ORICON キャリア

現在地:オリコンキャリア>転職・派遣関連ニュース

2009年12月08日 14時30分
(左から)大原はじめ、TAJIRI、酒井正和氏、古木克明、小路晃、朱里 (C)ORICON DD inc. 
元オリックス・バファローズの古木克明(右)が参戦 (C)ORICON DD inc. 

ハッスル元最高顧問が新団体『スマッシュ』を旗揚げ 元オリックス・古木克明が参戦発表

■その他の写真はこちら

 ファイティング・オペラ『ハッスル』の最高顧問を務めていた酒井正和氏が8日、都内ホテルで緊急会見を開き、最高顧問の辞任および新団体『SMASH(スマッシュ)』の旗揚げを発表した。同団体は東京・新宿をホームタウンとし、プロレス、総合格闘技、キックボクシングのエンターテインメント融合を目指す。また、今季終了後にオリックス・バファローズから戦力外通告された古木克明が参戦を正式表明。古木は「野球界に対して未練や後悔はない。世界を目指す格闘家を目指す」と新境地への意気込みを語った。

 酒井氏はハッスルの最高顧問を辞任した経緯について「ハッスルさんは未払いなどの諸問題を抱えていて、イベント事業を運営していく上で乖離があった。私はその諸問題はありえないことと思っていました」と説明。今後の関係には「ハッスルさんに協力できることがあれば取り組みたい」とけんか別れではないことを強調し、友好的な立場で関わっていくという。

 イベント統括マネージャーには島田裕二、プロレス部門プロデューサーはTAJIRI、格闘技部門プロデューサーは小路晃がそれぞれ務める。島田は「後身の育成、レフェリーの育成をやりたいと思っていた」と若手育成スタイルの同団体をバックでサポートする。

 かつて在籍した横浜ベイスターズでは4番を務めた経験もある古木は総合格闘家として、半年後のデビューを目指して昨日よりトレーニングを開始。古木を指導した小路は「ポテンシャルが高い。腰のキレが強くて、左のパンチの強さは、僕の手に感触があった。ぜひ、その左をオリジナルパンチにしたい」と太鼓判を押した。そして「古木選手は球界の先輩でもある(ジャイアント)馬場さんのようになりたいと言っていた。新たな新天地で大成功をさせてやりたい」と完全サポートを約束した。

 なお新団体『スマッシュ』は来年2月2日に設立され、旗揚げ公演は3月29日に東京・新宿FACEで開催される。出場選手はTAJIRIを中心に今後順次決定していく。

 ハッスルは今年10月末、同社の山口日昇代表取締役が年内4大会の開催中止と新体制に向けた土壌作りに集中することを発表していたが、酒井氏との協議が折り合わず新体制の話は破綻となった。



 

オリコン日本顧客満足度ランキング 自動車保険

オリコン日本顧客満足度ランキング 英会話スクール

英会話スクール/英会話教室ランキング

キャリア特集 一覧

【働きビト】Vol.16 長澤まさみ“頑張りすぎない”働き方のルール
【働きビト】Vol.16 長澤まさみ“頑張りすぎない”働き方のルール

女優の長澤まさみが、映画『アイアムアヒーロー』で念願のアクションに挑戦。撮影の裏側はもちろん、デビュー17年目を迎えた今いい意味で「なるべく適当に」が自分ルールになっているという、彼女の“仕事との向き合い方”にも迫った! 

【働きビト】Vol.15 アミューズの“落ちこぼれ劇団”10周年の決意
【働きビト】Vol.15 アミューズの“落ちこぼれ劇団”10周年の決意

赤字になったら即解散という厳しいルールの元、活動する大手事務所・アミューズの“落ちこぼれ”演劇集団・劇団プレステージ。暗黒時代を味わったメンバーが語る、地道にキャリアを積むことの強み。そして、節目に思う新たな危機感とは?

嬉野雅道
【働きビト】Vol.14 嬉野雅道、『水曜どう』に出会って感じた仕事のおもしろさ

北海道発の人気ローカル番組『水曜どうでしょう』のカメラ担当ディレクター・嬉野雅道。御年56歳、『どうでしょう』との出会いは、一介のサラリーマン人生にどんな影響を与えたのか? 出演陣との関係性や番組成功の裏側にも迫る!

ケラリーノ・サンドロヴィッチ
【働きビト】Vol.13 演劇界の鬼才ケラリーノ・サンドロヴィッチの作品作りの源泉

ドラマ『怪奇恋愛作戦』(テレビ東京系)で、連ドラのシリーズ監督に初挑戦するケラリーノ・サンドロヴィッチ。52歳にして新たな試みに挑む彼の、長年に渡り第一線で活躍し続ける仕事への向き合い方とは…?

豊川悦司
【働きビト】Vol.12 豊川悦司が語る、過酷すぎる山岳ロケの裏舞台

俳優・豊川悦司が、木村大作監督の最新作『春を背負って』撮影のため、1ヶ月半に及ぶ過酷な山岳ロケに参加。壮大な立山連峰に響きわたる、木村監督の「バカヤロウ」の怒号に、ベテラン俳優が感じたものとは?

大泉洋
【働きビト】Vol.11 大泉洋の仕事論「どんなにボロボロでも続ける美学」

北海道のローカルタレントからスタートし、今や年に何本も主演作が公開されるなど、押しも押されもせぬ人気俳優となった大泉洋が登場! 主演作の映画『青天の霹靂』の撮影秘話や、役者を「辞める覚悟はできている」という仕事への覚悟まで、大泉らしい役者論を語りつくす。