ORICON キャリア

現在地:オリコンキャリア>転職・派遣関連ニュース

2010年09月29日 10時00分
若手期待度1位と支持されたピース 
2位は昨年M-1ファイナリストに名を連ねたハライチ (c)oriconDD.inc 
4位は急浮上の野性爆弾 (c)oriconDD.inc 

ネクストブレイクを期待するお笑い芸人、1位ピース

■次来る! 若手芸人TOP10

 正統派漫才から異色コント、ピン芸人などさまざまな若手芸人が台頭するなか、今最も注目されているお笑い芸人は誰なのか? ORICON STYLEでは「第2回 ネクストブレイクを期待する芸人は?」アンケートを実施。その結果、熱血漢な男前キャラの綾部祐二と陰気なネガティブキャラ・又吉直樹という真逆な2人からなるお笑いコンビ【ピース】が、昨年の圏外から急浮上し見事1位を獲得した。今回のランキング結果を受け2人は「今まで圏外だった僕らが1位なんて!! ただただ驚いています!!」と興奮気味のコメントを寄せた。

 「イケメンなのに熟女好きでおしゃべり大好きな綾部と、暗そうな見た目と性格なのに意外に面白い又吉のキャラは絶対にウケる」(福島県/20代/女性)と、すでに濃いキャラクターが浸透しつつあるピース。個性の違いを際立たせたコントで、先日放送されたコント日本一決定戦『キングオブコント2010』(TBS系)でも堂々2位を獲得した。また「最近テレビでよく見る」(神奈川県/10代/女性)という意見からもわかるように、レギュラーでは音楽番組『ハッピーMusic』(日本テレビ系)、ゲストとしてバラエティ番組『アメトーーク!』(テレビ朝日系)に出演と、コントだけでなくフリートークでも存在感を放っている。

 今回の結果に「うれしいです! ありがとうございます!」と2人そろって喜びを爆発させているピース。綾部は「皆様のお母さまにも僕の存在をお伝えて下さい!」と、熟女好きな一面を大胆アピール。一方又吉も「次(ネクストブレイク)ということは、次の次もあるということなので、決して未来は明るくないです……」と、徹底したネガティブキャラを貫いている。

 続く2位に浮上したのは、昨年末の漫才グランプリ“M-1”で一気に知名度を上げた【 ハライチ】。「エンドレスなノリツッコミが面白く、最近気になる」(東京都/20代/男性)と、本題からそれ続ける岩井勇気のボケを澤部佑が角度違いのノリツッコミで丁寧に拾い続ける漫才が“斬新”と支持。現在は情報番組『DON!』(日本テレビ系)にレギュラー出演中と、活躍の場を広げている。

 次いでTOP10唯一のピン芸人【楽しんご】が3位に続いた。深夜のバラエティ『あらびき団』(TBS系)で披露した切れのある踊りと“ラブ注入”の決めポーズで視聴者のハートをわし掴み。同性愛者であることもカミングアウトしており「あの変態な感じに期待」(神奈川県/20代/男性)と、奇抜なキャラクター、恋愛遍歴、ネタも含め期待の“ゲイ”人として注目されている。

 また芸歴17年目となる【野性爆弾】が4位に登場。型破りで破天荒なボケ担当・川島邦裕が作り出す独創的なコントは“○○的”といった分類を必要とせず、相方・ロッシーの天然キャラも相まって地元・関西ではすでに熱狂的なファンを持つ。「あの強烈なキャラは他にはない」(埼玉県/10代/女性)と、ここ数年で徐々に全国にその名を広めてきた。現在は同期の次長課長、ブラックマヨネーズらに大きく水を空けられた形となっているが、いよいよ“野爆”のブレイクも間近といえそうだ。

 このほかにも、5位は漫才コンビ【チーモンチョーチュウ】、9位には今年のKOCでダークホースとして期待が寄せられた【ラバーガール】、またピースと同期であり一緒にコントユニット“ラ・ゴリスターズ”を組む【平成ノブシコブシ】も10位に食い込んだ。職人肌のコント師から個性派ピン芸まで様々なタイプの次世代芸人がランクインした今回。新人が次々とテレビに登場し、瞬く間に人気芸人の仲間入りを果たす機会も少なくはないが、その一方で若手がコントや一発芸を披露するバラエティ番組が次々と最終回を迎えるという厳しい現実もある。一人ひとりの芸の真価を問われていく今後のお笑い界で、来年はどのようなタイプの芸人が誕生しお茶の間を席巻するのか? 楽しみに待ちたい。

【調査概要】
調査時期:2010年9月6日(月)〜9月9日(木)
調査対象:合計800名(自社アンケート・パネル【オリコン・モニターリサーチ】会員10代・20代の男女。※お笑いに関心のある方)
調査地域:全国
調査方法:インターネット調査




