ORICON キャリア

現在地:オリコンキャリア>転職・派遣関連ニュース

2010年06月07日 13時35分
セクシーなセミヌードも披露 
“10年の軌跡”を盛り込んだ 
成宮寛貴にとっては約6年ぶりの写真集 

デビュー10周年の成宮寛貴、“約2倍”写真集で原点回帰

■そのほかの最新写真ニュース一覧はこちら

 俳優の成宮寛貴(27)がデビュー10周年を迎える7月1日に、10周年記念写真集『Hiroki Narimiya Anniversary Book“10”」(撮影:KISIMARI、角川グループパブリッシング)を発売することが6日、わかった。通常は80〜90ページという写真集だが、今回は170ページ超の極厚豪華版仕様。「まだまだ未熟なキャリアですが、一つの節目なので形に残せるのは嬉しいです。いろんな形で切り取ってもらえたので自分の持ち味や武器を最大限生かしたいと思いました」という自信作だ。

 成宮は、写真集発売こそあるものの総力特集的なアーティストブックは未発表。最後に発売した写真集も6年前と、ここ数年間はひたすら役者業にまい進してきた。企画担当者は「本人の強いこだわりでただの写真集ではなく、かといって足跡を振り返るだけでもない、“過去、現在、そしてこれから”をテーマに、さまざまな企画を詰め込んだ一冊になっています」と自信をのぞかせる。

 セミヌード姿をはじめとしたスタイリッシュなショットで今の成宮を切り取り、オフショットなどでこの10年の軌跡も盛り込んだ。小栗旬木村佳乃、蜷川実花のほか、主演映画『ドロップ』を監督した品川ヒロシら、成宮をよく知る10人のキーパーソンが彼の素顔について語り、自身の2万字に及ぶインタビューも収録と、見るだけでなく、読み応えるのある内容に仕上げた。

 デビューはちょうど10年前の2000年7月の舞台『滅びかけた人類、その愛の本質とは…』。会場が東京・渋谷パルコ劇場だったことから、今回、文字どおり原点回帰で同劇場のあるリブロ渋谷店で購入者を対象にした握手会を7月3日に行うことも決定した。先着200人にサイン入りで、時間の許す限り当日来場の購入者と握手し続け、10日(土)に名古屋・星野書店でも実施する。

 成宮は「10年前パルコ(の舞台)でデビューした時はこんなに長く俳優をやっていられるとは思っていませんでした。成宮寛貴の原点と言える場所。僕のファンの中にはその頃から応援してくれている方もいると思うので、一緒に振り返ってくれたら嬉しいです」とファンに呼びかけ、「今後は成宮にしかこの役はできない、と思ってもらえるような役をやりたいですね」と展望を語った。握手会整理券は東京・名古屋ともに6月11日午前10時から同店で配布開始。


★編集部が選んだ月間ニュースランキングで旬の話題をチェック! 

オリコン日本顧客満足度ランキング 自動車保険

オリコン日本顧客満足度ランキング 英会話スクール

英会話スクール/英会話教室ランキング

キャリア特集 一覧

【働きビト】Vol.16 長澤まさみ“頑張りすぎない”働き方のルール
【働きビト】Vol.16 長澤まさみ“頑張りすぎない”働き方のルール

女優の長澤まさみが、映画『アイアムアヒーロー』で念願のアクションに挑戦。撮影の裏側はもちろん、デビュー17年目を迎えた今いい意味で「なるべく適当に」が自分ルールになっているという、彼女の“仕事との向き合い方”にも迫った! 

【働きビト】Vol.15 アミューズの“落ちこぼれ劇団”10周年の決意
【働きビト】Vol.15 アミューズの“落ちこぼれ劇団”10周年の決意

赤字になったら即解散という厳しいルールの元、活動する大手事務所・アミューズの“落ちこぼれ”演劇集団・劇団プレステージ。暗黒時代を味わったメンバーが語る、地道にキャリアを積むことの強み。そして、節目に思う新たな危機感とは?

嬉野雅道
【働きビト】Vol.14 嬉野雅道、『水曜どう』に出会って感じた仕事のおもしろさ

北海道発の人気ローカル番組『水曜どうでしょう』のカメラ担当ディレクター・嬉野雅道。御年56歳、『どうでしょう』との出会いは、一介のサラリーマン人生にどんな影響を与えたのか? 出演陣との関係性や番組成功の裏側にも迫る!

ケラリーノ・サンドロヴィッチ
【働きビト】Vol.13 演劇界の鬼才ケラリーノ・サンドロヴィッチの作品作りの源泉

ドラマ『怪奇恋愛作戦』(テレビ東京系)で、連ドラのシリーズ監督に初挑戦するケラリーノ・サンドロヴィッチ。52歳にして新たな試みに挑む彼の、長年に渡り第一線で活躍し続ける仕事への向き合い方とは…?

豊川悦司
【働きビト】Vol.12 豊川悦司が語る、過酷すぎる山岳ロケの裏舞台

俳優・豊川悦司が、木村大作監督の最新作『春を背負って』撮影のため、1ヶ月半に及ぶ過酷な山岳ロケに参加。壮大な立山連峰に響きわたる、木村監督の「バカヤロウ」の怒号に、ベテラン俳優が感じたものとは?

大泉洋
【働きビト】Vol.11 大泉洋の仕事論「どんなにボロボロでも続ける美学」

北海道のローカルタレントからスタートし、今や年に何本も主演作が公開されるなど、押しも押されもせぬ人気俳優となった大泉洋が登場! 主演作の映画『青天の霹靂』の撮影秘話や、役者を「辞める覚悟はできている」という仕事への覚悟まで、大泉らしい役者論を語りつくす。