ORICON キャリア

現在地:オリコンキャリア>転職・派遣関連ニュース

2010年03月24日 19時30分
宮本笑里 (C)ORICON DD inc. 
お披露目会見の模様 (C)ORICON DD inc. 
生演奏を披露 (C)ORICON DD inc. 

美人バイオリニスト宮本笑里、キャスター初挑戦に「嬉しい反面不安」

■その他の写真はこちら

 美人バイオリニストの宮本笑里が24日、都内で日本テレビ系情報番組『NEWS ZERO』の新メンバーお披露目会見に出席した。歌舞伎俳優・市川海老蔵と結婚したキャスター・小林麻央と入れ替わりで“カルチャーキャスター”として来月1日より週1回、出演。キャスター業初挑戦の宮本は「嬉しい反面不安もあったが、新たな挑戦は音楽にも深みが増すと思っています」。現在は週1回、アナウンス学校に通って準備を進めているといい、メインで番組を仕切る村尾信尚からは「視聴者に対する誠意、誠実さは失ってはいけないし、それが大切ですね」とアドバイスを受けた。

 宮本は会見で「自分を振り返り“原点”を見つめたい」という想いを込めて作った新曲「ZERO」も演奏。「おしゃべりにも慣れていなくて皆さんに迷惑をかけるかもしれませんが、精一杯頑張りたい。小林さんからは、真摯に仕事をしている姿を見て見習わなければと思いました」と意気込んだ。

 キャスターとしての抱負は、堅くて敷居が高いイメージが持たれているというクラシック音楽を番組を通してより身近なものへとしていきたいことや、2月のバンクーバー五輪の目玉競技だったフィギュアスケート選手へのインタビューを熱望。「自分でも緊張すると筋肉に力が入ってしまうので、どこで力を抜きやっているのかを聞いてみたい」と本業に帰結する内容にも興味津々。

 また宮本同様に“異業種”からキャスターを務める女優の板谷由夏からは「この番組はスタッフが素晴らしいので、身を投げ出して飛び込めばいいと思う。私もゼロからいろんなことを教えていただき、支えてもらっていますからね」と優しい言葉でエールを送られていた。

 そのほか、会見には同局の鈴江奈々、鈴木崇司、松尾英里子、右松健太の各アナウンサーも出席して新体制に対する意気込みを語った。宮本の初出演は4月1日(木)より。以降、基本的に毎週火曜日に出演する。


 宮本笑里×solita

 

オリコン日本顧客満足度ランキング 自動車保険

オリコン日本顧客満足度ランキング 英会話スクール

英会話スクール/英会話教室ランキング

キャリア特集 一覧

【働きビト】Vol.16 長澤まさみ“頑張りすぎない”働き方のルール
【働きビト】Vol.16 長澤まさみ“頑張りすぎない”働き方のルール

女優の長澤まさみが、映画『アイアムアヒーロー』で念願のアクションに挑戦。撮影の裏側はもちろん、デビュー17年目を迎えた今いい意味で「なるべく適当に」が自分ルールになっているという、彼女の“仕事との向き合い方”にも迫った! 

【働きビト】Vol.15 アミューズの“落ちこぼれ劇団”10周年の決意
【働きビト】Vol.15 アミューズの“落ちこぼれ劇団”10周年の決意

赤字になったら即解散という厳しいルールの元、活動する大手事務所・アミューズの“落ちこぼれ”演劇集団・劇団プレステージ。暗黒時代を味わったメンバーが語る、地道にキャリアを積むことの強み。そして、節目に思う新たな危機感とは?

嬉野雅道
【働きビト】Vol.14 嬉野雅道、『水曜どう』に出会って感じた仕事のおもしろさ

北海道発の人気ローカル番組『水曜どうでしょう』のカメラ担当ディレクター・嬉野雅道。御年56歳、『どうでしょう』との出会いは、一介のサラリーマン人生にどんな影響を与えたのか? 出演陣との関係性や番組成功の裏側にも迫る!

ケラリーノ・サンドロヴィッチ
【働きビト】Vol.13 演劇界の鬼才ケラリーノ・サンドロヴィッチの作品作りの源泉

ドラマ『怪奇恋愛作戦』(テレビ東京系)で、連ドラのシリーズ監督に初挑戦するケラリーノ・サンドロヴィッチ。52歳にして新たな試みに挑む彼の、長年に渡り第一線で活躍し続ける仕事への向き合い方とは…?

豊川悦司
【働きビト】Vol.12 豊川悦司が語る、過酷すぎる山岳ロケの裏舞台

俳優・豊川悦司が、木村大作監督の最新作『春を背負って』撮影のため、1ヶ月半に及ぶ過酷な山岳ロケに参加。壮大な立山連峰に響きわたる、木村監督の「バカヤロウ」の怒号に、ベテラン俳優が感じたものとは?

大泉洋
【働きビト】Vol.11 大泉洋の仕事論「どんなにボロボロでも続ける美学」

北海道のローカルタレントからスタートし、今や年に何本も主演作が公開されるなど、押しも押されもせぬ人気俳優となった大泉洋が登場! 主演作の映画『青天の霹靂』の撮影秘話や、役者を「辞める覚悟はできている」という仕事への覚悟まで、大泉らしい役者論を語りつくす。