ORICON キャリア

現在地:オリコンキャリア>転職・派遣関連ニュース

2009年06月21日 10時00分
理想のパパ芸人ランキング、1位に選ばれた山口智充 

理想の“パパ芸人”、1位は山口智充

■ランキング表はこちら

 6月21日の“父の日”に合わせて、オリコンでは『理想の父親だと思うお笑い芸人』をテーマに、10・20代の男女を対象としたアンケート調査を実施した。その結果、100を超える“モノマネ”レパートリーなど芸達者として知られ、“ぐっさん”の愛称で親しまれる【山口智充】が1位に選ばれた。

 最近、家族のことを気軽に明かすタレントも目立つようになり、“パパ芸人”として好感度を上げている芸人も少なくない。そんな並み居る強豪を抑え1位に輝いた【山口智充】は、人物や動物、効果音、よくあるワンシーンなど、数多くのレパートリーを持つ“モノマネ名人”としてお馴染み。「1年中家族を楽しませてくれそう」(東京都/10代/女性)、「優しく人柄が良くて、子供の視点にたって育ててくれそうだから」(滋賀県/20代/男性)という意見が多数寄せられ、面白く包容力豊かなお父さんとして人気をさらった。

 2位となったのは、現在4児の父親で家庭の話題も持ち味の【土田晃之】。マニアックなまでの知識量であることから“家電芸人”、“ガンダム芸人”などといった肩書きもある土田は「いろいろなことに詳しいので、お父さんだったら楽しいと思う」(埼玉県/20代/女性)と高評価。さらに「話が上手だから家族団欒の場が楽しくなりそうだから」(東京都/10代/女性)というように、ユーモアに富んだ巧な話術に惹きつけられる人が多かった。

 続く3位には、【明石家さんま】がランクイン。はじける笑顔と明るいキャラクターが支持されていることから「家の中が常に面白い雰囲気になりそう」(大阪府/20代)、「笑いが絶えない家族になりそう」(栃木県/10代/男性)という意見がほとんど。また、「(離婚はしたけど)テレビでよく娘の話をしていて、大好きなことが伝わってくる」(東京都/20代/女性)と、今春モデルとして芸能界デビューした娘のIMALUとの関係からも“良い父親”ぶりが支持されているようだ。

 そのほか、たびたびテレビ番組で自分の子供のことを嬉しそうに話す次長課長の河本準一や、夫婦円満な様子が伝わってくる藤井隆らがトップ10に入った。

【調査概要】
調査対象:自社アンケート・パネル【オリコン・モニターリサーチ】会員の10代、20代の男女、各200名、合計800名
調査時期:2009年5月14日〜5月20日
調査方法:インターネット調査



順位 名前 主な意見 掲示板
山口智充 アウトドアなど一緒に遊んだりしてくれそうだし、家でもモノマネで楽しませてくれそうだから。(神奈川県/20代/女性)
土田晃之 アニメから家電まで幅広い知識があるし、言うことがすべて的をえているから。
(静岡県/20代/女性)
明石家さんま 家のなかが常に明るい雰囲気になりそう。(大阪府/20代/男性)
島田紳助 人のキャラクターを理解しいかせているので、子供の長所も伸ばしてあげられると思う。(愛知県/20代/男性)
浜田雅功 怒る時はしっかり怒って、逆に普段は優しいお父さんな感じがする。
(神奈川県/20代/男性)
木梨憲武 遊ぶのにも同じ目線で接してくれそうだし、いろいろとお出かけしてくれそう。
(埼玉県/20代/女性)
宮迫博之 家事が得意そうだし、子供との接し方もうまそうな感じがするので。
(大阪府/10代/女性)
河本準一 テレビ番組で息子さんの話を嬉しそうに話していたから。(兵庫県/10代/女性)
名倉潤 妻のまりなさんも絶賛するほど、家事も手伝う立派な父親だから。
(京都府/10代/女性)
藤井隆 とても夫婦円満で、子供にも優しそうだから。(神奈川県/20代/男性)

■禁無断複写転載
※オリコンランキング(売上枚数のデータ等)の著作権その他の権利はオリコンに帰属していますので、無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、ブログ、携帯電話)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。詳しいお問い合わせは、弊社広報企画部(ランキング販売について)までお願いいたします。


■父の日特集『こんなパパなら自慢しちゃう! 理想の父親ランキング』

 

オリコン日本顧客満足度ランキング 自動車保険

オリコン日本顧客満足度ランキング 英会話スクール

英会話スクール/英会話教室ランキング

キャリア特集 一覧

【働きビト】Vol.16 長澤まさみ“頑張りすぎない”働き方のルール
【働きビト】Vol.16 長澤まさみ“頑張りすぎない”働き方のルール

女優の長澤まさみが、映画『アイアムアヒーロー』で念願のアクションに挑戦。撮影の裏側はもちろん、デビュー17年目を迎えた今いい意味で「なるべく適当に」が自分ルールになっているという、彼女の“仕事との向き合い方”にも迫った! 

【働きビト】Vol.15 アミューズの“落ちこぼれ劇団”10周年の決意
【働きビト】Vol.15 アミューズの“落ちこぼれ劇団”10周年の決意

赤字になったら即解散という厳しいルールの元、活動する大手事務所・アミューズの“落ちこぼれ”演劇集団・劇団プレステージ。暗黒時代を味わったメンバーが語る、地道にキャリアを積むことの強み。そして、節目に思う新たな危機感とは?

嬉野雅道
【働きビト】Vol.14 嬉野雅道、『水曜どう』に出会って感じた仕事のおもしろさ

北海道発の人気ローカル番組『水曜どうでしょう』のカメラ担当ディレクター・嬉野雅道。御年56歳、『どうでしょう』との出会いは、一介のサラリーマン人生にどんな影響を与えたのか? 出演陣との関係性や番組成功の裏側にも迫る!

ケラリーノ・サンドロヴィッチ
【働きビト】Vol.13 演劇界の鬼才ケラリーノ・サンドロヴィッチの作品作りの源泉

ドラマ『怪奇恋愛作戦』(テレビ東京系)で、連ドラのシリーズ監督に初挑戦するケラリーノ・サンドロヴィッチ。52歳にして新たな試みに挑む彼の、長年に渡り第一線で活躍し続ける仕事への向き合い方とは…?

豊川悦司
【働きビト】Vol.12 豊川悦司が語る、過酷すぎる山岳ロケの裏舞台

俳優・豊川悦司が、木村大作監督の最新作『春を背負って』撮影のため、1ヶ月半に及ぶ過酷な山岳ロケに参加。壮大な立山連峰に響きわたる、木村監督の「バカヤロウ」の怒号に、ベテラン俳優が感じたものとは?

大泉洋
【働きビト】Vol.11 大泉洋の仕事論「どんなにボロボロでも続ける美学」

北海道のローカルタレントからスタートし、今や年に何本も主演作が公開されるなど、押しも押されもせぬ人気俳優となった大泉洋が登場! 主演作の映画『青天の霹靂』の撮影秘話や、役者を「辞める覚悟はできている」という仕事への覚悟まで、大泉らしい役者論を語りつくす。