ORICON キャリア

現在地:オリコンキャリア>転職・派遣関連ニュース

2010年05月28日 07時00分

松本潤が月9初主演!!竹内結子演じる“訳あり年上美女”との恋物語

■その他の写真ニュースはこちら

 人気グループ・松本潤が、7月スタートの新“月9”ドラマ『夏の恋は虹色に輝く』(フジテレビ系 月曜・午後9時)で、同局連続ドラマ初出演にして、“月9”初主演を果たすことが27日、わかった。ヒロイン役は女優・竹内結子が務め、年上の訳あり美女に恋をする、売れない二世俳優を演じる。松本は「小さい頃から見てきた、フジテレビ『月9』ドラマに出演させて頂くこと、とても光栄に思っています。同時にプレッシャーもありますが、自分に出来ることを探して頑張りたいと思います」と初の“月9”主演への想いを明かした。

 1月に放送された嵐主演の新春ドラマスペシャル『最後の約束』(同局系)や、4月に3夜連続で放送の同局50周年記念特別企画『わが家の歴史』での好演も記憶に新しい松本が、同局の看板ドラマ枠・月9でついに初主演。ヒロイン役には、『ランチの女王』『プライド』『不機嫌なジーン』『薔薇のない花屋』(いずれも同局系)など、月9ドラマ常連とも言える竹内が起用される。

 松本演じる主人公・大雅は、大物俳優を父に持ち、自身は二世俳優だが、人気を得られず、コンプレックスを抱えている。“親の七光り”と揶揄されるのを嫌い、自分の見え方を気にするあまり、頭でっかちで理屈っぽい大雅が、竹内演じる悩みなど笑って吹き飛ばす快活な女性・詩織と邂逅。戸惑いながらも恋に、仕事に、情熱を傾ける姿を等身大で描いていく、夏らしい爽快なラブストーリーとなる。

 ヒロイン役の竹内は「ご挨拶の際に感じた松本さんの真摯な姿勢と頼もしさに私もついて行こうと思いました。初めての共演をとても楽しみにしています」松本の印象を語り、さらに「大森(美香)さんのオリジナル脚本がどのような展開になっていくのか期待が膨らみます」と期待を寄せている。

 対する松本も共演する竹内について「竹内さんはとても多才な女優さんだと思います。ご一緒させて頂くのを、心から楽しみにしています!」とコメント。さらに「全スタッフで、この夏一番ドキドキわくわくするラブストーリーを皆さんにお届けできればと思います!」と初の月9主演への高い意欲を覗かせている。

 同作の三竿玲子プロデューサーは「大雅は頭でっかちで理屈っぽいところがありますが、本当は小心者。圧倒的なかっこよさと女心をくすぐるかわいらしさをお持ちの松本さんに演じていただけば、視聴者の皆さんが毎週応援したくなるとても愛すべきキャラクターになると思いました」と松本の起用理由を語る。また、竹内については「詩織は、とにかく明るく元気で、大雑把なところもありますが、地に足がついている大人の女性。美しさの中にかわいさもあって、しっかり自分をもっていらっしゃる、女性からの人気も高い竹内さんにお願いしたいと思いました」と明かしている。

 主人公・大雅(松本)は、日本を代表する名優・楠航太郎の次男として生まれ、父と同じ俳優の道を選ぶことに。しかし、大雅に俳優としての仕事はまったくと言っていいほどなく、主な仕事は二世タレントとしてのバラエティ出演ばかり。小さい時から“親の七光り”と揶揄され、自分のアイデンティティは奪われたと嘆いている。頭でっかちで理屈っぽい性格も災いして付き合った女性の箸の持ち方までが気になってしまい、恋愛も長続きしない。そんなある日、同じく二世俳優である友達の慶太と趣味のスカイダイビングに出かけると、突然パラシュートのコントロールがきかなくなり、大雅だけドロップポイントから大きく外れて流されてしまう。雑木林に落ちて大木に引っかかり宙吊りなり、困っていると、そこへある美しい女性(竹内)が颯爽と現れる。


◆関連ニュース ドラマフジテレビジャニーズ


★編集部が選んだ月間ニュースランキングで旬の話題をチェック!  

オリコン日本顧客満足度ランキング 自動車保険

オリコン日本顧客満足度ランキング 英会話スクール

英会話スクール/英会話教室ランキング

キャリア特集 一覧

【働きビト】Vol.16 長澤まさみ“頑張りすぎない”働き方のルール
【働きビト】Vol.16 長澤まさみ“頑張りすぎない”働き方のルール

女優の長澤まさみが、映画『アイアムアヒーロー』で念願のアクションに挑戦。撮影の裏側はもちろん、デビュー17年目を迎えた今いい意味で「なるべく適当に」が自分ルールになっているという、彼女の“仕事との向き合い方”にも迫った! 

【働きビト】Vol.15 アミューズの“落ちこぼれ劇団”10周年の決意
【働きビト】Vol.15 アミューズの“落ちこぼれ劇団”10周年の決意

赤字になったら即解散という厳しいルールの元、活動する大手事務所・アミューズの“落ちこぼれ”演劇集団・劇団プレステージ。暗黒時代を味わったメンバーが語る、地道にキャリアを積むことの強み。そして、節目に思う新たな危機感とは?

嬉野雅道
【働きビト】Vol.14 嬉野雅道、『水曜どう』に出会って感じた仕事のおもしろさ

北海道発の人気ローカル番組『水曜どうでしょう』のカメラ担当ディレクター・嬉野雅道。御年56歳、『どうでしょう』との出会いは、一介のサラリーマン人生にどんな影響を与えたのか? 出演陣との関係性や番組成功の裏側にも迫る!

ケラリーノ・サンドロヴィッチ
【働きビト】Vol.13 演劇界の鬼才ケラリーノ・サンドロヴィッチの作品作りの源泉

ドラマ『怪奇恋愛作戦』(テレビ東京系)で、連ドラのシリーズ監督に初挑戦するケラリーノ・サンドロヴィッチ。52歳にして新たな試みに挑む彼の、長年に渡り第一線で活躍し続ける仕事への向き合い方とは…?

豊川悦司
【働きビト】Vol.12 豊川悦司が語る、過酷すぎる山岳ロケの裏舞台

俳優・豊川悦司が、木村大作監督の最新作『春を背負って』撮影のため、1ヶ月半に及ぶ過酷な山岳ロケに参加。壮大な立山連峰に響きわたる、木村監督の「バカヤロウ」の怒号に、ベテラン俳優が感じたものとは?

大泉洋
【働きビト】Vol.11 大泉洋の仕事論「どんなにボロボロでも続ける美学」

北海道のローカルタレントからスタートし、今や年に何本も主演作が公開されるなど、押しも押されもせぬ人気俳優となった大泉洋が登場! 主演作の映画『青天の霹靂』の撮影秘話や、役者を「辞める覚悟はできている」という仕事への覚悟まで、大泉らしい役者論を語りつくす。