ORICON キャリア

現在地:オリコンキャリア>転職・派遣関連ニュース

2009年12月15日 15時00分
1位になった「ソフトバンク」CMの“白戸家”シリーズの出演者 
2位は「au」 
3位は「NTT docomo」のCMがランクイン 

2009年“ヒットCM”No.1はソフトバンク 「白戸家+SMAP」人気で3連覇

■今年ヒットしたCMランキング TOP10

 CM総合研究所は15日、今年度(08年11月〜09年10月)オンエアされ最もヒットしたCM『CM-Branding評価』を発表した。1位は3年連続で“白戸家シリーズ”の根強い人気に加え、新たにイメージキャラクターとしてSMAPが登場するなど話題を呼んだ「SoftBank」(ソフトバンクモバイル)が獲得。また、2位に「au」(KDDI)、3位は「NTT ドコモ」(エヌ・ティ・ティ・ドコモ)となり、昨年に引き続き携帯電話会社がTOP3を独占した。

 『CM-Branding評価』は、毎月消費者3000人に行っているアンケート調査をもとにした好感度や、実際にCMが売上を伸ばしたかなどを審査し、1年間に東京キー5局で放送された全9211銘柄の中からTOP10を選出。1位の「SoftBank」は、CM好感度調査で観測史上最高のスコアをたたき出すなど人気となり、3連覇を達成した。

 携帯電話会社が上位を占めるなか、2009年のヒットCMには歌とダンスを組み合わせたCMも目立った。4位の佐々木希佐藤健がコミカルなダンスを見せる「Fit’s」(ロッテ)や、7位の大地真央らがキャビンアテンダントとなって踊る「ボス」(サントリー)などリズミカルな楽曲にあわせたダンスが印象的なCMがランクインしたほか、TOP10には入らなかったものの中村獅童松田翔太がマッチョな男性40人とダンスを繰り広げる「プロテインウォーター」(サントリー)、CM初出演のIMALUらが“ポッキーダンス”を披露する「ポッキーチョコレート」(江崎グリコ)など強烈なインパクトを残すCMが今年は数多く登場し話題となった。

 5位には今年ブレイクしたお笑いコンビ・オードリーがCM出演する「ニンテンドーDSi」(任天堂)がランクイン。オードリーの勢いそのままに昨年の404位から大きく順位をあげた。また、宮崎あおいが出演する「もっと頼れる医療保険 新EVER」(アフラック)は新キャラクターの“まねきねこダック”が登場し、さらに話題となったことで9位となり、同社初のTOP10入りとなった。

集計期間:2008年11月度〜09年10月度
今年度のCM展開:全9211銘柄
(すべてCM総合研究所調べ)

◆今年話題のCMが勢ぞろい! 1月から12月まで一挙公開



■禁無断複写転載
※無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、ブログ、携帯電話)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。


◆旬な情報が満載! CM情報記事一覧

 

オリコン日本顧客満足度ランキング 自動車保険

オリコン日本顧客満足度ランキング 英会話スクール

英会話スクール/英会話教室ランキング

キャリア特集 一覧

【働きビト】Vol.16 長澤まさみ“頑張りすぎない”働き方のルール
【働きビト】Vol.16 長澤まさみ“頑張りすぎない”働き方のルール

女優の長澤まさみが、映画『アイアムアヒーロー』で念願のアクションに挑戦。撮影の裏側はもちろん、デビュー17年目を迎えた今いい意味で「なるべく適当に」が自分ルールになっているという、彼女の“仕事との向き合い方”にも迫った! 

【働きビト】Vol.15 アミューズの“落ちこぼれ劇団”10周年の決意
【働きビト】Vol.15 アミューズの“落ちこぼれ劇団”10周年の決意

赤字になったら即解散という厳しいルールの元、活動する大手事務所・アミューズの“落ちこぼれ”演劇集団・劇団プレステージ。暗黒時代を味わったメンバーが語る、地道にキャリアを積むことの強み。そして、節目に思う新たな危機感とは?

嬉野雅道
【働きビト】Vol.14 嬉野雅道、『水曜どう』に出会って感じた仕事のおもしろさ

北海道発の人気ローカル番組『水曜どうでしょう』のカメラ担当ディレクター・嬉野雅道。御年56歳、『どうでしょう』との出会いは、一介のサラリーマン人生にどんな影響を与えたのか? 出演陣との関係性や番組成功の裏側にも迫る!

ケラリーノ・サンドロヴィッチ
【働きビト】Vol.13 演劇界の鬼才ケラリーノ・サンドロヴィッチの作品作りの源泉

ドラマ『怪奇恋愛作戦』(テレビ東京系)で、連ドラのシリーズ監督に初挑戦するケラリーノ・サンドロヴィッチ。52歳にして新たな試みに挑む彼の、長年に渡り第一線で活躍し続ける仕事への向き合い方とは…?

豊川悦司
【働きビト】Vol.12 豊川悦司が語る、過酷すぎる山岳ロケの裏舞台

俳優・豊川悦司が、木村大作監督の最新作『春を背負って』撮影のため、1ヶ月半に及ぶ過酷な山岳ロケに参加。壮大な立山連峰に響きわたる、木村監督の「バカヤロウ」の怒号に、ベテラン俳優が感じたものとは?

大泉洋
【働きビト】Vol.11 大泉洋の仕事論「どんなにボロボロでも続ける美学」

北海道のローカルタレントからスタートし、今や年に何本も主演作が公開されるなど、押しも押されもせぬ人気俳優となった大泉洋が登場! 主演作の映画『青天の霹靂』の撮影秘話や、役者を「辞める覚悟はできている」という仕事への覚悟まで、大泉らしい役者論を語りつくす。