ORICON キャリア

現在地:オリコンキャリア>転職・派遣関連ニュース

2010年05月19日 17時45分
松たか子 (C)ORICON DD inc. 
岡田将生 (C)ORICON DD inc. 
(左から)中島哲也監督、木村佳乃、松たか子、岡田将生、原作者の湊かなえ氏 (C)ORICON DD inc. 

松たか子、映画『告白』撮影中に原作者と同じタイミングで鼻血

■その他の写真ニュースはこちら

 女優の松たか子が19日、都内で行われた映画『告白』の完成記者会見で撮影中の鼻血体験を“告白”した。共演の岡田将生木村佳乃らと配布されたフリップにそれぞれの“衝撃の告白”を記入。松は「出血II」と記すと「原作者の湊(かなえ)さんが、序盤の教室シーンの執筆中に鼻血を出されたみたいで。そしたら私も、同じシーンの撮影中に鼻血を出してしまったので“出血II”。あのシーンでは鼻血が出ますね」と顔を少し赤面させた。

 同作は、教師の森口(松)が、ある日のホームルームで突然、生徒たちの前でする衝撃の告白で始まる。立場や目線によって異なる登場人物それぞれの「告白」による予想外の展開の末、たどり着く衝撃的なラストが話題を呼び、昨年の『本屋大賞』を受賞した。

 見当違いな方向へ進む熱血教師“ウェルテル”を演じる岡田は「原作は前から読んでいたので、最初この話を聞いた時、“あっ中学生役だ!”と思ったら先生役でした」と初の教師役に挑戦。メガホンを執る中島哲也監督に対し「この若造を選んでくれて、ありがとうございます」と感謝を述べた。

 過保護で息子を断固疑わない母親役を演じる木村も出演依頼を即答。「監督に“どうして私に母親役を?”と尋ねたら“人を突き放したような顔をしている”と言われて。そんなこと言われたのは初めてだったので、びっくりしました」とキャスティング秘話を明かした。

 『下妻物語』『パコと魔法の絵本』などを送り出した中島監督は、今作について「嘘と真が交錯している。登場人物がいつも真実を語っているとは限らない。どこが嘘でどこが本当か、それを推理しながら観て頂ければ面白い」と説明。「(出演したら)決してイメージダウンにしかならない。好感度を気にしない、勇気ある俳優さんたちのおかげでできた映画です」とキャストを称賛していた。

 映画『告白』は、6月5日(土)より全国ロードショー。

【2010年公開 映画特集】
テレビ発“THE MOVIE”作品目白押し
やってきた? 音楽映画ブーム
洋画の注目作品が続々と公開

◆関連ニュース 最新映画情報インタビュー特集




 松たか子

 

オリコン日本顧客満足度ランキング 自動車保険

オリコン日本顧客満足度ランキング 英会話スクール

英会話スクール/英会話教室ランキング

キャリア特集 一覧

【働きビト】Vol.16 長澤まさみ“頑張りすぎない”働き方のルール
【働きビト】Vol.16 長澤まさみ“頑張りすぎない”働き方のルール

女優の長澤まさみが、映画『アイアムアヒーロー』で念願のアクションに挑戦。撮影の裏側はもちろん、デビュー17年目を迎えた今いい意味で「なるべく適当に」が自分ルールになっているという、彼女の“仕事との向き合い方”にも迫った! 

【働きビト】Vol.15 アミューズの“落ちこぼれ劇団”10周年の決意
【働きビト】Vol.15 アミューズの“落ちこぼれ劇団”10周年の決意

赤字になったら即解散という厳しいルールの元、活動する大手事務所・アミューズの“落ちこぼれ”演劇集団・劇団プレステージ。暗黒時代を味わったメンバーが語る、地道にキャリアを積むことの強み。そして、節目に思う新たな危機感とは?

嬉野雅道
【働きビト】Vol.14 嬉野雅道、『水曜どう』に出会って感じた仕事のおもしろさ

北海道発の人気ローカル番組『水曜どうでしょう』のカメラ担当ディレクター・嬉野雅道。御年56歳、『どうでしょう』との出会いは、一介のサラリーマン人生にどんな影響を与えたのか? 出演陣との関係性や番組成功の裏側にも迫る!

ケラリーノ・サンドロヴィッチ
【働きビト】Vol.13 演劇界の鬼才ケラリーノ・サンドロヴィッチの作品作りの源泉

ドラマ『怪奇恋愛作戦』(テレビ東京系)で、連ドラのシリーズ監督に初挑戦するケラリーノ・サンドロヴィッチ。52歳にして新たな試みに挑む彼の、長年に渡り第一線で活躍し続ける仕事への向き合い方とは…?

豊川悦司
【働きビト】Vol.12 豊川悦司が語る、過酷すぎる山岳ロケの裏舞台

俳優・豊川悦司が、木村大作監督の最新作『春を背負って』撮影のため、1ヶ月半に及ぶ過酷な山岳ロケに参加。壮大な立山連峰に響きわたる、木村監督の「バカヤロウ」の怒号に、ベテラン俳優が感じたものとは?

大泉洋
【働きビト】Vol.11 大泉洋の仕事論「どんなにボロボロでも続ける美学」

北海道のローカルタレントからスタートし、今や年に何本も主演作が公開されるなど、押しも押されもせぬ人気俳優となった大泉洋が登場! 主演作の映画『青天の霹靂』の撮影秘話や、役者を「辞める覚悟はできている」という仕事への覚悟まで、大泉らしい役者論を語りつくす。