ORICON キャリア

現在地:オリコンキャリア>転職・派遣関連ニュース

2010年05月30日 12時20分
今秋放送のSPドラマ『ストロベリーナイト』(フジテレビ系)に出演する(左から)生瀬勝久、竹内結子、武田鉄矢 (C)ORICON DD inc. 
 

竹内結子、初刑事役に「年上を顎で使う雰囲気が不思議」

■そのほかの最新写真ニュース一覧はこちら

 俳優の竹内結子生瀬勝久武田鉄矢が今秋放送のSPドラマ『ストロベリーナイト』(フジテレビ系)の撮影の合間を縫って30日、都内で報道陣のインタビューに応じた。ノンキャリアながら異例のスピード出世を遂げた警視庁捜査一課殺人犯捜査十係、唯一の女性班長を演じる竹内は初の刑事役に「階級社会で、自分より年齢が上の人を顎で使う雰囲気が、不思議な世界だなーと」とポツリ。さらに「毎日スーツを着ると気持ちがピリっとする」と新境地に期待を持たせた。

 文庫化されて1年ほどで60万部を超える大ヒットとなった、作家・誉田哲也氏の原作をドラマ化。竹内は高校時代にある事件に巻き込まれた経験から刑事を志望し、“犯人以上に犯人の気持ちが分かる”と言われる程の鋭い勘を武器に、持ち前の成り上がり精神で異例のスピード出世を果たした姫川玲子を演じる。ため池近くの植え込みからビニールシートに包まれた男の惨殺死体が発見され、捜査で浮上した謎の言葉「ストロベリーナイト」の意味や実態を解き明かしてくうちに衝撃の事実にたどり着く…という本格サスペンス。

 竹内と初共演でペアを組む関西弁の刑事役を演じる生瀬は「…キレイですね。いろんなシーンを撮って、非常に人間的なキャラクターを演じてる。動きといい表情といい、関西にはいない方」と笑いを誘った。一方事件の鍵を握る姫川のライバル刑事“ガンテツ”(勝俣警部補)を演じる武田は「生瀬さんとは逆で嫌いで嫌いでしょうがない、こんな女が出てくるから日本はダメになったと(勝俣警部補は)思ってるんでしょうね。とにかく悪い奴を徹底的にやってます」と自身の役どころを語った。

 竹内は「わりとひらめきで物事を解決していくタイプで、感情の波が分からない。自分の気持ちがどこに入っていけばいいのかを気をつけてやろうと思いました」と役作りに苦労した様子。一方、武田はアクの強い役柄を演じる際に「強い宗教観を持っていないとダメ。監督や脚本にかけあって、宗教上の言葉を1行だけ入れさせてくれと頼む」といい、同作では「旧訳聖書。ヒロインのお嬢さんを見て、キリスト系統で行こうと思って。自分のセリフで整理しているだけなので、(役作りに)気付く人がいなくていい」と役者としてのこだわりぶりを明かしていた。

◆関連ニュース一覧 フジテレビドラマ


★編集部が選んだ月間ニュースランキングで旬の話題をチェック! 

オリコン日本顧客満足度ランキング 自動車保険

オリコン日本顧客満足度ランキング 英会話スクール

英会話スクール/英会話教室ランキング

キャリア特集 一覧

【働きビト】Vol.16 長澤まさみ“頑張りすぎない”働き方のルール
【働きビト】Vol.16 長澤まさみ“頑張りすぎない”働き方のルール

女優の長澤まさみが、映画『アイアムアヒーロー』で念願のアクションに挑戦。撮影の裏側はもちろん、デビュー17年目を迎えた今いい意味で「なるべく適当に」が自分ルールになっているという、彼女の“仕事との向き合い方”にも迫った! 

【働きビト】Vol.15 アミューズの“落ちこぼれ劇団”10周年の決意
【働きビト】Vol.15 アミューズの“落ちこぼれ劇団”10周年の決意

赤字になったら即解散という厳しいルールの元、活動する大手事務所・アミューズの“落ちこぼれ”演劇集団・劇団プレステージ。暗黒時代を味わったメンバーが語る、地道にキャリアを積むことの強み。そして、節目に思う新たな危機感とは?

嬉野雅道
【働きビト】Vol.14 嬉野雅道、『水曜どう』に出会って感じた仕事のおもしろさ

北海道発の人気ローカル番組『水曜どうでしょう』のカメラ担当ディレクター・嬉野雅道。御年56歳、『どうでしょう』との出会いは、一介のサラリーマン人生にどんな影響を与えたのか? 出演陣との関係性や番組成功の裏側にも迫る!

ケラリーノ・サンドロヴィッチ
【働きビト】Vol.13 演劇界の鬼才ケラリーノ・サンドロヴィッチの作品作りの源泉

ドラマ『怪奇恋愛作戦』(テレビ東京系)で、連ドラのシリーズ監督に初挑戦するケラリーノ・サンドロヴィッチ。52歳にして新たな試みに挑む彼の、長年に渡り第一線で活躍し続ける仕事への向き合い方とは…?

豊川悦司
【働きビト】Vol.12 豊川悦司が語る、過酷すぎる山岳ロケの裏舞台

俳優・豊川悦司が、木村大作監督の最新作『春を背負って』撮影のため、1ヶ月半に及ぶ過酷な山岳ロケに参加。壮大な立山連峰に響きわたる、木村監督の「バカヤロウ」の怒号に、ベテラン俳優が感じたものとは?

大泉洋
【働きビト】Vol.11 大泉洋の仕事論「どんなにボロボロでも続ける美学」

北海道のローカルタレントからスタートし、今や年に何本も主演作が公開されるなど、押しも押されもせぬ人気俳優となった大泉洋が登場! 主演作の映画『青天の霹靂』の撮影秘話や、役者を「辞める覚悟はできている」という仕事への覚悟まで、大泉らしい役者論を語りつくす。