ORICON キャリア

現在地:オリコンキャリア>転職・派遣関連ニュース

2009年10月28日 07時00分
『名探偵コナン』毛利小五郎役の新声優が発表された10月28日号の『週刊少年サンデー』(小学館) 

『名探偵コナン』毛利小五郎役が神谷明から小山力也にバトンタッチ! 『24』ジャック・バウワー役などでお馴染み

■その他の写真ニュースはこちら

 人気アニメ『名探偵コナン』(毎週土曜・後6時 日本テレビ系)に登場する主要キャラクター・毛利小五郎役が、10月31日(土)放送分から声優の神谷明から人気海外ドラマ『24-TWENTY FOUR-』のジャック・バウワー役などで知られる声優の小山力也にバトンタッチされることがわかった。同作品が掲載されている28日発売の漫画雑誌『週刊少年サンデー』(小学館)で明かされたもので、小山は「自分もずっと見ていたこの素晴らしい大役を、神谷明さんの作り上げた小五郎を大切に、そして失礼のないように、心をこめてやっていきます」と意気込む。また前任である神谷も「コナンチームは良いチームです。頑張ってください!!」とエールを送っている。

『キン肉マン』のキン肉マン役、『北斗の拳』のケンシロウ役などで知られる神谷は、9月18日付のブログで1996年から13年に渡り演じてきた『名探偵コナン』の毛利役を降板することを発表。「理由などは、詳しくお伝えすることは出来ませんが、契約上の問題と、信・義・仁の問題とだけ申し述べたいと存じます」と複雑な胸中を明かし物議を醸していた。また、ファンに向けては、「ファンの皆様にはそのご期待を裏切る結果となり、申し訳なさで一杯です」とお詫びの言葉を綴っていた。

 新たに毛利役となる小山は『24-TWENTY FOUR-』のほか、『ER緊急救命室』でジョージ・クルーニーが演じるダグラス・ロスなど、海外ドラマ・映画の吹き替えを担当。また、アニメ『はじめの一歩』(日本テレビ系)の鷹村守役、『NARUTO -ナルト- 疾風伝』(テレビ東京系)のヤマト役や、TVゲーム『ファイナルファンタジーXII』のバッシュ・フォン・ローゼンバーグ役などでも知られ、俳優としても活動している。

 『名探偵コナン』は、漫画家・青山剛昌氏により『週刊少年サンデー』に1994年から連載。高校生の名探偵・工藤新一が“黒の組織”によって幼児化され、小さくなった新一は江戸川コナンを名乗り、私立探偵の毛利小五郎の家に居候しながら、小学生探偵として活躍する。毛利は、私立探偵として事件に顔を出すも、実はあまり役には立っておらず、いつも睡眠薬で眠らされ、コナンが小五郎になりすまして事件を解決してしまうことから、名探偵“眠りの小五郎”として名をはせることに。自信家で雄弁ながらも、ちょっぴり頼りないキャラクターは、多くのファンから愛されている。同作は、アニメ化と平行して、劇場版もこれまでに13作製作され、最新作である2009年4月公開の映画『名探偵コナン 漆黒の追跡者(チェイサー)』は観客動員数291万人、興行収入34億円以上を突破し、シリーズ最高記録を達成している。




 神谷明

 

オリコン日本顧客満足度ランキング 自動車保険

オリコン日本顧客満足度ランキング 英会話スクール

英会話スクール/英会話教室ランキング

キャリア特集 一覧

【働きビト】Vol.16 長澤まさみ“頑張りすぎない”働き方のルール
【働きビト】Vol.16 長澤まさみ“頑張りすぎない”働き方のルール

女優の長澤まさみが、映画『アイアムアヒーロー』で念願のアクションに挑戦。撮影の裏側はもちろん、デビュー17年目を迎えた今いい意味で「なるべく適当に」が自分ルールになっているという、彼女の“仕事との向き合い方”にも迫った! 

【働きビト】Vol.15 アミューズの“落ちこぼれ劇団”10周年の決意
【働きビト】Vol.15 アミューズの“落ちこぼれ劇団”10周年の決意

赤字になったら即解散という厳しいルールの元、活動する大手事務所・アミューズの“落ちこぼれ”演劇集団・劇団プレステージ。暗黒時代を味わったメンバーが語る、地道にキャリアを積むことの強み。そして、節目に思う新たな危機感とは?

嬉野雅道
【働きビト】Vol.14 嬉野雅道、『水曜どう』に出会って感じた仕事のおもしろさ

北海道発の人気ローカル番組『水曜どうでしょう』のカメラ担当ディレクター・嬉野雅道。御年56歳、『どうでしょう』との出会いは、一介のサラリーマン人生にどんな影響を与えたのか? 出演陣との関係性や番組成功の裏側にも迫る!

ケラリーノ・サンドロヴィッチ
【働きビト】Vol.13 演劇界の鬼才ケラリーノ・サンドロヴィッチの作品作りの源泉

ドラマ『怪奇恋愛作戦』(テレビ東京系)で、連ドラのシリーズ監督に初挑戦するケラリーノ・サンドロヴィッチ。52歳にして新たな試みに挑む彼の、長年に渡り第一線で活躍し続ける仕事への向き合い方とは…?

豊川悦司
【働きビト】Vol.12 豊川悦司が語る、過酷すぎる山岳ロケの裏舞台

俳優・豊川悦司が、木村大作監督の最新作『春を背負って』撮影のため、1ヶ月半に及ぶ過酷な山岳ロケに参加。壮大な立山連峰に響きわたる、木村監督の「バカヤロウ」の怒号に、ベテラン俳優が感じたものとは?

大泉洋
【働きビト】Vol.11 大泉洋の仕事論「どんなにボロボロでも続ける美学」

北海道のローカルタレントからスタートし、今や年に何本も主演作が公開されるなど、押しも押されもせぬ人気俳優となった大泉洋が登場! 主演作の映画『青天の霹靂』の撮影秘話や、役者を「辞める覚悟はできている」という仕事への覚悟まで、大泉らしい役者論を語りつくす。