ORICON キャリア

現在地:オリコンキャリア>転職・派遣関連ニュース

2009年12月25日 12時50分
1位に選ばれたのは、オードリー・春日のキメ台詞「トゥース」 (C)ORICON DD inc. 
2位のU字工事 (C)ORICON DD inc. 
3位はゆってぃ (C)ORICON DD inc. 

【働きビト】忘年会&新年会でやりたい一発芸、1位はオードリー・春日の「トゥース」

■ランキング表はこちら

 社会人の常識・非常識から恋愛事情まで、様々な分野でのスタンダードを探るコラム、ORICON STYLE『働きビト』。今年も残すところあと僅か。忘年会シーズンも佳境を迎えたが、宴会での“盛り上げ役”を担った社会人にとっては、頭を悩ませる日々が続いていることだろう。そこで、09年最後は『忘年会&新年会でやりたい一発芸』をテーマにアンケート調査を実施。結果、今年の『ユーキャン新語・流行語大賞』候補60語にもノミネートされた、お笑いコンビのオードリー・春日俊彰の決り文句【トゥース】が1位に選ばれた。今年大ブレイクを果たした彼らは、全国の“忘年会”でも一花咲かせているようだ。

 昨年末の『M-1グランプリ2008』(テレビ朝日系)で敗者復活戦から準優勝をさらったことを足掛けに、今年大躍進を遂げたオードリー。「“トゥース”はとにかく誰でも知っているネタだから」(神奈川県/20代/女性)などの意見が目立ったことからも、その人気の高さが伺える。“一発芸”と聞くと、いかにもハードルが高いが「気軽に出来そう」(埼玉県/30代/男性)、「その一言で雰囲気を変えることが出来ると思う」(神奈川県/20代/男性)というように、場を盛り上げるための“ツカミ”に打ってつけのようだ。

 2位にランクインしたのは“栃木漫才”で評判のU字工事・益子卓郎が口にする【ごめんねごめんね〜】。何と言っても「使いやすい」(愛知県/20代/女性)のが魅力的で「2人でやるとして、相方がアホなことを言って、それに対して間髪入れず『ごめんねごめんね〜』と言えばある程度形になるので取り組みやすい」(埼玉県/30代/男性)というように、即興でもアレンジ次第で笑いの幅がグンと広がる。

 続く3位は、自称“お笑い界のスーパーアイドル”ゆってぃの【ワカチコワカチコ〜】。自虐的なことを言った後に「ちっちゃなことは気にすんな、それワカチコワカチコ〜♪」とリズミカルに締めるのがお決まりで「自分のエピソードと組み合わせて使えば笑いが取れそうだから」(宮崎県/30代/男性)と人気。また「自分では勇気がいるけど、これをやられたら思わず笑ってしまうと思う」(東京都/30代/女性)というから重要も高そうだ。

 忘年会での一発芸は、面白さはもちろんのこと、その“使いやすさ”も重視される結果に。忘年会が終われば、次はすぐに新年会。もしも“出し物”が決まらず気が気でない日々を過ごしている人がいたら、この意見を参考にしてみてはいかがだろうか?

【調査概要】
調査期間:2009年10月28日(水)〜11月2日(月)
調査対象:計1000人(自社アンケート・パネル【オリコン・モニターリサーチ】会員で職業の登録属性が、「公務員」、「経営者・役員」、「会社員(事務系)」、「会社員(技術系)」、「会社員(その他)」、「契約社員・派遣社員」にチェックしている方。未婚20代、30代の男女、各250人) 調査方法:インターネット調査




順位 一発芸 芸人 関連ニュース
「トゥース」
オードリー
春日の“モテ話”&若林の“天狗話”
「ごめんねごめんね〜」
U字工事
栃木弁カルタをプロデュース
「ワカチコ ワカチコ〜」
ゆってぃ
ゆってぃが芸人を続ける理由
「どうもすいませんでした」
小出恵介主演 映画イベントに乱入
「そんなの関係ねぇ」
小島よしお
復活『電波少年的懸賞生活』に挑戦

■禁無断複写転載
※オリコンランキング(売上枚数のデータ等)の著作権その他の権利はオリコンに帰属していますので、無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、ブログ、携帯電話)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。詳しいお問い合わせは、弊社広報企画部(ランキング販売について)までお願いいたします。


◆年末特集! 09年のエンタメシーン総決算


 オードリーU字工事小島よしお

 

オリコン日本顧客満足度ランキング 自動車保険

オリコン日本顧客満足度ランキング 英会話スクール

英会話スクール/英会話教室ランキング

キャリア特集 一覧

【働きビト】Vol.16 長澤まさみ“頑張りすぎない”働き方のルール
【働きビト】Vol.16 長澤まさみ“頑張りすぎない”働き方のルール

女優の長澤まさみが、映画『アイアムアヒーロー』で念願のアクションに挑戦。撮影の裏側はもちろん、デビュー17年目を迎えた今いい意味で「なるべく適当に」が自分ルールになっているという、彼女の“仕事との向き合い方”にも迫った! 

【働きビト】Vol.15 アミューズの“落ちこぼれ劇団”10周年の決意
【働きビト】Vol.15 アミューズの“落ちこぼれ劇団”10周年の決意

赤字になったら即解散という厳しいルールの元、活動する大手事務所・アミューズの“落ちこぼれ”演劇集団・劇団プレステージ。暗黒時代を味わったメンバーが語る、地道にキャリアを積むことの強み。そして、節目に思う新たな危機感とは?

嬉野雅道
【働きビト】Vol.14 嬉野雅道、『水曜どう』に出会って感じた仕事のおもしろさ

北海道発の人気ローカル番組『水曜どうでしょう』のカメラ担当ディレクター・嬉野雅道。御年56歳、『どうでしょう』との出会いは、一介のサラリーマン人生にどんな影響を与えたのか? 出演陣との関係性や番組成功の裏側にも迫る!

ケラリーノ・サンドロヴィッチ
【働きビト】Vol.13 演劇界の鬼才ケラリーノ・サンドロヴィッチの作品作りの源泉

ドラマ『怪奇恋愛作戦』(テレビ東京系)で、連ドラのシリーズ監督に初挑戦するケラリーノ・サンドロヴィッチ。52歳にして新たな試みに挑む彼の、長年に渡り第一線で活躍し続ける仕事への向き合い方とは…?

豊川悦司
【働きビト】Vol.12 豊川悦司が語る、過酷すぎる山岳ロケの裏舞台

俳優・豊川悦司が、木村大作監督の最新作『春を背負って』撮影のため、1ヶ月半に及ぶ過酷な山岳ロケに参加。壮大な立山連峰に響きわたる、木村監督の「バカヤロウ」の怒号に、ベテラン俳優が感じたものとは?

大泉洋
【働きビト】Vol.11 大泉洋の仕事論「どんなにボロボロでも続ける美学」

北海道のローカルタレントからスタートし、今や年に何本も主演作が公開されるなど、押しも押されもせぬ人気俳優となった大泉洋が登場! 主演作の映画『青天の霹靂』の撮影秘話や、役者を「辞める覚悟はできている」という仕事への覚悟まで、大泉らしい役者論を語りつくす。