ORICON キャリア

現在地:オリコンキャリア>転職・派遣関連ニュース

2010年03月19日 20時00分
芸術選奨の賞状と賞金を受け取る西川美和監督(C)ORICON DD inc. 
細田守監督(C)ORICON DD inc. 
平成21年度の芸術選奨受賞者(C)ORICON DD inc. 

平成21年度(第60回)芸術選奨授賞式 西川美和監督、細田守監督が喜びのコメント

■そのほかの最新写真ニュース一覧はこちら

 文化庁が主催する、文化・芸術の分野でその年に際立った業績を上げ、新生面を開いた者を顕彰する平成21年度(第60回)芸術選奨の授賞式が19日、同庁で行われ、受賞した文部科学大臣賞19人、文部科学大臣新人賞11人が出席した(代理人出席3人を含む)。授賞式後、文部科学大臣新人賞を受賞した西川美和監督(映画部門)と細田守監督(メディア芸術部門)がORICON STYLEの取材に応じ、受賞の喜びと今後の抱負を語った。

 西川監督は映画賞も総なめにした映画『ディア・ドクター』で「原作に頼りがちな現在の日本映画状況にあって貴重な才能であり、同時に生み出された作品の質の高さは特筆に値する」と評価された。

 「芸術をやっている意識はなかったので、さまざまな芸術の担い手たちと自分が一緒に並んでいいものか、身が引き締まる思い」と西川監督は謙虚に受け止めながら、「映画文化が芸術の1つのジャンルであり続けられるように尽力したい。私は、自分で物語を作るのが一番面白いと思っているので、自分の作った物語は最後まで責任を持って映画を作っていきたい」と抱負を語った。早くも次回作に向けて、リサーチを開始しているという。

 細田監督は、長編アニメーション映画『サマーウォーズ』が「群像ドラマとしての内容が豊か」と評価され、「日本のアニメの分野を代表する新しい顔になりつつある」と平成20年度に新設されたメディア芸術部門の文部科学大臣新人賞を受賞した。

 「メディアアートのみならず、新しい領域の芸術活動がたくさんある中で、『サマーウォーズ』のスタッフ、キャストを代表して受賞できたことをたいへん光栄に思います」と細田監督は笑顔。前作『時をかける少女』から第2作『サマーウォーズ』で作品世界をさらに広げ、「次回作の担保になるものは何もありませんが、新しい企画を考えて、またみんなで作品を作っていきます」と意欲を見せた。

 

オリコン日本顧客満足度ランキング 自動車保険

オリコン日本顧客満足度ランキング 英会話スクール

英会話スクール/英会話教室ランキング

キャリア特集 一覧

【働きビト】Vol.16 長澤まさみ“頑張りすぎない”働き方のルール
【働きビト】Vol.16 長澤まさみ“頑張りすぎない”働き方のルール

女優の長澤まさみが、映画『アイアムアヒーロー』で念願のアクションに挑戦。撮影の裏側はもちろん、デビュー17年目を迎えた今いい意味で「なるべく適当に」が自分ルールになっているという、彼女の“仕事との向き合い方”にも迫った! 

【働きビト】Vol.15 アミューズの“落ちこぼれ劇団”10周年の決意
【働きビト】Vol.15 アミューズの“落ちこぼれ劇団”10周年の決意

赤字になったら即解散という厳しいルールの元、活動する大手事務所・アミューズの“落ちこぼれ”演劇集団・劇団プレステージ。暗黒時代を味わったメンバーが語る、地道にキャリアを積むことの強み。そして、節目に思う新たな危機感とは?

嬉野雅道
【働きビト】Vol.14 嬉野雅道、『水曜どう』に出会って感じた仕事のおもしろさ

北海道発の人気ローカル番組『水曜どうでしょう』のカメラ担当ディレクター・嬉野雅道。御年56歳、『どうでしょう』との出会いは、一介のサラリーマン人生にどんな影響を与えたのか? 出演陣との関係性や番組成功の裏側にも迫る!

ケラリーノ・サンドロヴィッチ
【働きビト】Vol.13 演劇界の鬼才ケラリーノ・サンドロヴィッチの作品作りの源泉

ドラマ『怪奇恋愛作戦』(テレビ東京系)で、連ドラのシリーズ監督に初挑戦するケラリーノ・サンドロヴィッチ。52歳にして新たな試みに挑む彼の、長年に渡り第一線で活躍し続ける仕事への向き合い方とは…?

豊川悦司
【働きビト】Vol.12 豊川悦司が語る、過酷すぎる山岳ロケの裏舞台

俳優・豊川悦司が、木村大作監督の最新作『春を背負って』撮影のため、1ヶ月半に及ぶ過酷な山岳ロケに参加。壮大な立山連峰に響きわたる、木村監督の「バカヤロウ」の怒号に、ベテラン俳優が感じたものとは?

大泉洋
【働きビト】Vol.11 大泉洋の仕事論「どんなにボロボロでも続ける美学」

北海道のローカルタレントからスタートし、今や年に何本も主演作が公開されるなど、押しも押されもせぬ人気俳優となった大泉洋が登場! 主演作の映画『青天の霹靂』の撮影秘話や、役者を「辞める覚悟はできている」という仕事への覚悟まで、大泉らしい役者論を語りつくす。