ORICON キャリア

現在地:オリコンキャリア>転職・派遣関連ニュース

2009年11月25日 18時00分
会見を行った“ガキの使い”出演者ら(左から)山崎邦正、松本人志、浜田雅功、遠藤章造、田中直樹 (C)ORICON DD inc. 
 

今年の“ガキの使い”大みそかSPは「笑ってはいけないホテルマン24時」

■そのほかの最新写真ニュース一覧はこちら

 人気バラエティ番組『ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!!』(日本テレビ系)が、4年連続となる大みそかスペシャル(31日 18:30〜24:30)を放送することを正式に発表し25日、同局で出演者らが会見を行った。今年は「絶対に笑ってはいけないホテルマン24時」として、ダウンタウンをはじめ“ガキ使”メンバーたちが、新米ホテルマン変身し“笑いのトラップ”を受ける。史上最長の6時間に渡って放送し、打倒『紅白歌合戦』に挑む“ガキ使”メンバー。ダウンタウン・松本人志は「オンエア後、本物のホテルマンからお叱りを受けそう」と自虐的にアピール。会見終盤には「来年の大晦日は山崎(邦正)vsモリマンを復活させる方向で……」と明かし、周囲を慌てさせた。

 リゾートホテルを舞台に過酷なロケを耐え抜いた浜田雅功は「朝、帰るまで(収録を)やっていて正直キツかった。休憩も無く(スタッフを)殺してやろうかと思った」といつもの毒舌。また、報道陣から「面白くなかった出来事は?」との問いには、収録途中で登場するブラックマヨネーズ・吉田の名前を挙げ「あいつ、ぜんぜん面白くなかった!カットですよ」とバッサリ切捨て、会場を盛り上げた。

 ただ、山崎からは「(ダウンタウンの2人は)収録中に(体力を消耗し)“電池切れ”している時間があった」と思わぬ裏話を明かされた2人。これが引き金になったのか、最後には松本から、これまで過酷な戦いを繰り広げ封印されたハズだった“山崎vsモリマン”の復活を示唆されると、山崎は頑なに拒否。「この前、小学1年生になる娘に『(モリマンって)女の人でしょ?何で、パパ負けるの?』と聞かれて『実はあの人、男子なんだよ』って教えた」と捨て身の言い訳で必死に拒否する姿も見られ、同席したココリコをはじめ周囲を呆れさせた。

 これまで“ガキの使い”大みそか特番は、2006年「絶対に笑ってはいけない警察24時」、07年「絶対に笑ってはいけない病院24時」、08年「絶対に笑ってはいけない新聞社24時」と過去に3回に渡り放送されてきた。大みそか特番ならではの豪華なセット、豪華ゲストを招いて“笑いの宴”が展開される。昨年の「笑ってはいけない新聞社」には、マツコ・デラックス、片平なぎさ、前田美波里、江頭2:50、蝶野正洋、千秋など多彩なゲストが登場し、『NHK紅白歌合戦』の裏番組としては最高の視聴率15.4%(ビデオリサーチ調べ)を記録している。

 

オリコン日本顧客満足度ランキング 自動車保険

オリコン日本顧客満足度ランキング 英会話スクール

英会話スクール/英会話教室ランキング

キャリア特集 一覧

【働きビト】Vol.16 長澤まさみ“頑張りすぎない”働き方のルール
【働きビト】Vol.16 長澤まさみ“頑張りすぎない”働き方のルール

女優の長澤まさみが、映画『アイアムアヒーロー』で念願のアクションに挑戦。撮影の裏側はもちろん、デビュー17年目を迎えた今いい意味で「なるべく適当に」が自分ルールになっているという、彼女の“仕事との向き合い方”にも迫った! 

【働きビト】Vol.15 アミューズの“落ちこぼれ劇団”10周年の決意
【働きビト】Vol.15 アミューズの“落ちこぼれ劇団”10周年の決意

赤字になったら即解散という厳しいルールの元、活動する大手事務所・アミューズの“落ちこぼれ”演劇集団・劇団プレステージ。暗黒時代を味わったメンバーが語る、地道にキャリアを積むことの強み。そして、節目に思う新たな危機感とは?

嬉野雅道
【働きビト】Vol.14 嬉野雅道、『水曜どう』に出会って感じた仕事のおもしろさ

北海道発の人気ローカル番組『水曜どうでしょう』のカメラ担当ディレクター・嬉野雅道。御年56歳、『どうでしょう』との出会いは、一介のサラリーマン人生にどんな影響を与えたのか? 出演陣との関係性や番組成功の裏側にも迫る!

ケラリーノ・サンドロヴィッチ
【働きビト】Vol.13 演劇界の鬼才ケラリーノ・サンドロヴィッチの作品作りの源泉

ドラマ『怪奇恋愛作戦』(テレビ東京系)で、連ドラのシリーズ監督に初挑戦するケラリーノ・サンドロヴィッチ。52歳にして新たな試みに挑む彼の、長年に渡り第一線で活躍し続ける仕事への向き合い方とは…?

豊川悦司
【働きビト】Vol.12 豊川悦司が語る、過酷すぎる山岳ロケの裏舞台

俳優・豊川悦司が、木村大作監督の最新作『春を背負って』撮影のため、1ヶ月半に及ぶ過酷な山岳ロケに参加。壮大な立山連峰に響きわたる、木村監督の「バカヤロウ」の怒号に、ベテラン俳優が感じたものとは?

大泉洋
【働きビト】Vol.11 大泉洋の仕事論「どんなにボロボロでも続ける美学」

北海道のローカルタレントからスタートし、今や年に何本も主演作が公開されるなど、押しも押されもせぬ人気俳優となった大泉洋が登場! 主演作の映画『青天の霹靂』の撮影秘話や、役者を「辞める覚悟はできている」という仕事への覚悟まで、大泉らしい役者論を語りつくす。