ORICON キャリア

現在地:オリコンキャリア>転職・派遣関連ニュース

2011年02月04日 11時30分
声優に初挑戦する福山雅治 
福山演じる“福山雅秋” (C)藤子プロ・小学館・テレビ朝日・シンエイ・ADK2011 

福山雅治、『ドラえもん』で声優初挑戦 テレビSP&映画にカメオ出演

 歌手で俳優の福山雅治(41)が人気アニメ『ドラえもん』で、声優に初挑戦することが4日、わかった。しずかちゃんの憧れのスターとして、昨年9月放送のアニメに登場していた福山雅秋役を自ら演じる。自身をイメージした“雅秋”の存在を知った福山は「自分でアフレコをしたい」と熱望し、2月11日放送の『ドラえもん3時間SP』(テレビ朝日系)、3月5日公開の『映画ドラえもん新・のび太と鉄人兵団 〜はばたけ 天使たち〜』で福山雅秋のカメオ出演が決定した。収録を終えた福山は「相当入念に役作りをしてきたんですけど、出番が短くてちょっと残念。もっとがっつり、しずかちゃんと絡めると思っていた」と余裕の笑顔を見せ、「福山雅秋役に限らず、これからも機会があれば声優にチャレンジしたい」と意欲的に話した。

 テレビ放送もさることながら、『映画ドラえもん』シリーズも1980年の第1作『映画ドラえもん のび太の恐竜』から昨年30周年を迎え、最新作が31本目。1986年に公開された『映画ドラえもん のび太と鉄人兵団』のリメイクで、メインキャラクターとなるリルルとしずかちゃんとの女の子同士の活躍と友情が感動を巻き起こす内容となっている。

 しずかちゃん憧れのスター“福山雅秋”のことは、自身のラジオ番組のリスナーから知らされた。「芸能界に入って、2番目に嬉しかったことです。ちなみに1番はビヨンセに『アイ・ライク・フクヤマ』って言われたこと(笑)。西洋と日本を代表する美女二人に好きだって言われたので、もう思い残すことはない。本当に、この世界に入ってよかった(笑)」と振り返る。しかし、本音は「どうせなら自分で声をあてたかったんですね」。

 福山にとっても、『ドラえもん』は子どもの頃から親しみのある番組だ。「もちろん大好きです。僕にとっても、気がつたらそこにいる存在でした。子どもはもちろん、『ドラえもん』を観て育った大人たちにもいまだに夢を与え続けているという意味では、ものすごいアイドルであり大スターだと思います。“ドラえもん”には、大人になってあらためて教えられることがいっぱいあります。そんなところも人気者であり続ける理由のひとつなんでしょうね」と共感を語っていた。

 さらに、2月中旬からオンエアされる『映画ドラえもん』のCMとして、“福山雅秋バージョン”も制作され、そのナレーションも福山が担当している。

◆映画ニュース 最新情報インタビュー

 

オリコン日本顧客満足度ランキング 自動車保険

オリコン日本顧客満足度ランキング 英会話スクール

英会話スクール/英会話教室ランキング

キャリア特集 一覧

【働きビト】Vol.16 長澤まさみ“頑張りすぎない”働き方のルール
【働きビト】Vol.16 長澤まさみ“頑張りすぎない”働き方のルール

女優の長澤まさみが、映画『アイアムアヒーロー』で念願のアクションに挑戦。撮影の裏側はもちろん、デビュー17年目を迎えた今いい意味で「なるべく適当に」が自分ルールになっているという、彼女の“仕事との向き合い方”にも迫った! 

【働きビト】Vol.15 アミューズの“落ちこぼれ劇団”10周年の決意
【働きビト】Vol.15 アミューズの“落ちこぼれ劇団”10周年の決意

赤字になったら即解散という厳しいルールの元、活動する大手事務所・アミューズの“落ちこぼれ”演劇集団・劇団プレステージ。暗黒時代を味わったメンバーが語る、地道にキャリアを積むことの強み。そして、節目に思う新たな危機感とは?

嬉野雅道
【働きビト】Vol.14 嬉野雅道、『水曜どう』に出会って感じた仕事のおもしろさ

北海道発の人気ローカル番組『水曜どうでしょう』のカメラ担当ディレクター・嬉野雅道。御年56歳、『どうでしょう』との出会いは、一介のサラリーマン人生にどんな影響を与えたのか? 出演陣との関係性や番組成功の裏側にも迫る!

ケラリーノ・サンドロヴィッチ
【働きビト】Vol.13 演劇界の鬼才ケラリーノ・サンドロヴィッチの作品作りの源泉

ドラマ『怪奇恋愛作戦』(テレビ東京系)で、連ドラのシリーズ監督に初挑戦するケラリーノ・サンドロヴィッチ。52歳にして新たな試みに挑む彼の、長年に渡り第一線で活躍し続ける仕事への向き合い方とは…?

豊川悦司
【働きビト】Vol.12 豊川悦司が語る、過酷すぎる山岳ロケの裏舞台

俳優・豊川悦司が、木村大作監督の最新作『春を背負って』撮影のため、1ヶ月半に及ぶ過酷な山岳ロケに参加。壮大な立山連峰に響きわたる、木村監督の「バカヤロウ」の怒号に、ベテラン俳優が感じたものとは?

大泉洋
【働きビト】Vol.11 大泉洋の仕事論「どんなにボロボロでも続ける美学」

北海道のローカルタレントからスタートし、今や年に何本も主演作が公開されるなど、押しも押されもせぬ人気俳優となった大泉洋が登場! 主演作の映画『青天の霹靂』の撮影秘話や、役者を「辞める覚悟はできている」という仕事への覚悟まで、大泉らしい役者論を語りつくす。