ORICON キャリア

現在地:オリコンキャリア>転職・派遣関連ニュース

2010年02月12日 16時35分
映画『インビクタス/負けざる者たち』で第82回アカデミー賞助演男優賞にノミネートされたマット・デイモン(C) 2009 WARNER BROS.ENTERTAINMENT INC. 
撮影中のクリント・イーストウッド監督(中央)と主演のモーガン・フリーマン(左)、マット・デイモン 
2月6日に日本公開され、全国映画動員ランキングで初登場4位の好スタートを切った 

マット・デイモン、実在の巨漢役に「画面ではもっとでかく見える」と弁解

■その他の写真ニュースはこちら

 公開中の映画『インビクタス/負けざる者たち』で、南アフリカのラグビー代表チームのキャプテン、フランソワ・ピナールを演じている米俳優マット・デイモン。同作で、今年度の第82回アカデミー賞助演男優賞にノミネートされたが、実にその演技には熱が入っている。ピナールは実在の人物で、同国では伝説的な存在。身長190cmの巨漢で知られるが、デイモンの身長は178cmしかなく、撮影前に本人と対面した際には「画面ではもっとでかく見えますから」と思わず弁解していたとオフィシャルインタビューで明かしている。

 同作は、4度のアカデミー賞受賞を誇るクリント・イーストウッド監督の最新作にして、監督第30作目の記念作。白人支配が続いた南アフリカ共和国で、1994年に初の黒人大統領となったネルソン・マンデラが、アパルトヘイトによる人種差別や経済格差の残る国を、国民の心を“ひとつ”にするため、ラグビー代表チームの強化に乗り出し、翌95年に同国で開催されたラグビーW杯で優勝するまでの出来事を描いたヒューマンドラマ。

 かねてからイーストウッド監督の大ファンだったことが、デイモンの役者魂を奮い立たせた。しかも、イーストウッド監督は「君の役をもう少し大きな役にしたい」と、モーガン・フリーマン演じる主役のマンデラと並び立つほどに、デイモン演じるピナールを演出した。その結果、黒人と白人の対立がW杯優勝をきっかけに融和していく物語が際立ち、マンデラという1人の人間の物語を超えた、より大きな人間の持つ可能性―?人種を超えた協力、過去の過ちに対する和解や許し――を描き出すことに成功している。

 今回、初めて共同作業したイーストウッド監督の印象を尋ねると、「とてもリラックスしているし、あまりたくさんのテイクを撮影しない。必要なだけ撮って終わりだ。心地よさそうに仕事していた」と振り返った。「ほとんどの監督が到達することのないレベル、巨匠の域に彼は達している。撮影しながら、このストーリーを今語る上でベストな方法、一番効果的な方法は何か、というのを考えることができる。先々まで計画を練る必要がないんだ。こういうやり方が出来る人はスピルバーグやソダーバーグなど数えるほどしかいない」とリスペクトの気持ちを語り出したら、止まらなくなった。

 あるシーンの撮影では、「1つのショットで8つのカットアウェイを撮りきっていた」など、もともと「演出に興味があった」というデイモン。イーストウッド監督の仕事ぶりはよほど興味をそそられたようで「彼との仕事はマスタークラスの講義を受けているようだったし、脚本作りについても実に楽しい会話をできた」と充実した現場の様子を話した。

 役作りでは、実在するピナール氏と1か月ほど一緒に過ごし、ラグビーの練習はもちろん、可能な限りハードなフィジカルトレニーングを積んで撮影に臨んだ。

 「1995年ラグビー南ア代表チームは、フィジカルが強かったことがこのチームの大きな勝因だった。タレントに恵まれたチームではなかったけれども、並外れた勝利へのこだわりがW杯に出場したどのチームよりも厳しいフィジカルトレーニングへとこのチームを駆り立てたんだ。役者の仕事で重要なのは説得力だから。観客が気をそがれてその役を信じられなくなるような箇所が映画の中で一瞬でもあったとしたらその仕事は失敗だ。ピナール氏と一緒に過ごしたことが最良の役作りだったね。彼の全体の雰囲気を自分の演技で出そうと務めたんだ」

