ORICON キャリア

現在地:オリコンキャリア>転職・派遣関連ニュース

2011年02月13日 19時30分
主演の堀北真希と深川栄洋監督に惜しみない拍手が送られた (c)Kazuko Wakayama 
深川監督と目をうるませる堀北 (c)Kazuko Wakayama 
初めて国際映画祭に参加した堀北 (c)Kazuko Wakayama 

堀北真希、初めてのベルリン映画祭で感涙 「線は引かない」と海外進出にも意欲

■その他の写真ニュースはこちら

 女優の堀北真希が13日(現地時間12日夜)、ドイツで開催中の第61回ベルリン国際映画祭に出品された主演映画『白夜行』(深川栄洋監督)の舞台あいさつに登壇した。同映画祭は、カンヌ、ベネチアとともに世界3大映画祭の一つに数えられる。海外の国際映画祭に初参加の堀北は、まずは英語で「ベルリンに来ることができて嬉しいです」とあいさつし、「こうして海を越えてベルリンまでやって来たということが、やっと実感できて涙が止まらなくなってしまいました」と観客の惜しみない拍手に思わず涙を流す一幕もあった。

 『白夜行』は人気作家・東野圭吾のミステリー小説の映画化。ある殺人事件の容疑者の娘と被害者の息子の数奇な運命を描く。同作が出品されたパノラマ部門は、コンペティション部門ではないが、これから活躍が期待される監督による斬新な作品が集まると評判の部門。昨年は行定勲監督、藤原竜也主演の映画『パレード』が同部門に出品され、国際批評家連盟賞を受賞している。

 また、昨年の同映画祭で女優・寺島しのぶが映画『キャタピラー』の演技で最優秀女優賞(銀熊賞)を受賞したのも記憶に新しいところ。堀北は“日本の外”を肌で感じながら、「もし海外からオファーがあったら、もちろん受けたいです! 私は特に国内や海外という線は引いていません」と意欲をみせた。さらに、「日本ではない国でお客さんが自分の映画を観てくれるということに対して、自分のお芝居に対する思いも熱いものになっていくと思います」と刺激を受けていた。

 堀北とともに舞台あいさつやティーチインに出席した深川監督は、ドイツ語で「こんばんは。今日は来てくださってありがとう」とあいさつした後、「日本のバブルは光の部分を象徴しているが影もある。影では子どもや弱い者が犠牲になる。『白夜行』では犠牲になった2人を描いた。その引き金は大人たち。これは日本だけではなくどこの国でも言えること。国際的な舞台でこのことを訴えることができてよかった」とかみしめるように話した。

 現地時間10日に開幕したベルリン国際映画祭は、20日まで開催。今回は、最高賞の金熊賞を競うコンペティション部門への日本映画の出品はないが、『白夜行』のほかに実験的な作品を取り上げるフォーラム部門に4時間38分の超長編映画『ヘヴンズストーリー』(瀬々敬久監督)などが参加している。

昨年のベルリン国際映画祭では、寺島しのぶが銀熊賞の快挙!(10/02/21)

行定監督の『パレード』は国際批評家連盟賞を受賞(10/02/20)

【動画】映画『白夜行』予告編⇒


◆関連ニュース 最新映画情報インタビュー特集


 

オリコン日本顧客満足度ランキング 自動車保険

オリコン日本顧客満足度ランキング 英会話スクール

英会話スクール/英会話教室ランキング

キャリア特集 一覧

【働きビト】Vol.16 長澤まさみ“頑張りすぎない”働き方のルール
【働きビト】Vol.16 長澤まさみ“頑張りすぎない”働き方のルール

女優の長澤まさみが、映画『アイアムアヒーロー』で念願のアクションに挑戦。撮影の裏側はもちろん、デビュー17年目を迎えた今いい意味で「なるべく適当に」が自分ルールになっているという、彼女の“仕事との向き合い方”にも迫った! 

【働きビト】Vol.15 アミューズの“落ちこぼれ劇団”10周年の決意
【働きビト】Vol.15 アミューズの“落ちこぼれ劇団”10周年の決意

赤字になったら即解散という厳しいルールの元、活動する大手事務所・アミューズの“落ちこぼれ”演劇集団・劇団プレステージ。暗黒時代を味わったメンバーが語る、地道にキャリアを積むことの強み。そして、節目に思う新たな危機感とは?

嬉野雅道
【働きビト】Vol.14 嬉野雅道、『水曜どう』に出会って感じた仕事のおもしろさ

北海道発の人気ローカル番組『水曜どうでしょう』のカメラ担当ディレクター・嬉野雅道。御年56歳、『どうでしょう』との出会いは、一介のサラリーマン人生にどんな影響を与えたのか? 出演陣との関係性や番組成功の裏側にも迫る!

ケラリーノ・サンドロヴィッチ
【働きビト】Vol.13 演劇界の鬼才ケラリーノ・サンドロヴィッチの作品作りの源泉

ドラマ『怪奇恋愛作戦』(テレビ東京系)で、連ドラのシリーズ監督に初挑戦するケラリーノ・サンドロヴィッチ。52歳にして新たな試みに挑む彼の、長年に渡り第一線で活躍し続ける仕事への向き合い方とは…?

豊川悦司
【働きビト】Vol.12 豊川悦司が語る、過酷すぎる山岳ロケの裏舞台

俳優・豊川悦司が、木村大作監督の最新作『春を背負って』撮影のため、1ヶ月半に及ぶ過酷な山岳ロケに参加。壮大な立山連峰に響きわたる、木村監督の「バカヤロウ」の怒号に、ベテラン俳優が感じたものとは?

大泉洋
【働きビト】Vol.11 大泉洋の仕事論「どんなにボロボロでも続ける美学」

北海道のローカルタレントからスタートし、今や年に何本も主演作が公開されるなど、押しも押されもせぬ人気俳優となった大泉洋が登場! 主演作の映画『青天の霹靂』の撮影秘話や、役者を「辞める覚悟はできている」という仕事への覚悟まで、大泉らしい役者論を語りつくす。