ORICON キャリア

現在地:オリコンキャリア>転職・派遣関連ニュース

2009年11月16日 06時00分
野菜ソムリエ資格取得をアピールする田村淳(ロンドンブーツ1号2号)(C)フジテレビジョン 
フジテレビ系『イケタクSP』収録で野菜の知識を披露(C)フジテレビジョン 

ロンブー淳、野菜ソムリエ資格ゲットも恋愛面では逆効果!?

■そのほかの最新写真ニュース一覧はこちら

 お笑いコンビ・ロンドンブーツ1号2号田村淳が、ジュニア・ベジタブル&フルーツマイスター(野菜ソムリエ)の資格を取得したことが15日、わかった。レストランでのアルバイトがきっかけで、料理を始めたという淳は「(料理は)振舞う方が好き。資格があればより説得力が増すと思った」と受験の動機を説明。最近では、政界にも興味を示すなどイメチェンを図っているようだが今回の資格取得によって「さらなる“ギャップ”が備わった!」と喜ぶ一方、恋愛面においては、女性が「私がいなくても…ってなっちゃう」と物事を器用にこなせるが故の弊害が生じていることも明かした。

 淳は地元・山口県から上京後、アルバイトしていたイタリアンレストランでは“切る・煮る”のイロハを学び「最終的に厨房を任せられるところまでいった」と無類の“料理好き”になった。売れっ子芸人となった今でも「ほとんど家で自炊している」といい、得意料理は「和風だしと白味噌で煮込んだ鶏肉丼」。これまで、肉については「“使い方”がわかっていた」と自信を持っていたようだが、一方で野菜については「どうやって味を引き立たせるか知りたかった」という想いが募り、一念発起。今年9月に日本ベジタブル&フルーツマイスター協会が主催する講座を受講後に受験し見事、一発合格した。

 すでに芸能界では長谷川理恵、王理恵などが取得していることは知っていたものの「まさか自分が取るなんて…という感じ。でも、自ら進んで勉強して資格取得したことは人生初。合格したと知った時はやっぱり嬉しかったですね」と感想を語った淳。先日、自ら明かした一般人女性との破局が影響してか「帰宅すると、まず録り溜めしている料理番組を(料理の参考に)チェックするようになった」といい、『笑っていいとも!』(フジテレビ系)で共演するタモリからは「ダシの取り方は『料理によって分けた方がいい』と具体的にアドバイスを頂いた」という。さらに、最近ではお金のない後輩芸人とその彼女を自宅に招いて和洋中、要望に応じたフルコースを用意。かつて“破局”のピンチを親身になって支えたと明かし、その後ゴールインした品川庄司・庄司智春&藤本美貴夫妻からも「予約が入っており、近日中に来訪予定」と語った。

 タレントとして成功を収めた淳は、最近では政界との人脈作りにも余念がなく、今回の料理に加え「洗濯以外の家事は出来る!」と、まさに“非の打ち所がない”といった様子。だが意外にもその完璧ぶりが、ある弊害を生んでしまっているという。「確かに料理が出来たりって、女性の目も変わると思うけどそれが“完璧”だとやっぱり『私がいなくても…』ってなっちゃうみたいですね」。実際、周囲の女性スタッフからも同様の声が淳の元へ届いているといい、本人もこれを気にしている様子。破局後は、仕事に精進しているようで、新たな恋愛に向け「相手? 家事出来ない人でも大丈夫です!」とアピールした。

 今後は料理の腕前と、自身の恋愛観を活かして「“モテる料理とトーク”をセットにして指南できる講師なんかやってみたい」と淳は語る。以前から「教壇にも立ちたい」という夢を持っている淳が描く“新展開”の行方に注目が集まりそうだ。

 なお、資格取得の模様は今月24日(火)放送のフジテレビ系『イケタクSP』(後7:00〜)で紹介される。

 

オリコン日本顧客満足度ランキング 自動車保険

オリコン日本顧客満足度ランキング 英会話スクール

英会話スクール/英会話教室ランキング

キャリア特集 一覧

【働きビト】Vol.16 長澤まさみ“頑張りすぎない”働き方のルール
【働きビト】Vol.16 長澤まさみ“頑張りすぎない”働き方のルール

女優の長澤まさみが、映画『アイアムアヒーロー』で念願のアクションに挑戦。撮影の裏側はもちろん、デビュー17年目を迎えた今いい意味で「なるべく適当に」が自分ルールになっているという、彼女の“仕事との向き合い方”にも迫った! 

【働きビト】Vol.15 アミューズの“落ちこぼれ劇団”10周年の決意
【働きビト】Vol.15 アミューズの“落ちこぼれ劇団”10周年の決意

赤字になったら即解散という厳しいルールの元、活動する大手事務所・アミューズの“落ちこぼれ”演劇集団・劇団プレステージ。暗黒時代を味わったメンバーが語る、地道にキャリアを積むことの強み。そして、節目に思う新たな危機感とは?

嬉野雅道
【働きビト】Vol.14 嬉野雅道、『水曜どう』に出会って感じた仕事のおもしろさ

北海道発の人気ローカル番組『水曜どうでしょう』のカメラ担当ディレクター・嬉野雅道。御年56歳、『どうでしょう』との出会いは、一介のサラリーマン人生にどんな影響を与えたのか? 出演陣との関係性や番組成功の裏側にも迫る!

ケラリーノ・サンドロヴィッチ
【働きビト】Vol.13 演劇界の鬼才ケラリーノ・サンドロヴィッチの作品作りの源泉

ドラマ『怪奇恋愛作戦』(テレビ東京系)で、連ドラのシリーズ監督に初挑戦するケラリーノ・サンドロヴィッチ。52歳にして新たな試みに挑む彼の、長年に渡り第一線で活躍し続ける仕事への向き合い方とは…?

豊川悦司
【働きビト】Vol.12 豊川悦司が語る、過酷すぎる山岳ロケの裏舞台

俳優・豊川悦司が、木村大作監督の最新作『春を背負って』撮影のため、1ヶ月半に及ぶ過酷な山岳ロケに参加。壮大な立山連峰に響きわたる、木村監督の「バカヤロウ」の怒号に、ベテラン俳優が感じたものとは?

大泉洋
【働きビト】Vol.11 大泉洋の仕事論「どんなにボロボロでも続ける美学」

北海道のローカルタレントからスタートし、今や年に何本も主演作が公開されるなど、押しも押されもせぬ人気俳優となった大泉洋が登場! 主演作の映画『青天の霹靂』の撮影秘話や、役者を「辞める覚悟はできている」という仕事への覚悟まで、大泉らしい役者論を語りつくす。