ORICON キャリア

現在地:オリコンキャリア>転職・派遣関連ニュース

2010年03月04日 19時10分
人気漫画『花より男子』の作者・神尾葉子氏から似顔絵を贈られご満悦の佐々木希 (C)ORICON DD inc. 
銀のティアラ賞 受賞者の加藤文月さん(左)、松岡とも子さん(右)と佐々木希 (C)ORICON DD inc. 

佐々木希、“花男”作家からの似顔絵に感激 「寝室に飾ります」

■その他の写真ニュースはこちら

 モデルで女優の佐々木希が4日、都内で行われた集英社8誌合同少女・女性まんが新人グランプリ『第3回 金のティアラ大賞』の贈賞式に出席した。同賞の応援キャラクターを務めた佐々木は、イベント後に『花より男子』などで人気の漫画家・神尾葉子氏が描いた自身の似顔絵を贈られると「すごーい! あんなに有名な方に描いてもらえるなんて。私よりぜんぜん可愛く描いてもらって嬉しい。いつも見られる寝室に飾ります」と感激の面持ち。また好みのタイプの漫画キャラクターについて「『NANA』だったら、ノブみたいなタイプが好きです」と笑顔で語った。

 少女漫画の未来の担い手を広く募集することを目的に、集英社の『りぼん』、『マーガレット』、『別冊マーガレット』、『デラックスマーガレット』、『ザ マーガレット』、『クッキー』、『コーラス』、『YOU』の8誌合同の賞として2007年に設立された同賞。361本の応募作品のなかから13編の最終候補作が絞られ、秋本治氏、一条ゆかり氏、神尾葉子氏ら審査員の選考を経て、受賞11作品が決定した。なお「金のティアラ賞」は該当者なしという結果になった。

 応援キャラクターとして受賞者一人ひとりに花束を手渡した佐々木は、「すごい緊張感で私までドキドキしました。自分がオーディションに出ていた時を思い出しました」と当時を振り返った。また昔から少女漫画を愛読してきたといい、「恋愛観とか憧れました。小学生のときから見ているし、手を繋いだりとか私もしてみたいなって思ったり。参考にしたのは公園でデートとか。漫画で見たシチュエーションどおりにできた」と甘酸っぱい思い出を明かし、照れ笑いを浮かべていた。

以下は『第3回 金のティアラ大賞』受賞作品

<金のティアラ賞>
該当作品なし
<銀のティアラ賞>
『ハピベジ』松岡とも子、『きもちみつめて』加藤文月
<銅賞>
『少年関係』石井モモ子、『オタってコスってカオス』飛鳥田みか
<特別賞>
りぼん賞:『ぼくらは空を知らない』杉野めぐり、『君が好きだぜ愛羅武勇』牧田ゆうこ
マーガレット賞:『卒業 ―4文字―』咲良
別冊マーガレット賞:『月衣にのせて』渡まかな
クッキー賞:『マリオネ』汐泉真由美
コーラス賞:『99年のフレディ』大城マリエ
YOU賞:『へんシール』星山ユキ

◆関連ニュース モデル

 

オリコン日本顧客満足度ランキング 自動車保険

オリコン日本顧客満足度ランキング 英会話スクール

英会話スクール/英会話教室ランキング

キャリア特集 一覧

【働きビト】Vol.16 長澤まさみ“頑張りすぎない”働き方のルール
【働きビト】Vol.16 長澤まさみ“頑張りすぎない”働き方のルール

女優の長澤まさみが、映画『アイアムアヒーロー』で念願のアクションに挑戦。撮影の裏側はもちろん、デビュー17年目を迎えた今いい意味で「なるべく適当に」が自分ルールになっているという、彼女の“仕事との向き合い方”にも迫った! 

【働きビト】Vol.15 アミューズの“落ちこぼれ劇団”10周年の決意
【働きビト】Vol.15 アミューズの“落ちこぼれ劇団”10周年の決意

赤字になったら即解散という厳しいルールの元、活動する大手事務所・アミューズの“落ちこぼれ”演劇集団・劇団プレステージ。暗黒時代を味わったメンバーが語る、地道にキャリアを積むことの強み。そして、節目に思う新たな危機感とは?

嬉野雅道
【働きビト】Vol.14 嬉野雅道、『水曜どう』に出会って感じた仕事のおもしろさ

北海道発の人気ローカル番組『水曜どうでしょう』のカメラ担当ディレクター・嬉野雅道。御年56歳、『どうでしょう』との出会いは、一介のサラリーマン人生にどんな影響を与えたのか? 出演陣との関係性や番組成功の裏側にも迫る!

ケラリーノ・サンドロヴィッチ
【働きビト】Vol.13 演劇界の鬼才ケラリーノ・サンドロヴィッチの作品作りの源泉

ドラマ『怪奇恋愛作戦』(テレビ東京系)で、連ドラのシリーズ監督に初挑戦するケラリーノ・サンドロヴィッチ。52歳にして新たな試みに挑む彼の、長年に渡り第一線で活躍し続ける仕事への向き合い方とは…?

豊川悦司
【働きビト】Vol.12 豊川悦司が語る、過酷すぎる山岳ロケの裏舞台

俳優・豊川悦司が、木村大作監督の最新作『春を背負って』撮影のため、1ヶ月半に及ぶ過酷な山岳ロケに参加。壮大な立山連峰に響きわたる、木村監督の「バカヤロウ」の怒号に、ベテラン俳優が感じたものとは?

大泉洋
【働きビト】Vol.11 大泉洋の仕事論「どんなにボロボロでも続ける美学」

北海道のローカルタレントからスタートし、今や年に何本も主演作が公開されるなど、押しも押されもせぬ人気俳優となった大泉洋が登場! 主演作の映画『青天の霹靂』の撮影秘話や、役者を「辞める覚悟はできている」という仕事への覚悟まで、大泉らしい役者論を語りつくす。