ORICON キャリア

現在地:オリコンキャリア>転職・派遣関連ニュース

2009年10月20日 18時15分
長澤まさみ (C)ORICON DD inc. 
(前段左から)本広克行監督、三宅弘城、長澤まさみ、志賀廣太郎、上田誠、(後段左から)川島潤哉、中川晴樹、諏訪雅、岩井秀人、辻修 (C)ORICON DD inc. 

長澤まさみ、欲しい超能力は“透視” 「見ちゃいけないもの見てみたい」

■そのほかの最新写真ニュース一覧はこちら

 女優・長澤まさみ主演の映画『曲がれ!スプーン』の完成披露公開記者会見が20日、東京・六本木ヒルズアリーナで一般客200人を招いて行われた。超能力者が集まるカフェを舞台にした同作にちなんで、「欲しい超能力」を質問された長澤が「透視。見ちゃいけないものを見てみたい」と答えると、本広克行監督や男性キャストが「何が見たいの〜」と冷やかして大騒ぎ。長澤は「超能力があったら、得したくなるので、当たりくじとか引いてみたいんです」と顔を赤らめながらフォローに必死だった。

 会見後、フォトセッションの演出準備のため長澤ら登壇者が舞台裏に下がっている間に、観客は用意された銀色の全身タイツを大急ぎで着用してスタンバイOK。“人間スプーン”と化した観客たちが拍手で出迎えるサプライズに、長澤は一段と大きく目を見開いて驚きの表情を浮かべた。

 同作は、京都を拠点に活動する劇団・ヨーロッパ企画の代表で劇作家の上田誠の戯曲を、本広克行監督が実写映画化。2005年の映画『サマータイムマシン・ブルース』以来、2度目のタッグを組む。長澤は超常現象バラエティ番組のAD・桜井米役でシチュエーション・コメディに初挑戦した。物語は本物のエスパーを探すため旅に出た米と、能力のことを知られたくない7人のエスパーたちの攻防戦が描かれる。

 このほか会見にはエスパーを演じた俳優・三宅弘城、諏訪雅、中川晴樹、辻修、川島潤哉、岩井秀人、志賀廣太郎が勢ぞろいした。小劇場界で実力派として知られる彼らはオーディションを経て選抜され(志賀をのぞく)、同作でもその芸達者ぶりをいかんなく発揮している。

 映画『曲がれ!スプーン』は11月21日(土)より全国公開。

◆長澤まさみも参加!『東京国際映画祭』グリーンカーペットフォトギャラリー
◆現在開催中! 『東京国際映画祭』の歩き方


 星泉(長澤まさみ)

 

オリコン日本顧客満足度ランキング 自動車保険

オリコン日本顧客満足度ランキング 英会話スクール

英会話スクール/英会話教室ランキング

キャリア特集 一覧

【働きビト】Vol.16 長澤まさみ“頑張りすぎない”働き方のルール
【働きビト】Vol.16 長澤まさみ“頑張りすぎない”働き方のルール

女優の長澤まさみが、映画『アイアムアヒーロー』で念願のアクションに挑戦。撮影の裏側はもちろん、デビュー17年目を迎えた今いい意味で「なるべく適当に」が自分ルールになっているという、彼女の“仕事との向き合い方”にも迫った! 

【働きビト】Vol.15 アミューズの“落ちこぼれ劇団”10周年の決意
【働きビト】Vol.15 アミューズの“落ちこぼれ劇団”10周年の決意

赤字になったら即解散という厳しいルールの元、活動する大手事務所・アミューズの“落ちこぼれ”演劇集団・劇団プレステージ。暗黒時代を味わったメンバーが語る、地道にキャリアを積むことの強み。そして、節目に思う新たな危機感とは?

嬉野雅道
【働きビト】Vol.14 嬉野雅道、『水曜どう』に出会って感じた仕事のおもしろさ

北海道発の人気ローカル番組『水曜どうでしょう』のカメラ担当ディレクター・嬉野雅道。御年56歳、『どうでしょう』との出会いは、一介のサラリーマン人生にどんな影響を与えたのか? 出演陣との関係性や番組成功の裏側にも迫る!

ケラリーノ・サンドロヴィッチ
【働きビト】Vol.13 演劇界の鬼才ケラリーノ・サンドロヴィッチの作品作りの源泉

ドラマ『怪奇恋愛作戦』(テレビ東京系)で、連ドラのシリーズ監督に初挑戦するケラリーノ・サンドロヴィッチ。52歳にして新たな試みに挑む彼の、長年に渡り第一線で活躍し続ける仕事への向き合い方とは…?

豊川悦司
【働きビト】Vol.12 豊川悦司が語る、過酷すぎる山岳ロケの裏舞台

俳優・豊川悦司が、木村大作監督の最新作『春を背負って』撮影のため、1ヶ月半に及ぶ過酷な山岳ロケに参加。壮大な立山連峰に響きわたる、木村監督の「バカヤロウ」の怒号に、ベテラン俳優が感じたものとは?

大泉洋
【働きビト】Vol.11 大泉洋の仕事論「どんなにボロボロでも続ける美学」

北海道のローカルタレントからスタートし、今や年に何本も主演作が公開されるなど、押しも押されもせぬ人気俳優となった大泉洋が登場! 主演作の映画『青天の霹靂』の撮影秘話や、役者を「辞める覚悟はできている」という仕事への覚悟まで、大泉らしい役者論を語りつくす。