ORICON キャリア

現在地:オリコンキャリア>転職・派遣関連ニュース

2009年09月30日 13時00分
作詞に挑戦したプロスケーターの荒川静香 (C)ORICON DD inc. 
河口恭吾 の新作『WOMANING〜今を生きる女性たち〜』 

プロスケーター荒川静香、人気ブロガーきっこ“活躍する女性11人”が作詞家デビュー

■その他の写真ニュースはこちら

 シンガーソングライターの河口恭吾 が、“今を生きる女性たち”をテーマに、さまざまな世界で活躍している女性に詞を提供してもらったコンセプトアルバムを11月に発表する。歌詞を書いたのは、人気ブロガーのきっこ、プロスケーターの荒川静香、ファッションデザイナーのコシノヒロコら、それぞれの世界で活躍が目覚しい11人。河口は「女性たちが“真っすぐ”に生きる姿が僕には魅力」と話している。

 同アルバムは、歌詞の中に登場する女性の心情をスタッフの男同士であれこれ話していた際、“男だけで思案するよりも女性の視点から楽曲をつくってみたら面白いのでは?”と考えたことがきっかけで生まれた、という。そして、「自分の中の女性感」ではなく「現代を生きるリアルな女性の声、本音や心情」を知りたいと思うようになり、“今を生きる女性たち”をテーマにさまざまなジャンルで活躍している女性に声をかけ、詞を提供してもらい、河口がメロディーをつけて楽曲を制作した。

 詞の提供者は、3人のほか、パティシエの柿沢安耶、美容ジャーナリストの齋藤薫、女優の紫吹淳、webディレクターの田中明子、「ゆりちかへ ママからの伝言」著者のテレニン晃子(故人)、カリスマ読者モデル出身で実業家の桃華絵里。そして、一般公募から選出された現役女子高生の三日月さんとと「いのちの電話」の指導員という11人。あらゆるジャンル、あらゆる世代の女性が参加している。

 河口は「「何かに向かって真っすぐ生きている(いた)」ということが皆さんに共通していると思います。女性たちが「真っすぐ」に生きる姿が僕には魅力で、強い意志を持ち、生き様そのものがストーリーになっている皆さんに愛をテーマにお話を聞かせて頂き、それを一つの歌として捉えられたなら、今まで音楽と疎遠だった人の心にも勇気や希望を届けることが出来るのではと思っています。そういう歌こそが今を生きる僕たちが必要としているラブソングなのでは……」とコメントしている。

 アルバムは11月11日に発売。その後、11月23日に東京・赤坂BLITZ、29日には大阪・なんばHatchでワンマンライブを行う。


 河口恭吾



 

オリコン日本顧客満足度ランキング 自動車保険

オリコン日本顧客満足度ランキング 英会話スクール

英会話スクール/英会話教室ランキング

キャリア特集 一覧

【働きビト】Vol.16 長澤まさみ“頑張りすぎない”働き方のルール
【働きビト】Vol.16 長澤まさみ“頑張りすぎない”働き方のルール

女優の長澤まさみが、映画『アイアムアヒーロー』で念願のアクションに挑戦。撮影の裏側はもちろん、デビュー17年目を迎えた今いい意味で「なるべく適当に」が自分ルールになっているという、彼女の“仕事との向き合い方”にも迫った! 

【働きビト】Vol.15 アミューズの“落ちこぼれ劇団”10周年の決意
【働きビト】Vol.15 アミューズの“落ちこぼれ劇団”10周年の決意

赤字になったら即解散という厳しいルールの元、活動する大手事務所・アミューズの“落ちこぼれ”演劇集団・劇団プレステージ。暗黒時代を味わったメンバーが語る、地道にキャリアを積むことの強み。そして、節目に思う新たな危機感とは?

嬉野雅道
【働きビト】Vol.14 嬉野雅道、『水曜どう』に出会って感じた仕事のおもしろさ

北海道発の人気ローカル番組『水曜どうでしょう』のカメラ担当ディレクター・嬉野雅道。御年56歳、『どうでしょう』との出会いは、一介のサラリーマン人生にどんな影響を与えたのか? 出演陣との関係性や番組成功の裏側にも迫る!

ケラリーノ・サンドロヴィッチ
【働きビト】Vol.13 演劇界の鬼才ケラリーノ・サンドロヴィッチの作品作りの源泉

ドラマ『怪奇恋愛作戦』(テレビ東京系)で、連ドラのシリーズ監督に初挑戦するケラリーノ・サンドロヴィッチ。52歳にして新たな試みに挑む彼の、長年に渡り第一線で活躍し続ける仕事への向き合い方とは…?

豊川悦司
【働きビト】Vol.12 豊川悦司が語る、過酷すぎる山岳ロケの裏舞台

俳優・豊川悦司が、木村大作監督の最新作『春を背負って』撮影のため、1ヶ月半に及ぶ過酷な山岳ロケに参加。壮大な立山連峰に響きわたる、木村監督の「バカヤロウ」の怒号に、ベテラン俳優が感じたものとは?

大泉洋
【働きビト】Vol.11 大泉洋の仕事論「どんなにボロボロでも続ける美学」

北海道のローカルタレントからスタートし、今や年に何本も主演作が公開されるなど、押しも押されもせぬ人気俳優となった大泉洋が登場! 主演作の映画『青天の霹靂』の撮影秘話や、役者を「辞める覚悟はできている」という仕事への覚悟まで、大泉らしい役者論を語りつくす。