芸能人事典 ヒストリー 支持コメント
【ピース】
■又吉直樹・綾部祐二
「綾部のトークと又吉のキャラクターは重宝されると思う」(埼玉県/20代/女性)
【ハライチ】
■岩井勇気・澤部佑
「エンドレスなノリツッコミが面白く、最近気になる!」(東京都/20代/男性)
【楽しんご】 「あの変態な感じになんとなく期待している」(神奈川県/20代/男性)
【野性爆弾】
■川島邦裕・ロッシー
「東京進出し、もうそろそろ大ブレイクを期待」(東京都/10代/女性)
【チーモンチョーチュウ】
■白井鉄也・菊池浩輔
「白井のキャラがおもしろいし、ネタも面白い」(福岡県/10代/女性)
【しずる】
■池田一真・村上純
「ボケの村上が注目されがちだが、池田も器用で面白い」(京都府/20代/男性)
【ロッチ】
■コカドケンタロウ・中岡創一
「コントだけでなくトークも面白い」(愛知県/20代/男性/)
【銀シャリ】
■鰻和弘・橋本直
「コッテコテの漫才が面白い。ボケ・鰻が鰻アレルギーなのも◎」(神奈川県/20代/女性)
【ラバーガール】
■飛永翼・大水洋介
「大水のボケにイラッとしつつ笑える。KOC決勝組でもあり期待」(群馬県/20代/女性)
【平成ノブシコブシ】
■吉村崇・徳井健太
「吉村の突っ走ったウザさは、人気になりそう」(長野県/20代/女性)

■禁無断複写転載
※オリコンランキングの著作権その他の権利はオリコンに帰属していますので、無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、ブログ、携帯電話)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。詳しいお問い合わせは、弊社広報企画部までお願いいたします。



話題のニュースを一気読み『写真付き☆今日のNEWS』  

オリコン日本顧客満足度ランキング 自動車保険

オリコン日本顧客満足度ランキング 英会話スクール

英会話スクール/英会話教室ランキング

キャリア特集 一覧

【働きビト】Vol.16 長澤まさみ“頑張りすぎない”働き方のルール
【働きビト】Vol.16 長澤まさみ“頑張りすぎない”働き方のルール

女優の長澤まさみが、映画『アイアムアヒーロー』で念願のアクションに挑戦。撮影の裏側はもちろん、デビュー17年目を迎えた今いい意味で「なるべく適当に」が自分ルールになっているという、彼女の“仕事との向き合い方”にも迫った! 

【働きビト】Vol.15 アミューズの“落ちこぼれ劇団”10周年の決意
【働きビト】Vol.15 アミューズの“落ちこぼれ劇団”10周年の決意

赤字になったら即解散という厳しいルールの元、活動する大手事務所・アミューズの“落ちこぼれ”演劇集団・劇団プレステージ。暗黒時代を味わったメンバーが語る、地道にキャリアを積むことの強み。そして、節目に思う新たな危機感とは?

嬉野雅道
【働きビト】Vol.14 嬉野雅道、『水曜どう』に出会って感じた仕事のおもしろさ

北海道発の人気ローカル番組『水曜どうでしょう』のカメラ担当ディレクター・嬉野雅道。御年56歳、『どうでしょう』との出会いは、一介のサラリーマン人生にどんな影響を与えたのか? 出演陣との関係性や番組成功の裏側にも迫る!

ケラリーノ・サンドロヴィッチ
【働きビト】Vol.13 演劇界の鬼才ケラリーノ・サンドロヴィッチの作品作りの源泉

ドラマ『怪奇恋愛作戦』(テレビ東京系)で、連ドラのシリーズ監督に初挑戦するケラリーノ・サンドロヴィッチ。52歳にして新たな試みに挑む彼の、長年に渡り第一線で活躍し続ける仕事への向き合い方とは…?

豊川悦司
【働きビト】Vol.12 豊川悦司が語る、過酷すぎる山岳ロケの裏舞台

俳優・豊川悦司が、木村大作監督の最新作『春を背負って』撮影のため、1ヶ月半に及ぶ過酷な山岳ロケに参加。壮大な立山連峰に響きわたる、木村監督の「バカヤロウ」の怒号に、ベテラン俳優が感じたものとは?

大泉洋
【働きビト】Vol.11 大泉洋の仕事論「どんなにボロボロでも続ける美学」

北海道のローカルタレントからスタートし、今や年に何本も主演作が公開されるなど、押しも押されもせぬ人気俳優となった大泉洋が登場! 主演作の映画『青天の霹靂』の撮影秘話や、役者を「辞める覚悟はできている」という仕事への覚悟まで、大泉らしい役者論を語りつくす。