ORICON キャリア

現在地:オリコンキャリア>転職・派遣関連ニュース

2010年06月15日 13時30分
内緒で作られた応援旗を手に意気込むジャルジャル (C)ORICON DD inc. 
イギリスでも披露する?鉄板ネタも公開 (C)ORICON DD inc. 

人気コンビ・ジャルジャル、19日に吉本史上初のコンビ単独海外公演

■その他の写真ニュースはこちら

 人気若手お笑いコンビ・ジャルジャルが15日、都内で会見を開き、現地時間6月19日に英ロストシアターで初の海外公演を行うと発表した。これまで吉本新喜劇や英語字幕を使った落語などの展開例はあるが、よしもとクリエイティブ・エージェンシー所属のお笑いコンビにおける純粋な“海外進出”は史上初。会見で福徳秀介は「ネタをくってくってしっかりしたものをやる。自信はあります!」と気合い十分。後藤淳平も「これが成功したら“ロンドン吉本”に移籍します」と宣言し、敬愛するポール・マッカートニーに「観にきてほしい」と呼びかけた。

 芸歴8年、なにわの“コント師”が世界へ羽ばたく。これまで数々の受賞歴があり、俳優としても映画『ヒーローショー』(井筒和幸監督)に出演するなど多方面に活躍し10〜20代の女性を中心に大人気のジャルジャルが、己の笑いだけを武器に勝負することになった。17日に日本を発ち、ロンドン到着後に自らビラ配りをしながら路上パフォーマンスを決行。現地時間19日の夜、収容人員180名の小劇場・ロストシアターで無料ライブを行う。ライブはおよそ1時間半、これまで作ったなかから字幕、同時通訳なしで12本を披露する。

 福徳は、出身大学の大先輩・桂三枝からの応援ビデオレターや、テレビ番組の企画で実際に海外でネタ披露経験のある世界のナベアツから攻略法を“生伝授”され感謝の弁。直後、在日イギリス人の前で小道具を使って笑いを誘う“予行演習”ではイマイチ受けなかったが「アクシデントで笑うのは、日本と変わらない。スベったら(海外進出は)なかった事にして帰国します」と苦笑い。

 一方、後藤は「お笑いが素敵な彼女です!」と、ライブ後も本業に精進することを強調。最後には、ライブを何とか成功させて昨夜、見事な勝利を収めたサッカー日本代表の岡田武史監督のように「ガッツポーズを決めたい!」と意気込んでいた。


★編集部が選んだ月間ニュースランキングで旬の話題をチェック!  

オリコン日本顧客満足度ランキング 自動車保険

オリコン日本顧客満足度ランキング 英会話スクール

英会話スクール/英会話教室ランキング

キャリア特集 一覧

【働きビト】Vol.16 長澤まさみ“頑張りすぎない”働き方のルール
【働きビト】Vol.16 長澤まさみ“頑張りすぎない”働き方のルール

女優の長澤まさみが、映画『アイアムアヒーロー』で念願のアクションに挑戦。撮影の裏側はもちろん、デビュー17年目を迎えた今いい意味で「なるべく適当に」が自分ルールになっているという、彼女の“仕事との向き合い方”にも迫った! 

【働きビト】Vol.15 アミューズの“落ちこぼれ劇団”10周年の決意
【働きビト】Vol.15 アミューズの“落ちこぼれ劇団”10周年の決意

赤字になったら即解散という厳しいルールの元、活動する大手事務所・アミューズの“落ちこぼれ”演劇集団・劇団プレステージ。暗黒時代を味わったメンバーが語る、地道にキャリアを積むことの強み。そして、節目に思う新たな危機感とは?

嬉野雅道
【働きビト】Vol.14 嬉野雅道、『水曜どう』に出会って感じた仕事のおもしろさ

北海道発の人気ローカル番組『水曜どうでしょう』のカメラ担当ディレクター・嬉野雅道。御年56歳、『どうでしょう』との出会いは、一介のサラリーマン人生にどんな影響を与えたのか? 出演陣との関係性や番組成功の裏側にも迫る!

ケラリーノ・サンドロヴィッチ
【働きビト】Vol.13 演劇界の鬼才ケラリーノ・サンドロヴィッチの作品作りの源泉

ドラマ『怪奇恋愛作戦』(テレビ東京系)で、連ドラのシリーズ監督に初挑戦するケラリーノ・サンドロヴィッチ。52歳にして新たな試みに挑む彼の、長年に渡り第一線で活躍し続ける仕事への向き合い方とは…?

豊川悦司
【働きビト】Vol.12 豊川悦司が語る、過酷すぎる山岳ロケの裏舞台

俳優・豊川悦司が、木村大作監督の最新作『春を背負って』撮影のため、1ヶ月半に及ぶ過酷な山岳ロケに参加。壮大な立山連峰に響きわたる、木村監督の「バカヤロウ」の怒号に、ベテラン俳優が感じたものとは?

大泉洋
【働きビト】Vol.11 大泉洋の仕事論「どんなにボロボロでも続ける美学」

北海道のローカルタレントからスタートし、今や年に何本も主演作が公開されるなど、押しも押されもせぬ人気俳優となった大泉洋が登場! 主演作の映画『青天の霹靂』の撮影秘話や、役者を「辞める覚悟はできている」という仕事への覚悟まで、大泉らしい役者論を語りつくす。