 マンデラ役のフリーマンとの共演もデイモンの夢だった。

 「実は10年前、僕があまりに頻繁にモーガン・フリーマン論を熱く語ったので、当時の僕のアシスタントが夕食の約束を取り付けてくれたことがあったんだ! フリーマンは食事につき合ってくれて、演技について数時間話をしてくれた。10年経って、彼と共演できて、その作品の監督をクリント・イーストウッドがやっているなんて、まさに夢が叶った瞬間だよ」。

 最後に、南アフリカで行われた同作の撮影で一番印象に残っている思い出を聞くと、「(イーストウッド監督の撮影が速いので)朝食も夕食も子供達と一緒にとることができたこと。こんな撮影聞いたことがないよ。子供たちを連れてケープタウンを散策するというとても特別な経験を共有することが出来た」と子煩悩な父親の顔も覗かせていた。

 映画『インビクタス/負けざる者たち』は東京・丸の内ピカデリーほか全国で公開中。

【2010年公開 映画特集】
テレビ発“THE MOVIE”作品目白押し
やってきた? 音楽映画ブーム
洋画の注目作品が続々と公開

◆「映画」関連インタビュー バックナンバー Vol.1Vol.2
取れたて情報満載! 「映画」関連ニュース一覧

 

オリコン日本顧客満足度ランキング 自動車保険

オリコン日本顧客満足度ランキング 英会話スクール

英会話スクール/英会話教室ランキング

キャリア特集 一覧

【働きビト】Vol.16 長澤まさみ“頑張りすぎない”働き方のルール
【働きビト】Vol.16 長澤まさみ“頑張りすぎない”働き方のルール

女優の長澤まさみが、映画『アイアムアヒーロー』で念願のアクションに挑戦。撮影の裏側はもちろん、デビュー17年目を迎えた今いい意味で「なるべく適当に」が自分ルールになっているという、彼女の“仕事との向き合い方”にも迫った! 

【働きビト】Vol.15 アミューズの“落ちこぼれ劇団”10周年の決意
【働きビト】Vol.15 アミューズの“落ちこぼれ劇団”10周年の決意

赤字になったら即解散という厳しいルールの元、活動する大手事務所・アミューズの“落ちこぼれ”演劇集団・劇団プレステージ。暗黒時代を味わったメンバーが語る、地道にキャリアを積むことの強み。そして、節目に思う新たな危機感とは?

嬉野雅道
【働きビト】Vol.14 嬉野雅道、『水曜どう』に出会って感じた仕事のおもしろさ

北海道発の人気ローカル番組『水曜どうでしょう』のカメラ担当ディレクター・嬉野雅道。御年56歳、『どうでしょう』との出会いは、一介のサラリーマン人生にどんな影響を与えたのか? 出演陣との関係性や番組成功の裏側にも迫る!

ケラリーノ・サンドロヴィッチ
【働きビト】Vol.13 演劇界の鬼才ケラリーノ・サンドロヴィッチの作品作りの源泉

ドラマ『怪奇恋愛作戦』(テレビ東京系)で、連ドラのシリーズ監督に初挑戦するケラリーノ・サンドロヴィッチ。52歳にして新たな試みに挑む彼の、長年に渡り第一線で活躍し続ける仕事への向き合い方とは…?

豊川悦司
【働きビト】Vol.12 豊川悦司が語る、過酷すぎる山岳ロケの裏舞台

俳優・豊川悦司が、木村大作監督の最新作『春を背負って』撮影のため、1ヶ月半に及ぶ過酷な山岳ロケに参加。壮大な立山連峰に響きわたる、木村監督の「バカヤロウ」の怒号に、ベテラン俳優が感じたものとは?

大泉洋
【働きビト】Vol.11 大泉洋の仕事論「どんなにボロボロでも続ける美学」

北海道のローカルタレントからスタートし、今や年に何本も主演作が公開されるなど、押しも押されもせぬ人気俳優となった大泉洋が登場! 主演作の映画『青天の霹靂』の撮影秘話や、役者を「辞める覚悟はできている」という仕事への覚悟まで、大泉らしい役者論を語りつくす。