ORICON キャリア

現在地:オリコンキャリア>転職・派遣関連ニュース

2010年02月25日 16時40分
井上真央 (C)ORICON DD inc. 
ジョナサン・シェア (C)ORICON DD inc. 
(左から)原作者の小栗左多里氏、原作者の夫で“本物のダーリン”のトニー・ラズロ氏、井上真央、ジョナサン・シェア、宇恵和昭監督 (C)ORICON DD inc. 

井上真央が浅田真央にエール 「金メダルを信じてる!」

■そのほかの最新写真ニュース一覧はこちら

 女優の井上真央が25日、都内で行われた映画『ダーリンは外国人』の完成披露記者会見に出席した。名前が同じ“真央”ということで、26日にバンクーバー五輪フィギュアスケート女子フリーに臨む浅田真央選手へのエールを報道陣から求められた井上は、「真央ちゃんは昔から応援していて、スケートリンクに行って観させてもらって会ったこともある。今日の夜の完成披露試写会の舞台あいさつも緊張するけど、それより明日のフリーの方が気になるというか…」と笑いを誘いつつ、「真央ちゃんなら絶対金メダルを取ってくれると信じてます!」と期待を込めた。

 シリーズ4作品累計で250万部(2010年1月末現在)を超えるロングセラーとなっている小栗左多里氏の人気コミックエッセイを映画化した同作は、ふとしたことから出会った漫画家を目指すイラストレーター・さおりと語学オタクのアメリカ人・トニーが、国際結婚のハッピーエンドを迎えることができるのかをほのぼのした日常とともに描く。小栗氏は「2002年に8000部でスタートした漫画がこんなにたくさんの人に読んでもらって、たくさんの人の手によって映画化していただいて感謝しています」と感慨深げに語り、自身を演じるのが井上に決まった際は「私の役が真央ちゃんって決まったときは周りからのブーイングがすごかったけど、『何か?』という姿勢でいましたね」と振り返っていた。

 劇中で実際にイラストを描くシーンを「小栗先生にイラストを直々に教わって描いているので、そこをみてほしいです」と見どころを語った井上に、トニー氏は「お姉さんと話したあと、机に向かって漫画を描き始めるシーンは左多里そのままだった」と太鼓判。小栗氏からも「最初に指導に行ったアシスタントから『私よりうまいんですけど、どうしたらいいですか』ってメールがきたくらい。今漫画界にスカウトしているんです」とお墨付きをもらった井上は、「いつでも迎え入れてくれるみたいなので、(女優業が)困ったときには小栗先生のところにいこうかなと思いました」と冗談交じりに語った。

 また井上は、バンクーバー五輪女子フィギュアへの国民の関心の高さに「今テレビをつけると“真央ちゃん、真央ちゃん”っていうからつい反応しちゃう」と苦笑いしつつ、24日(現地23日)に行われたショートプログラムの演技も「ハラハラドキドキして観てました!」と興奮を隠せない。トニー氏から「“真央の会”はあるの?」と突っ込まれると「真央会か…実現したらぜひやりたいですね」とまんざらでもない様子だった。

 会見にはほかにジョナサン・シェア、宇恵和昭監督が出席。映画『ダーリンは外国人』は4月10日(土)より全国で公開。

◆あの有名人のダーリンも外国人 関連ニュースをチェック!
寺島しのぶ井上晴美阿部美穂子後藤久美子

【2010年公開 映画特集】
テレビ発“THE MOVIE”作品目白押し
やってきた? 音楽映画ブーム
洋画の注目作品が続々と公開

◆「映画」関連インタビュー バックナンバー Vol.1Vol.2

 

オリコン日本顧客満足度ランキング 自動車保険

オリコン日本顧客満足度ランキング 英会話スクール

英会話スクール/英会話教室ランキング

キャリア特集 一覧

【働きビト】Vol.16 長澤まさみ“頑張りすぎない”働き方のルール
【働きビト】Vol.16 長澤まさみ“頑張りすぎない”働き方のルール

女優の長澤まさみが、映画『アイアムアヒーロー』で念願のアクションに挑戦。撮影の裏側はもちろん、デビュー17年目を迎えた今いい意味で「なるべく適当に」が自分ルールになっているという、彼女の“仕事との向き合い方”にも迫った! 

【働きビト】Vol.15 アミューズの“落ちこぼれ劇団”10周年の決意
【働きビト】Vol.15 アミューズの“落ちこぼれ劇団”10周年の決意

赤字になったら即解散という厳しいルールの元、活動する大手事務所・アミューズの“落ちこぼれ”演劇集団・劇団プレステージ。暗黒時代を味わったメンバーが語る、地道にキャリアを積むことの強み。そして、節目に思う新たな危機感とは?

嬉野雅道
【働きビト】Vol.14 嬉野雅道、『水曜どう』に出会って感じた仕事のおもしろさ

北海道発の人気ローカル番組『水曜どうでしょう』のカメラ担当ディレクター・嬉野雅道。御年56歳、『どうでしょう』との出会いは、一介のサラリーマン人生にどんな影響を与えたのか? 出演陣との関係性や番組成功の裏側にも迫る!

ケラリーノ・サンドロヴィッチ
【働きビト】Vol.13 演劇界の鬼才ケラリーノ・サンドロヴィッチの作品作りの源泉

ドラマ『怪奇恋愛作戦』(テレビ東京系)で、連ドラのシリーズ監督に初挑戦するケラリーノ・サンドロヴィッチ。52歳にして新たな試みに挑む彼の、長年に渡り第一線で活躍し続ける仕事への向き合い方とは…?

豊川悦司
【働きビト】Vol.12 豊川悦司が語る、過酷すぎる山岳ロケの裏舞台

俳優・豊川悦司が、木村大作監督の最新作『春を背負って』撮影のため、1ヶ月半に及ぶ過酷な山岳ロケに参加。壮大な立山連峰に響きわたる、木村監督の「バカヤロウ」の怒号に、ベテラン俳優が感じたものとは?

大泉洋
【働きビト】Vol.11 大泉洋の仕事論「どんなにボロボロでも続ける美学」

北海道のローカルタレントからスタートし、今や年に何本も主演作が公開されるなど、押しも押されもせぬ人気俳優となった大泉洋が登場! 主演作の映画『青天の霹靂』の撮影秘話や、役者を「辞める覚悟はできている」という仕事への覚悟まで、大泉らしい役者論を語りつくす。