ORICON キャリア

現在地:オリコンキャリア>転職・派遣関連ニュース

2010年10月27日 10時00分
今期初回視聴率でトップを獲得したドラマ『相棒9』(c)テレビ朝日 
人気の医療ドラマ『医龍3』(c)フジテレビジョン 
小栗主演の『獣医ドリトル』 (c)TBS 

秋ドラマ続々スタート! 世相を反映した“カネ”が高視聴率に直結

■初回視聴率TOP5

 今年の秋ドラマの初回放送が軒並みスタートし、純愛、社会派、学園ものにミステリーなど全20作以上が出揃った。初回視聴率のトップ(関東ビデオリサーチ調べ)を飾ったのは、放送開始10周年を迎えた人気刑事ドラマ【相棒9】(17.7%・テレビ朝日系)。『相棒』の首位はもちろんだが、世相を色濃く反映した社会派ドラマの健闘ぶりが目立つ。二宮和也主演【フリーター、家を買う。】(フジテレビ系)と女優・米倉涼子主演【ナサケの女】(テレビ朝日系)が17.6%で同率2位。5位には“カネ返せ”のキャッチコピーが衝撃的な篠原涼子主演の【黄金の豚−会計検査庁 特別調査課−】(15.3%・日本テレビ系)が並び、“フリーター”や“税金の未納”など生活に密接し、かつ“カネ”を背景とした作品が軒並み堅調な出だしとなった。

■“フリーター”、“脱税”など社会問題を象徴するキーワードが好調

 今期ドラマのスタート前から高い期待値が寄せられていた【フリーター〜】は、中流家庭に育ち4年生大学を卒業後に新卒で就職するも、3ヶ月で会社を辞め、再就職活動の傍らアルバイトを始めたつもりが、職も無く実家に生活費も収められず、母親に食事、洗濯の一切を任せたまま1年が経過。そんな“ありふれた”フリーターと、その家族の崩壊・再生を見せる社会派ホームドラマ。正規雇用が激減している昨今、最も身近であるにも関わらず見過ごされがちな社会問題を真正面から扱ったことが高視聴率に繋がったようだ。

 そして、奇しくも主演女優が共に“涼子”であり、ドラマのテーマが“税金”と符合点の多い2本のドラマ【ナサケの女】と【黄金の豚〜】もTOP5にランクイン。元詐欺師のワケあり調査員が巨大な組織の不正を暴いていく篠原の姿や、米倉演じる脱税を許さない国税査察官“マルサ”が好評。大物政治家の献金問題やテレビで連日放送された“仕分け事業”を通じて再認識することになった「税金の行方」に視聴者から高い関心が集まった。この他にも未だグレーに包まれた“闇金業者”が主人公となる山田孝之主演の【闇金ウシジマくん】(TBS系)などもあり、“カネ”を背景に人生の転落と再生を描いたドラマが際立っている。

■スタッフやキャストの“再タッグ”作品は事前期待値が視聴率に比例

 秋ドラマのもう1つのキーワードといえるのが、過去の人気ドラマで仕事を共にしたスタッフやキャストの“再タッグ”だ。米倉の代表作『交渉人』(テレビ朝日系)のスタッフが集まった【ナサケの女】や、07年のドラマ『ハケンの品格』(日本テレビ系)で名コンビぶりを見せた篠原涼子&大泉洋による3度目のタッグ【黄金の豚〜】の好調ぶりは前述の通り。これに加え、小栗旬井上真央が“花男”以来の顔合わせとなった【獣医ドリトル】(16.0%・TBS系)が4位にランクイン。また、戸田恵梨香主演【SPEC〜警視庁公安部公安第五課 未詳事件特別対策係事件簿〜】(TBS系)は、1999年に放送されたドラマ『ケイゾク』(同局)の監督・堤幸彦、脚本・西荻弓絵らをはじめプロデューサー、演出家たちが一斉集合している。

 現段階で突出した視聴率を獲得している作品はなく、非常に拮抗した状態でのスタートとなった秋ドラマ。第1話、2話で登場人物や設定の紹介がなされ、物語が本当に“始動する”ともいえる3話以降こそ見応えある展開が期待されることは言わずもがな。数字(視聴率)だけで作品の良し悪しを判断するのではなく、視聴者の心を掴み今後も語り継がれるような“名作”の誕生に期待したい。

>>過去のドラマ視聴率ランキング
2010年 上半期ドラマ視聴率|■2009 年間ドラマ視聴率
>>過去のドラマ期待度ランキング
■2010年 「秋」「夏」「春」「冬」| ■2009年「秋」「夏」


■禁無断複写転載
※オリコンランキングの著作権その他の権利はオリコンに帰属していますので、無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、ブログ、携帯電話)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。詳しいお問い合わせは、弊社広報企画部までお願いいたします。

話題のニュースを一気読み『写真付き☆今日のNEWS』  

オリコン日本顧客満足度ランキング 自動車保険

オリコン日本顧客満足度ランキング 英会話スクール

英会話スクール/英会話教室ランキング

キャリア特集 一覧

【働きビト】Vol.16 長澤まさみ“頑張りすぎない”働き方のルール
【働きビト】Vol.16 長澤まさみ“頑張りすぎない”働き方のルール

女優の長澤まさみが、映画『アイアムアヒーロー』で念願のアクションに挑戦。撮影の裏側はもちろん、デビュー17年目を迎えた今いい意味で「なるべく適当に」が自分ルールになっているという、彼女の“仕事との向き合い方”にも迫った! 

【働きビト】Vol.15 アミューズの“落ちこぼれ劇団”10周年の決意
【働きビト】Vol.15 アミューズの“落ちこぼれ劇団”10周年の決意

赤字になったら即解散という厳しいルールの元、活動する大手事務所・アミューズの“落ちこぼれ”演劇集団・劇団プレステージ。暗黒時代を味わったメンバーが語る、地道にキャリアを積むことの強み。そして、節目に思う新たな危機感とは?

嬉野雅道
【働きビト】Vol.14 嬉野雅道、『水曜どう』に出会って感じた仕事のおもしろさ

北海道発の人気ローカル番組『水曜どうでしょう』のカメラ担当ディレクター・嬉野雅道。御年56歳、『どうでしょう』との出会いは、一介のサラリーマン人生にどんな影響を与えたのか? 出演陣との関係性や番組成功の裏側にも迫る!

ケラリーノ・サンドロヴィッチ
【働きビト】Vol.13 演劇界の鬼才ケラリーノ・サンドロヴィッチの作品作りの源泉

ドラマ『怪奇恋愛作戦』(テレビ東京系)で、連ドラのシリーズ監督に初挑戦するケラリーノ・サンドロヴィッチ。52歳にして新たな試みに挑む彼の、長年に渡り第一線で活躍し続ける仕事への向き合い方とは…?

豊川悦司
【働きビト】Vol.12 豊川悦司が語る、過酷すぎる山岳ロケの裏舞台

俳優・豊川悦司が、木村大作監督の最新作『春を背負って』撮影のため、1ヶ月半に及ぶ過酷な山岳ロケに参加。壮大な立山連峰に響きわたる、木村監督の「バカヤロウ」の怒号に、ベテラン俳優が感じたものとは?

大泉洋
【働きビト】Vol.11 大泉洋の仕事論「どんなにボロボロでも続ける美学」

北海道のローカルタレントからスタートし、今や年に何本も主演作が公開されるなど、押しも押されもせぬ人気俳優となった大泉洋が登場! 主演作の映画『青天の霹靂』の撮影秘話や、役者を「辞める覚悟はできている」という仕事への覚悟まで、大泉らしい役者論を語りつくす。