ORICON キャリア

現在地:オリコンキャリア>転職・派遣関連ニュース

2010年02月23日 21時00分
あべこうじ (C)ORICON DD inc. 

『R-1ぐらんぷり』あべこうじが初優勝 ピン芸人日本一に男泣き「やっとここまで…」

■そのほかの最新写真ニュース一覧はこちら

 毎年恒例の“一人話芸”日本一決定戦『R-1ぐらんぷり2010』決勝戦が23日、東京・台場のフジテレビであり、ピン芸人・あべこうじが悲願の初優勝。今年から初めて上位3名によるファイナルステージが設けられ、なだぎ武(ザ・プラン9)、エハラマサヒロ、あべの3名が最終決戦に臨み、あべがピン芸人No.1の称号と賞金500万円を獲得。優勝が決まった瞬間、たまらず男泣きしたあべは「やっとここまで…」と声をしぼりだした。

 2002年にスタートし、今年で8回目を迎えた“ピン芸”の祭典には過去最多の3539人がエントリー。準決勝からストレートに勝ち抜いたバカリズムいとうあさこ、グラップラーたかし、川島明麒麟)、我人祥太、なだぎ武(ザ・プラン9)、エハラマサヒロ、あべこうじの8名と、21日に行われたサバイバルステージ(敗者復活戦)を勝ち抜いたCOWCOW山田與志の9名で決勝戦が争われた。

 今年は、2008年に史上初の2連覇を達成するも昨年は仕事の都合で不参加だったなだぎの返り咲き、ここ3年連続で決勝に駒を進めながら涙をのんでいる山田、あべ両名の執念、同じく2年連続のエハラとバカリズムなどいずれ劣らぬ強豪が決勝に駒を進め、さらに初出場が4名と注目度の高い大会となった。

 司会は雨上がり決死隊が7年連続、優香が3年連続で担当し、審査員は桂三枝、高田純次、大平サブロー、清水ミチコ、ラサール石井、板尾創路、伊東四朗が務めた。ネタ時間は4分、今年から初めて上位3名によるファイナルステージも設けられ、最終決戦ではあべが審査員6票を集めて優勝。唯一、板尾だけがエハラに票を入れ、なだぎはまさかの0票となった。

 お笑いに興味がある10〜40代の男女966名を対象にORICON STYLEが行った事前予想では、なだぎ(47.8%)とバカリズム(44.2%)の2名が圧倒的な支持を得ていた。決勝の模様は、同日午後7時より関西テレビ・フジテレビ系全国ネットで生放送された。

【決勝戦順位】
得点 決勝出場回数(所属事務所 ※よしもとクリエイティブ・エージェンシー)

■1st Round
1.なだぎ武(ザ・プラン9) 661点=2年ぶり3回目(※)
2.あべこうじ 658点=3年連続6回目(※)
3.エハラマサヒロ 655点=2年連続2回目(※)
4.川島明(麒麟) 645点=初出場(※)
5.いとうあさこ 641点=初出場(マセキ芸能社)
6.グラップラーたかし 639点=初出場(トップ・カラー)
7.バカリズム 630点=2年連続4回目(マセキ芸能社)
8.我人祥太 628点=初出場(ワタナベエンターテインメント)
9.COWCOW山田與志(敗者復活) 627点=3年連続3回目(※)

■ファイナルステージ
1.あべこうじ(審査員6票)
2.エハラマサヒロ(審査員1票)
3.なだぎ武(審査員0票)

◆過去の「R-1」王者をチェック!
 2009年2008年2007年

 

オリコン日本顧客満足度ランキング 自動車保険

オリコン日本顧客満足度ランキング 英会話スクール

英会話スクール/英会話教室ランキング

キャリア特集 一覧

【働きビト】Vol.16 長澤まさみ“頑張りすぎない”働き方のルール
【働きビト】Vol.16 長澤まさみ“頑張りすぎない”働き方のルール

女優の長澤まさみが、映画『アイアムアヒーロー』で念願のアクションに挑戦。撮影の裏側はもちろん、デビュー17年目を迎えた今いい意味で「なるべく適当に」が自分ルールになっているという、彼女の“仕事との向き合い方”にも迫った! 

【働きビト】Vol.15 アミューズの“落ちこぼれ劇団”10周年の決意
【働きビト】Vol.15 アミューズの“落ちこぼれ劇団”10周年の決意

赤字になったら即解散という厳しいルールの元、活動する大手事務所・アミューズの“落ちこぼれ”演劇集団・劇団プレステージ。暗黒時代を味わったメンバーが語る、地道にキャリアを積むことの強み。そして、節目に思う新たな危機感とは?

嬉野雅道
【働きビト】Vol.14 嬉野雅道、『水曜どう』に出会って感じた仕事のおもしろさ

北海道発の人気ローカル番組『水曜どうでしょう』のカメラ担当ディレクター・嬉野雅道。御年56歳、『どうでしょう』との出会いは、一介のサラリーマン人生にどんな影響を与えたのか? 出演陣との関係性や番組成功の裏側にも迫る!

ケラリーノ・サンドロヴィッチ
【働きビト】Vol.13 演劇界の鬼才ケラリーノ・サンドロヴィッチの作品作りの源泉

ドラマ『怪奇恋愛作戦』(テレビ東京系)で、連ドラのシリーズ監督に初挑戦するケラリーノ・サンドロヴィッチ。52歳にして新たな試みに挑む彼の、長年に渡り第一線で活躍し続ける仕事への向き合い方とは…?

豊川悦司
【働きビト】Vol.12 豊川悦司が語る、過酷すぎる山岳ロケの裏舞台

俳優・豊川悦司が、木村大作監督の最新作『春を背負って』撮影のため、1ヶ月半に及ぶ過酷な山岳ロケに参加。壮大な立山連峰に響きわたる、木村監督の「バカヤロウ」の怒号に、ベテラン俳優が感じたものとは?

大泉洋
【働きビト】Vol.11 大泉洋の仕事論「どんなにボロボロでも続ける美学」

北海道のローカルタレントからスタートし、今や年に何本も主演作が公開されるなど、押しも押されもせぬ人気俳優となった大泉洋が登場! 主演作の映画『青天の霹靂』の撮影秘話や、役者を「辞める覚悟はできている」という仕事への覚悟まで、大泉らしい役者論を語りつくす。