムアヒーロー』で念願のアクションに挑戦。撮影の裏側はもちろん、デビュー17年目を迎えた今いい意味で「なるべく適当に」が自分ルールになっているという、彼女の“仕事との向き合い方”にも迫った! 

【働きビト】Vol.15 アミューズの“落ちこぼれ劇団”10周年の決意
【働きビト】Vol.15 アミューズの“落ちこぼれ劇団”10周年の決意

赤字になったら即解散という厳しいルールの元、活動する大手事務所・アミューズの“落ちこぼれ”演劇集団・劇団プレステージ。暗黒時代を味わったメンバーが語る、地道にキャリアを積むことの強み。そして、節目に思う新たな危機感とは?

嬉野雅道
【働きビト】Vol.14 嬉野雅道、『水曜どう』に出会って感じた仕事のおもしろさ

北海道発の人気ローカル番組『水曜どうでしょう』のカメラ担当ディレクター・嬉野雅道。御年56歳、『どうでしょう』との出会いは、一介のサラリーマン人生にどんな影響を与えたのか? 出演陣との関係性や番組成功の裏側にも迫る!

ケラリーノ・サンドロヴィッチ
【働きビト】Vol.13 演劇界の鬼才ケラリーノ・サンドロヴィッチの作品作りの源泉

ドラマ『怪奇恋愛作戦』(テレビ東京系)で、連ドラのシリーズ監督に初挑戦するケラリーノ・サンドロヴィッチ。52歳にして新たな試みに挑む彼の、長年に渡り第一線で活躍し続ける仕事への向き合い方とは…?

豊川悦司
【働きビト】Vol.12 豊川悦司が語る、過酷すぎる山岳ロケの裏舞台

俳優・豊川悦司が、木村大作監督の最新作『春を背負って』撮影のため、1ヶ月半に及ぶ過酷な山岳ロケに参加。壮大な立山連峰に響きわたる、木村監督の「バカヤロウ」の怒号に、ベテラン俳優が感じたものとは?

大泉洋
【働きビト】Vol.11 大泉洋の仕事論「どんなにボロボロでも続ける美学」

北海道のローカルタレントからスタートし、今や年に何本も主演作が公開されるなど、押しも押されもせぬ人気俳優となった大泉洋が登場! 主演作の映画『青天の霹靂』の撮影秘話や、役者を「辞める覚悟はできている」という仕事への覚悟まで、大泉らしい役者論を語りつくす。