ORICON キャリア

現在地:オリコンキャリア>転職・派遣関連ニュース

2010年05月27日 07時00分
今年の26時間テレビに出演するヘキサゴンファミリー (C)フジテレビジョン 

フジ26時間テレビ、2年連続で島田紳助が司会

■その他の写真ニュースはこちら

 お笑いタレント・島田紳助が、昨年に引き続き、2年連続で『FNSの日26時間テレビ(仮)』(フジテレビ系 7月24日・午後7時)の総合司会を務めることが26日、わかった。こちらも昨年と同様、ヘキサゴンファミリーと共に“絆〜超!笑顔と感動〜”をテーマに、人と人との絆を描きながら、お腹の底から笑える企画を生放送。紳助は「我々は26時間“無駄なこと”をたくさんやっていきます。しかし、その無駄な中に感動がある。人生というのは無駄な毎日の連続で、その中で一生懸命やるときっとそこには、感動があるんだと思います」と自身の想いを明かしている。

 タレント・上地雄輔つるの剛士里田まいスザンヌ木下優樹菜南明奈misono、お笑いコンビ・FUJIWARA品川庄司アンガールズら人気タレントを擁し、CDデビューも相次いでいる“ヘキサゴンファミリー”。昨年の同番組では“笑顔と感動”をテーマに“12時間耐久三輪車レース”や“イカダマラソン”などに挑戦。エンディングではテーマソング「泣いてもいいですか」を合唱し、感動のフィナーレを迎えた。今年は、“絆〜超!笑顔と感動〜”をテーマに昨年以上の笑いと感動を届ける。

 目玉企画としては、昨年好評を博した企画“12時間耐久三輪車レース”を今年も開催。4名のドライバーと監督1名がチームを組み、12時間でどれだけの距離を走れるのかを競う。昨年ヘキサゴンチームは、29チーム中7位という好成績を残したが、今回は更なる記録更新に挑む。

 また、タレント・山田親太朗、番組のオーディション出身の松岡卓弥、新選組リアンのリーダー森公平によるユニット・サーターアンダギーが全国各地でイベントを開催。『26時間テレビ』のテーマソング「僕らには翼がある〜大空へ〜(仮)」(7月14日発売)を各会場の観客と共に熱唱する。全国各地の観客の歌声を集め、出演者全員の声とミックスしてエンディングで合唱するという。

 同局の神原孝総合プロデューサーは、「2年連続で総合司会を島田紳助さんにやっていただけることとなり、昨年をどうやって越えていくかが大きなテーマになりました。しかし、自分たちが今、一番みたいモノ、やりたい事。だからこそ、力一杯取り組んでいけば、面白くなるに決まっています」と昨年を上回る内容にすることを宣言。

 紳助も「12時間耐久三輪車レースと、ある“挑戦したいこと”を今年実現出来るのであれば、ぜひやりたいと思い、お引き受けしました。ともかく26時間ずっと見てください。ひとつの流れを作って26時間見ていただいた方がより感動できるものになります」と詳細は明かしていないものの、極秘プランも用意しているようで、その内容にも注目が集まりそうだ。


 羞恥心Paboつるの剛士羞-shu-(つるの剛士)遊助小島よしお矢口真里里田まい with 合田家族里田まい with 藤岡藤巻misono大沢あかねアテナ(唄:辻希美)


★編集部が選んだ月間ニュースランキングで旬の話題をチェック!  

オリコン日本顧客満足度ランキング 自動車保険

オリコン日本顧客満足度ランキング 英会話スクール

英会話スクール/英会話教室ランキング

キャリア特集 一覧

【働きビト】Vol.16 長澤まさみ“頑張りすぎない”働き方のルール
【働きビト】Vol.16 長澤まさみ“頑張りすぎない”働き方のルール

女優の長澤まさみが、映画『アイアムアヒーロー』で念願のアクションに挑戦。撮影の裏側はもちろん、デビュー17年目を迎えた今いい意味で「なるべく適当に」が自分ルールになっているという、彼女の“仕事との向き合い方”にも迫った! 

【働きビト】Vol.15 アミューズの“落ちこぼれ劇団”10周年の決意
【働きビト】Vol.15 アミューズの“落ちこぼれ劇団”10周年の決意

赤字になったら即解散という厳しいルールの元、活動する大手事務所・アミューズの“落ちこぼれ”演劇集団・劇団プレステージ。暗黒時代を味わったメンバーが語る、地道にキャリアを積むことの強み。そして、節目に思う新たな危機感とは?

嬉野雅道
【働きビト】Vol.14 嬉野雅道、『水曜どう』に出会って感じた仕事のおもしろさ

北海道発の人気ローカル番組『水曜どうでしょう』のカメラ担当ディレクター・嬉野雅道。御年56歳、『どうでしょう』との出会いは、一介のサラリーマン人生にどんな影響を与えたのか? 出演陣との関係性や番組成功の裏側にも迫る!

ケラリーノ・サンドロヴィッチ
【働きビト】Vol.13 演劇界の鬼才ケラリーノ・サンドロヴィッチの作品作りの源泉

ドラマ『怪奇恋愛作戦』(テレビ東京系)で、連ドラのシリーズ監督に初挑戦するケラリーノ・サンドロヴィッチ。52歳にして新たな試みに挑む彼の、長年に渡り第一線で活躍し続ける仕事への向き合い方とは…?

豊川悦司
【働きビト】Vol.12 豊川悦司が語る、過酷すぎる山岳ロケの裏舞台

俳優・豊川悦司が、木村大作監督の最新作『春を背負って』撮影のため、1ヶ月半に及ぶ過酷な山岳ロケに参加。壮大な立山連峰に響きわたる、木村監督の「バカヤロウ」の怒号に、ベテラン俳優が感じたものとは?

大泉洋
【働きビト】Vol.11 大泉洋の仕事論「どんなにボロボロでも続ける美学」

北海道のローカルタレントからスタートし、今や年に何本も主演作が公開されるなど、押しも押されもせぬ人気俳優となった大泉洋が登場! 主演作の映画『青天の霹靂』の撮影秘話や、役者を「辞める覚悟はできている」という仕事への覚悟まで、大泉らしい役者論を語りつくす。