ORICON キャリア

現在地:オリコンキャリア>転職・派遣関連ニュース

2010年04月28日 05時00分
(写真左より)大政絢、ユチョン 
新ドラマ『Beautiful Love〜君がいれば〜』のワンシーン 

東方神起ユチョン、日本ドラマ初主演は大政絢とのラブストーリー 主題歌はジュンス

■その他の写真ニュースはこちら

 活動休止中の人気グループ・東方神起のメンバー、ユチョンが日本ドラマデビューで初主演を飾る新ドラマの概要が27日、明らかになった。タイトルは『Beautiful Love〜君がいれば〜』で、6月4日よりBeeTVで配信開始。ユチョン演じるヨンスと恋仲に発展するヒロインを女優・大政絢が演じ、同メンバーでXIAH junsu名義でソロデビューしたジュンスが、書き下ろしのバラード曲「君がいれば〜Beautiful Love〜」を主題歌として提供する。ユチョンは「芝居の面白さを知りました。アーティストも役者もできる人になりたいという夢も出来ました。人生が変わった出逢いですよね!」と胸を躍らせ、「早く歌も歌いたいです」と本業再始動へも高い意欲をのぞかせている。

 連続ドラマ『素直になれなくて』(フジテレビ系)に出演中の同メンバー、ジェジュンに引き続き、日本でドラマ出演となるユチョンを、フレッシュなキャスト、主題歌が後押しする。日本語での初の本格的な演技は「正直不安でいっぱいだった」といい「本読みを何時間もして、翌日に備えました」と睡眠不足やプレッシャーのなか、役作りに没頭。今では「演技することが楽しくて、楽しくて。またやってみたい」と俳優業に新たな自分を見出した。

 同作は、韓国の財閥グループの御曹司ヨンス(ユチョン)と、小説家を夢見る雑誌ライター・日向(大政)が、偶然の出会いを機にぶつかり合いながら次第にお互いのことをわかり合っていくラブストーリー。ヨンスが抱える御曹司ゆえの孤独さに共感するユチョンは「ヨンスにとっての日向のように、今の僕には家族みたいなメンバーがいたり、ファンのみなさんがいたり、支えてくれる人がいるから幸せ」と同作を通じて“絆”を再確認している。

 「今までにない自分が出ている」とシンデレラストーリーを辿る日向役の大政は、ユチョンとの初共演に「初めから日本語で接して下さって、1日目から現場全体が和気あいあい」と息ピッタリだった撮影を報告。「ユチョンさんがいるからこそできてる、本当に新しいドラマになっていると思います」と期待をあおっている。

 主題歌「君がいれば〜Beautiful Love〜」(5月26日発売シングル「XIAH」に収録)を歌うジュンスは「ユチョンが出演していることもそうですが、ドラマの内容も素晴らしいので、僕の歌でドラマを盛り上げられるよう頑張りました」と親友のために一肌脱いだ。番組を盛り上げる挿入歌も同シングル収録の「Intoxication」が起用されている。

 新ドラマ『Beautiful Love〜君がいれば〜』は、携帯専用放送局BeeTVにて6月4日(金)より配信開始。全12話(毎週水曜日更新)。共演者はそのほか、姜暢雄、鶴田真由ら。

 

オリコン日本顧客満足度ランキング 自動車保険

オリコン日本顧客満足度ランキング 英会話スクール

英会話スクール/英会話教室ランキング

キャリア特集 一覧

【働きビト】Vol.16 長澤まさみ“頑張りすぎない”働き方のルール
【働きビト】Vol.16 長澤まさみ“頑張りすぎない”働き方のルール

女優の長澤まさみが、映画『アイアムアヒーロー』で念願のアクションに挑戦。撮影の裏側はもちろん、デビュー17年目を迎えた今いい意味で「なるべく適当に」が自分ルールになっているという、彼女の“仕事との向き合い方”にも迫った! 

【働きビト】Vol.15 アミューズの“落ちこぼれ劇団”10周年の決意
【働きビト】Vol.15 アミューズの“落ちこぼれ劇団”10周年の決意

赤字になったら即解散という厳しいルールの元、活動する大手事務所・アミューズの“落ちこぼれ”演劇集団・劇団プレステージ。暗黒時代を味わったメンバーが語る、地道にキャリアを積むことの強み。そして、節目に思う新たな危機感とは?

嬉野雅道
【働きビト】Vol.14 嬉野雅道、『水曜どう』に出会って感じた仕事のおもしろさ

北海道発の人気ローカル番組『水曜どうでしょう』のカメラ担当ディレクター・嬉野雅道。御年56歳、『どうでしょう』との出会いは、一介のサラリーマン人生にどんな影響を与えたのか? 出演陣との関係性や番組成功の裏側にも迫る!

ケラリーノ・サンドロヴィッチ
【働きビト】Vol.13 演劇界の鬼才ケラリーノ・サンドロヴィッチの作品作りの源泉

ドラマ『怪奇恋愛作戦』(テレビ東京系)で、連ドラのシリーズ監督に初挑戦するケラリーノ・サンドロヴィッチ。52歳にして新たな試みに挑む彼の、長年に渡り第一線で活躍し続ける仕事への向き合い方とは…?

豊川悦司
【働きビト】Vol.12 豊川悦司が語る、過酷すぎる山岳ロケの裏舞台

俳優・豊川悦司が、木村大作監督の最新作『春を背負って』撮影のため、1ヶ月半に及ぶ過酷な山岳ロケに参加。壮大な立山連峰に響きわたる、木村監督の「バカヤロウ」の怒号に、ベテラン俳優が感じたものとは?

大泉洋
【働きビト】Vol.11 大泉洋の仕事論「どんなにボロボロでも続ける美学」

北海道のローカルタレントからスタートし、今や年に何本も主演作が公開されるなど、押しも押されもせぬ人気俳優となった大泉洋が登場! 主演作の映画『青天の霹靂』の撮影秘話や、役者を「辞める覚悟はできている」という仕事への覚悟まで、大泉らしい役者論を語りつくす。