ORICON キャリア

現在地:オリコンキャリア>転職・派遣関連ニュース

2010年02月19日 07時00分
舞台に初挑戦する岡村隆史 

ナイナイ・岡村、初の1人舞台に挑戦!! 5人の奇才たちが様々な“岡村隆史”を描く

■その他の写真ニュースはこちら

 お笑いコンビ・ナインティナイン岡村隆史が、1人舞台『二人前』に挑むことが18日、わかった。これまで吉本新喜劇への出演経験はあったが、本格的な舞台は初となり、出演・演出が岡村、さらに5人の奇才クリエイターがそれぞれ脚本を担当し、さまざまな“岡村隆史”を描いていく異色のオムニバス舞台だ。さきごろORICON STYLEのインタビューに応じた岡村は、今回の舞台について「僕自身どうなるか分かってなくて、凄く不安な気持ちで一杯ですけど、とにかく全力でやらせて頂きますので、温かい目で見ていただければ。皆さんも誹謗中傷などはしないように(笑)」と、ちょっぴり不安を募らせながらも気合十分といった様子だ。

 今年で40歳になる岡村に転機の時が訪れた。これまでテレビ、ラジオを中心に活躍してきた岡村が初の舞台、しかも“一人舞台”に挑戦する。「自分の好きなことを好きな人とやってみたい……。そんな思いがまず前提としてありましたね。ナイナイライブをデビュー時からずっとやってきたんですけど、ある時期からお休みしまして。生の空間というか“客前”に飢えていた部分はありましたね。相方(矢部浩之)は、今年はワールドカップイヤーなんでお忙しいようなんで。『アフリカ行くぞ〜!』って騒いでましたから」と語り、さらに「最近になっていろいろな舞台を観に行くようになって、凄く感銘を受けたんですよ。あぁ、ボクもやってみたいなって……」と今回の“一人舞台”挑戦の経緯を明かす。

 今回、岡村のために台本を書き下ろすのは、上田誠(ヨーロッパ企画)、大泉洋(TEAM NACS)、後藤ひろひと(Piper)、土屋亮一(シベリア少女鉄道)、渡辺真也(放送作家)という一癖も二癖もある5人の“奇才”たち。脚本執筆にあたり、岡村自らが本人にオファーをかけた。「今まで、人付き合いは苦手だったんですけど、最近だいぶ社交的にはなってきたんですよ(笑)。今回も初対面の脚本担当の方とは一緒に食事に行って、『よかったら一緒にやって頂けませんか?』ってお願いしました。相当ビックリしてましたけどね(笑)」と振り返る。

 公演が6月ということで具体的な内容はまだ決まってはいないが、今年で40歳ということで“40”をテーマに各クリエイターが様々な物語を創り上げていくという。「ただ、打ち合わせをしていくうちに『いらんか!!』という結論にいたることもあるので、もしかしたら無くなるかも知れませんね(笑)。もちろん“笑い”という要素も入るとは思うんですけど、それだけではなくて、お客さんも“え!?”っと驚く部分を見せたい気持ちはあります」と語る岡村。脚本家との事前打ち合わせでも、“岡村隆史”という人間を細かく説明したという。「でも、ご飯食べにいっても探り合いでしたね。『ボクはこういう人間なんです!』というのは一生懸命話したんですけど、向こうは『なんで(脚本)俺なん?』みたいな顔してるし(笑)。一人舞台なんで寂しく映るとは思う。でも、寂しいけどハッピーに見えればいいですよね」と自身の想いを明かす。

 今年で40歳、さらに来年はコンビ結成20周年という節目の年を控え、4月には主演映画『てぃだかんかん』の公開、さらに今回の『二人前』の公演が6月に控えるなど、精力的にソロ活動を展開する岡村。「バラエティ番組の仕事はずっと同じメンバーとやってきたので、違う畑の人とやる良い機会だったんでしょうね。今回の舞台をきっかけに、また相方と(ライブを)やるかも知れないし、もしかしたらミュージカルに挑戦するかもしれないし、ヘタしたらもう何もやんないかも知れないし(笑)。でも、今回の舞台をきっかけに、良い感じで来年に繋げていけたらいいですよね」。

 『岡村隆史 おひとりさま公演『二人前』』は6月16日より東京・PARCO劇場ほかで公演。

◆関連ニュース よしもと芸人芸能人の初挑戦

 

オリコン日本顧客満足度ランキング 自動車保険

オリコン日本顧客満足度ランキング 英会話スクール

英会話スクール/英会話教室ランキング

キャリア特集 一覧

【働きビト】Vol.16 長澤まさみ“頑張りすぎない”働き方のルール
【働きビト】Vol.16 長澤まさみ“頑張りすぎない”働き方のルール

女優の長澤まさみが、映画『アイアムアヒーロー』で念願のアクションに挑戦。撮影の裏側はもちろん、デビュー17年目を迎えた今いい意味で「なるべく適当に」が自分ルールになっているという、彼女の“仕事との向き合い方”にも迫った! 

【働きビト】Vol.15 アミューズの“落ちこぼれ劇団”10周年の決意
【働きビト】Vol.15 アミューズの“落ちこぼれ劇団”10周年の決意

赤字になったら即解散という厳しいルールの元、活動する大手事務所・アミューズの“落ちこぼれ”演劇集団・劇団プレステージ。暗黒時代を味わったメンバーが語る、地道にキャリアを積むことの強み。そして、節目に思う新たな危機感とは?

嬉野雅道
【働きビト】Vol.14 嬉野雅道、『水曜どう』に出会って感じた仕事のおもしろさ

北海道発の人気ローカル番組『水曜どうでしょう』のカメラ担当ディレクター・嬉野雅道。御年56歳、『どうでしょう』との出会いは、一介のサラリーマン人生にどんな影響を与えたのか? 出演陣との関係性や番組成功の裏側にも迫る!

ケラリーノ・サンドロヴィッチ
【働きビト】Vol.13 演劇界の鬼才ケラリーノ・サンドロヴィッチの作品作りの源泉

ドラマ『怪奇恋愛作戦』(テレビ東京系)で、連ドラのシリーズ監督に初挑戦するケラリーノ・サンドロヴィッチ。52歳にして新たな試みに挑む彼の、長年に渡り第一線で活躍し続ける仕事への向き合い方とは…?

豊川悦司
【働きビト】Vol.12 豊川悦司が語る、過酷すぎる山岳ロケの裏舞台

俳優・豊川悦司が、木村大作監督の最新作『春を背負って』撮影のため、1ヶ月半に及ぶ過酷な山岳ロケに参加。壮大な立山連峰に響きわたる、木村監督の「バカヤロウ」の怒号に、ベテラン俳優が感じたものとは?

大泉洋
【働きビト】Vol.11 大泉洋の仕事論「どんなにボロボロでも続ける美学」

北海道のローカルタレントからスタートし、今や年に何本も主演作が公開されるなど、押しも押されもせぬ人気俳優となった大泉洋が登場! 主演作の映画『青天の霹靂』の撮影秘話や、役者を「辞める覚悟はできている」という仕事への覚悟まで、大泉らしい役者論を語りつくす。