ORICON キャリア

現在地:オリコンキャリア>転職・派遣関連ニュース

2009年11月12日 20時00分
7:3分けのヘアースタイルで登場したはんにゃと、プリンセス天功(中央) (C)ORICON DD inc. 
WaTも登場(左からウエンツ瑛士、小池徹平) (C)ORICON DD inc. 

はんにゃ金田、7:3分けでプレゼンター務め浮き足立つ

■その他の写真ニュースはこちら

 人気お笑いコンビ・はんにゃと人気ユニット・WaTらが12日、都内で行われた『スカパー!アワード2009』のプレゼンターを務めた。スーツ姿に7:3分けの髪型を周囲から笑われ続けた金田哲は「僕らが(賞を)あげるっておかしいでしょ!?」と苦笑い。アワード出席は初めてということもあり「普段の“レッドカーペット”と違って、流れなくてよかった!」とホッとした表情でブルーカーペットを歩いた。

 相方・川島章良と共に登場した金田は、一緒に取材に応じたイリュージョニスト・プリンセス天功が甲冑姿のSPを引き連れてきたことに緊張しながらトークを展開。天功が、会場で見かけたドラえもんや声優・水田わさびと引っ掛けて「私、どこでもドアも持ってるし、タイムマシーンだって作ってる最中なの!」と話すと、すかさず「天功さん、どこでもドアください!」と懇願。即座に「イヤ」と突き返されたが、ジェットへリを所有していることがわかると「ドラえもん以上だ〜」と目を丸くさせながら語りつつ「今の自分たち(が受賞するなら)『完全に浮き足立っているで賞』ですね」と話し、笑いを誘った。

 一方、本番前に久しぶりに2人揃って報道陣の取材に応じたWaTのウエンツ瑛士は「楽屋ではずっと(プレゼンターの)練習をしていた。でも、小池君はすぐ『緊張してお腹が痛い…』って言うけど、いざ本番直前になると切り替えができる人。その点、僕はできなくて(本番が)恐い…」とコメント。報道陣からは「それでも、舞台ではシュッとされてますよね」とフォローが入ったが、小池徹平は「それぐらいしてもらわないと困る」と相方をバッサリだった。

 今年で2回目となる『スカパー!アワード2009』は、「映画」「韓流」「ニュース」など10ジャンルにエントリーされた100番組のなかから、一般投票によって最多投票を獲得した作品を“ジャンル賞”として表彰。さらにそのなかで最も得票の多かった作品を大賞とする祭典。今年は6月27日より7月にかけて50時間以上放送された、音楽専門チャンネル・MTVの『マイケル・ジャクソン 50Hours』が音楽賞と大賞をダブル受賞した。

◆アイドル総勢40名が水着でバトル!
『スカパー!夏☆アイドルオールスター水泳大会2009』フォトギャラリー



 WaT小池徹平ウエンツ瑛士ウエンツ瑛士とガチャピン・ムック

 

オリコン日本顧客満足度ランキング 自動車保険

オリコン日本顧客満足度ランキング 英会話スクール

英会話スクール/英会話教室ランキング

キャリア特集 一覧

【働きビト】Vol.16 長澤まさみ“頑張りすぎない”働き方のルール
【働きビト】Vol.16 長澤まさみ“頑張りすぎない”働き方のルール

女優の長澤まさみが、映画『アイアムアヒーロー』で念願のアクションに挑戦。撮影の裏側はもちろん、デビュー17年目を迎えた今いい意味で「なるべく適当に」が自分ルールになっているという、彼女の“仕事との向き合い方”にも迫った! 

【働きビト】Vol.15 アミューズの“落ちこぼれ劇団”10周年の決意
【働きビト】Vol.15 アミューズの“落ちこぼれ劇団”10周年の決意

赤字になったら即解散という厳しいルールの元、活動する大手事務所・アミューズの“落ちこぼれ”演劇集団・劇団プレステージ。暗黒時代を味わったメンバーが語る、地道にキャリアを積むことの強み。そして、節目に思う新たな危機感とは?

嬉野雅道
【働きビト】Vol.14 嬉野雅道、『水曜どう』に出会って感じた仕事のおもしろさ

北海道発の人気ローカル番組『水曜どうでしょう』のカメラ担当ディレクター・嬉野雅道。御年56歳、『どうでしょう』との出会いは、一介のサラリーマン人生にどんな影響を与えたのか? 出演陣との関係性や番組成功の裏側にも迫る!

ケラリーノ・サンドロヴィッチ
【働きビト】Vol.13 演劇界の鬼才ケラリーノ・サンドロヴィッチの作品作りの源泉

ドラマ『怪奇恋愛作戦』(テレビ東京系)で、連ドラのシリーズ監督に初挑戦するケラリーノ・サンドロヴィッチ。52歳にして新たな試みに挑む彼の、長年に渡り第一線で活躍し続ける仕事への向き合い方とは…?

豊川悦司
【働きビト】Vol.12 豊川悦司が語る、過酷すぎる山岳ロケの裏舞台

俳優・豊川悦司が、木村大作監督の最新作『春を背負って』撮影のため、1ヶ月半に及ぶ過酷な山岳ロケに参加。壮大な立山連峰に響きわたる、木村監督の「バカヤロウ」の怒号に、ベテラン俳優が感じたものとは?

大泉洋
【働きビト】Vol.11 大泉洋の仕事論「どんなにボロボロでも続ける美学」

北海道のローカルタレントからスタートし、今や年に何本も主演作が公開されるなど、押しも押されもせぬ人気俳優となった大泉洋が登場! 主演作の映画『青天の霹靂』の撮影秘話や、役者を「辞める覚悟はできている」という仕事への覚悟まで、大泉らしい役者論を語りつくす。