ORICON キャリア

現在地:オリコンキャリア>転職・派遣関連ニュース

2009年10月23日 17時40分
角川春樹監督 (C)ORICON DD inc. 
(左から)角川春樹監督、雨上がり決死隊・宮迫博之、大森南朋、松雪泰子、佐々木譲 (C)ORICON DD inc. 
(C)ORICON DD inc. 

映画『笑う警官』キャストら口を揃えて角川春樹監督は「恐怖」だった

■そのほかの最新写真ニュース一覧はこちら

 東京・六本木で開催中の『第22回東京国際映画祭』で23日、特別招待作品『笑う警官』の記者会見が行われ、製作・監督・脚本を手がけた角川春樹、主演の俳優・大森南朋、女優・松雪泰子、お笑いコンビ・雨上がり決死隊宮迫博之、原作者の佐々木譲氏が出席。キャストの3人は口をそろえて角川監督の第一印象をひと言で「恐怖」と答え、松雪は「大人のサスペンスに仕上がっています」と作品をアピールした。

 同作は、北海道警察で実際に起こった組織ぐるみの汚職事件をヒントに、警察内部の腐敗した闇にメスを入れる社会派小説を映画化した24時間のタイムリミットサスペンス。角川監督が1997年の『時をかける少女』以来、12年ぶりにメガホンをとり、脚本も執筆。「スタイリッシュに、世界に通用する映画、今までにない日本映画を撮ろう」と意気込んで作られた。

 ときには10分を超える長まわしに挑むなど、多くの大胆なチャレンジも試みており、「その緊張感が役者の力を引き出した」と角川監督。中でも松雪は「厳しくもあり、優しくもあり、今までにない演技を見せてくれとプレッシャーにもなった」。その成果について角川監督は「松雪さんの今までのキャリア、経験を超えた演技の引き出しが増えたのでは」と語り、それを松雪は安堵した表情で聞いていた。

 大森は「子供のころから角川映画を観てきた世代。角川監督は憧れの人」と話し、第一印象は「恐怖」としていたが「実際は笑顔がチャーミングな方」とフォローも忘れなかった。宮迫は「コメディアンですから…」と国際映画祭の記者会見に少々緊張気味で、いつもの「宮迫です」の手の振りも小さめにあいさつ。「怖い人に追いかけられて、逃亡したことがあるので、実体験をふまえて演技できた」と演技については自信をみせた。

 佐々木氏は「原作は地味な地方公務員の話。こんな警官いないという映画になった。ここまで深い映画にされて、悔しいと思った」などと話し、「ラストに原作者も泣けるシーンがある」と見どころを語っていた。

 映画『笑う警官』は11月14日(土)より全国公開。

◆『笑う警官』キャスト陣も参加! 『東京国際映画祭』グリーンカーペット

◆『東京国際映画祭』の歩き方

 

オリコン日本顧客満足度ランキング 自動車保険

オリコン日本顧客満足度ランキング 英会話スクール

英会話スクール/英会話教室ランキング

キャリア特集 一覧

【働きビト】Vol.16 長澤まさみ“頑張りすぎない”働き方のルール
【働きビト】Vol.16 長澤まさみ“頑張りすぎない”働き方のルール

女優の長澤まさみが、映画『アイアムアヒーロー』で念願のアクションに挑戦。撮影の裏側はもちろん、デビュー17年目を迎えた今いい意味で「なるべく適当に」が自分ルールになっているという、彼女の“仕事との向き合い方”にも迫った! 

【働きビト】Vol.15 アミューズの“落ちこぼれ劇団”10周年の決意
【働きビト】Vol.15 アミューズの“落ちこぼれ劇団”10周年の決意

赤字になったら即解散という厳しいルールの元、活動する大手事務所・アミューズの“落ちこぼれ”演劇集団・劇団プレステージ。暗黒時代を味わったメンバーが語る、地道にキャリアを積むことの強み。そして、節目に思う新たな危機感とは?

嬉野雅道
【働きビト】Vol.14 嬉野雅道、『水曜どう』に出会って感じた仕事のおもしろさ

北海道発の人気ローカル番組『水曜どうでしょう』のカメラ担当ディレクター・嬉野雅道。御年56歳、『どうでしょう』との出会いは、一介のサラリーマン人生にどんな影響を与えたのか? 出演陣との関係性や番組成功の裏側にも迫る!

ケラリーノ・サンドロヴィッチ
【働きビト】Vol.13 演劇界の鬼才ケラリーノ・サンドロヴィッチの作品作りの源泉

ドラマ『怪奇恋愛作戦』(テレビ東京系)で、連ドラのシリーズ監督に初挑戦するケラリーノ・サンドロヴィッチ。52歳にして新たな試みに挑む彼の、長年に渡り第一線で活躍し続ける仕事への向き合い方とは…?

豊川悦司
【働きビト】Vol.12 豊川悦司が語る、過酷すぎる山岳ロケの裏舞台

俳優・豊川悦司が、木村大作監督の最新作『春を背負って』撮影のため、1ヶ月半に及ぶ過酷な山岳ロケに参加。壮大な立山連峰に響きわたる、木村監督の「バカヤロウ」の怒号に、ベテラン俳優が感じたものとは?

大泉洋
【働きビト】Vol.11 大泉洋の仕事論「どんなにボロボロでも続ける美学」

北海道のローカルタレントからスタートし、今や年に何本も主演作が公開されるなど、押しも押されもせぬ人気俳優となった大泉洋が登場! 主演作の映画『青天の霹靂』の撮影秘話や、役者を「辞める覚悟はできている」という仕事への覚悟まで、大泉らしい役者論を語りつくす。