ORICON キャリア

現在地:オリコンキャリア>転職・派遣関連ニュース

2010年06月04日 05時00分
リクエストに応え仲良く腕を組む笑福亭鶴瓶(左)とIMALU (C)ORICON DD inc. 
澤田隆治氏(左)を祝福しに駆けつけた由美かおる (C)ORICON DD inc. 
贈賞式の模様 (C)ORICON DD inc. 

鶴瓶、『ギャラクシー賞』個人賞初受賞 IMALUが腕組みで祝福

■その他の写真ニュースはこちら

 優秀番組や個人、団体を顕彰する『第47回ギャラクシー賞』(放送批評懇談会)の贈賞式が3日、都内であり、「テレビ部門」で個人賞を受賞した落語家の笑福亭鶴瓶らが登壇。トーク番組『A-studio』(TBS系)で共演するタレント・IMALUが祝福に駆けつけ、「えぇー!」と驚く鶴瓶に「サプライズです」とニッコリ。写真撮影で腕組みショットのリクエストを受けると、鶴瓶は「腕組んだら(明石家)さんまが怒るんですよ〜」とぼやきながらとびきりの笑顔で腕組みに応じた。

 「テレビ部門」大賞はETV特集『死刑囚 永山則夫〜獄中28年間の対話』(NHK)。今回より新設された『第1回志賀信夫賞』を日本映像事業協会会長などを務める澤田隆治氏が受賞し、女優・由美かおるが花束を手に「未熟な私を使っていただきまして、先生によっていろいろな番組をやらせてもらいました。これからも21世紀、激動の時代をますますトップに立って頑張っていただきたいと思います」と祝福した。

 過去、同賞のラジオ部門、出演者の1人としてのテレビ部門受賞はあったものの、個人賞を初受賞した鶴瓶は「テレビに関わる人間として、この賞は嬉しい」と喜びもひとしお。「大阪で、テレビで自分を出すというのがごっつい苦手だった。でも今はテレビが大好き。『あぁテレビっていいな』っていつまでも思われたいし、そういうバラエティを作りたい」と情熱を語った。『A-studio』でのIMALUのアシスタントぶりには「テレビを知らないのに、いいタイミングですっと入ってくる。やっぱ血やなって思う」と舌を巻いていた。

「第47回ギャラクシー賞」
◇テレビ部門
大賞 ETV特集『死刑囚 永山則夫〜獄中28年間の対話』(NHK)
優秀賞 HTBスペシャルドラマ『ミエルヒ』(北海道テレビ放送)、日曜劇場『JIN -仁-』(TBS)、カミングアウトバラエティ!秘密のケンミンSHOW「2010年今年もよろしく友愛スペシャル」(読売テレビ、ハウフルス)
特別賞 ETV特集『シリーズ 日本と朝鮮半島2000年』(NHK)
個人賞 笑福亭鶴瓶『A-Studio』(TBS系)、『きらきらアフロ』(テレビ大阪)、『スジナシ』(CBC)、『鶴瓶の家族に乾杯』(NHK)の出演

◇ラジオ部門
大賞 『〜JK RADIO〜TOKYO UNITED』(J-WAVE)
DJパーソナリティ賞 やのひろみ『PALPALワイド 本気?ラジ!』(南海放送)パーソナリティとして
優秀賞 『上泉雄一のええなぁ!』(毎日放送)、『伊勢湾台風50年〜あの日が教えてくれること』(中部日本放送)、FMシアター『心にナイフをしのばせて』(NHK)

◇CM部門
大賞 『郵便事業 平成22年用年賀はがき シリーズ「気づく」「贈る」「受け取る』
優秀賞 RKB毎日放送 RKBラジオ シリーズ「夫婦篇」、資生堂UNOフォグバー シリーズ「平成遣欧使節団篇」「テニス篇」「4人で歩いている時篇」「タクシー篇」

◇報道活動部門
大賞 『ナマ・イキVOICE〜オンナたちの小さな挑戦・20年』(鹿児島テレビ)
優秀賞 『NEWSゆう+「追求!終わらない年金問題』(朝日放送)、「聴覚障害偽装事件における一連の報道」(札幌テレビ)

◇第1回志賀信夫賞 澤田隆治

◇第4回マイベストTV賞グランプリ
日曜劇場『JIN -仁-』(TBSテレビ)


★編集部が選んだ月間ニュースランキングで旬の話題をチェック!  

オリコン日本顧客満足度ランキング 自動車保険

オリコン日本顧客満足度ランキング 英会話スクール

英会話スクール/英会話教室ランキング

キャリア特集 一覧

【働きビト】Vol.16 長澤まさみ“頑張りすぎない”働き方のルール
【働きビト】Vol.16 長澤まさみ“頑張りすぎない”働き方のルール

女優の長澤まさみが、映画『アイアムアヒーロー』で念願のアクションに挑戦。撮影の裏側はもちろん、デビュー17年目を迎えた今いい意味で「なるべく適当に」が自分ルールになっているという、彼女の“仕事との向き合い方”にも迫った! 

【働きビト】Vol.15 アミューズの“落ちこぼれ劇団”10周年の決意
【働きビト】Vol.15 アミューズの“落ちこぼれ劇団”10周年の決意

赤字になったら即解散という厳しいルールの元、活動する大手事務所・アミューズの“落ちこぼれ”演劇集団・劇団プレステージ。暗黒時代を味わったメンバーが語る、地道にキャリアを積むことの強み。そして、節目に思う新たな危機感とは?

嬉野雅道
【働きビト】Vol.14 嬉野雅道、『水曜どう』に出会って感じた仕事のおもしろさ

北海道発の人気ローカル番組『水曜どうでしょう』のカメラ担当ディレクター・嬉野雅道。御年56歳、『どうでしょう』との出会いは、一介のサラリーマン人生にどんな影響を与えたのか? 出演陣との関係性や番組成功の裏側にも迫る!

ケラリーノ・サンドロヴィッチ
【働きビト】Vol.13 演劇界の鬼才ケラリーノ・サンドロヴィッチの作品作りの源泉

ドラマ『怪奇恋愛作戦』(テレビ東京系)で、連ドラのシリーズ監督に初挑戦するケラリーノ・サンドロヴィッチ。52歳にして新たな試みに挑む彼の、長年に渡り第一線で活躍し続ける仕事への向き合い方とは…?

豊川悦司
【働きビト】Vol.12 豊川悦司が語る、過酷すぎる山岳ロケの裏舞台

俳優・豊川悦司が、木村大作監督の最新作『春を背負って』撮影のため、1ヶ月半に及ぶ過酷な山岳ロケに参加。壮大な立山連峰に響きわたる、木村監督の「バカヤロウ」の怒号に、ベテラン俳優が感じたものとは?

大泉洋
【働きビト】Vol.11 大泉洋の仕事論「どんなにボロボロでも続ける美学」

北海道のローカルタレントからスタートし、今や年に何本も主演作が公開されるなど、押しも押されもせぬ人気俳優となった大泉洋が登場! 主演作の映画『青天の霹靂』の撮影秘話や、役者を「辞める覚悟はできている」という仕事への覚悟まで、大泉らしい役者論を語りつくす。