ORICON キャリア

現在地:オリコンキャリア>転職・派遣関連ニュース

2009年05月23日 06時00分
インタビューに応じた須藤元気。中欧の旅で「すっかりエスプレッソ好きになった」という 
今年後半に向けて新たなプロジェクトが進行中。詳細は近々発表予定とのこと 
5月21日発売の須藤元気著『愛と革命のルネサンス』(講談社)、定価1400円+税 

須藤元気、昨日は監督、今日は作家。究極の“自由業”を謳歌

■その他の写真ニュースはこちら

 元総合格闘家の須藤元気が監督を務める拓殖大学レスリング部が22日、東日本学生リーグ戦で4年ぶり3度目の優勝を果たした。“初陣”となった同大会で最優秀監督賞も受賞し、歓喜の涙を見せた須藤だが、翌23日には都内書店で最新著書『愛と革命のルネサンス』(講談社)の刊行記念サイン会が予定されている。幅広い分野で活動する須藤がこのほどORICON STYLEのインタビューに応じ、「僕は自由業。今この瞬間の感情に従って行動しているだけ」と人生を謳歌する自身の成功哲学について熱弁をふるった。

 トップファイターとして活躍していた頃から俳優、執筆、書道などマルチなタレントぶりを発揮していた須藤。昨年11月には、急逝した前監督の後を引き継ぎ古巣の拓大レスリング部監督に就任。今年4月からは、同大大学院地方政治行政研究科に在籍する“学生”でもある。

 二兎どころか、いくつも追いかける須藤だが、ストイックな日々かと思いきやその日常はいたってマイペースだ。「社会人として仕事の約束はしっかりきっちり守りますけど、そのほかは気分次第のところが多いです(笑)」とけろっとしているのはまさに“天然系”。

 それは「自分がいいと思えば、それが正解。捉え方を変えれば、経験は変わる」という考え方がベースにあるからだという。高校時代、自らの人生を成功に導くためにはどうしたらいいのか、カーネギー、ナポレオン・ヒル、マーフィーらが著した成功本を読み漁った。

 「高2の時に、人生プランを練りました。その時に、有名になるためにはミュージシャンになるか、格闘家になるかを迷って、後者を選んだんです」。試行錯誤して壁にぶち当たり、人が離れていくなど“失敗”も経験したが、「人生プランの基本にブレはない」と言い切る。

 昨年、ウィーン、ブダペスト、プラハ、ドレスデンと中欧の都市を巡る旅に出た。「政治史、思想、文化など、近現代のすべての出発点がその地にあったんですよ…なんて、飲み会の席で話出したら絶対外しますね」と苦笑い。しかし、須藤は今回の旅で自身の成功哲学にひとつの着地点を見出した。

 それを旅行記としてまとめたのが、前述の自著『愛と革命のルネサンス』。「“人のため”という思い上がりが、裏目に出る。他人のせいにしない。まず、自分が幸せになろう。世界を救う一番の近道は、自分を救うことだ。なぜなら、We are all one! 世界は響き合っているから」と目を輝かせていた。

 

オリコン日本顧客満足度ランキング 自動車保険

オリコン日本顧客満足度ランキング 英会話スクール

英会話スクール/英会話教室ランキング

キャリア特集 一覧

【働きビト】Vol.16 長澤まさみ“頑張りすぎない”働き方のルール
【働きビト】Vol.16 長澤まさみ“頑張りすぎない”働き方のルール

女優の長澤まさみが、映画『アイアムアヒーロー』で念願のアクションに挑戦。撮影の裏側はもちろん、デビュー17年目を迎えた今いい意味で「なるべく適当に」が自分ルールになっているという、彼女の“仕事との向き合い方”にも迫った! 

【働きビト】Vol.15 アミューズの“落ちこぼれ劇団”10周年の決意
【働きビト】Vol.15 アミューズの“落ちこぼれ劇団”10周年の決意

赤字になったら即解散という厳しいルールの元、活動する大手事務所・アミューズの“落ちこぼれ”演劇集団・劇団プレステージ。暗黒時代を味わったメンバーが語る、地道にキャリアを積むことの強み。そして、節目に思う新たな危機感とは?

嬉野雅道
【働きビト】Vol.14 嬉野雅道、『水曜どう』に出会って感じた仕事のおもしろさ

北海道発の人気ローカル番組『水曜どうでしょう』のカメラ担当ディレクター・嬉野雅道。御年56歳、『どうでしょう』との出会いは、一介のサラリーマン人生にどんな影響を与えたのか? 出演陣との関係性や番組成功の裏側にも迫る!

ケラリーノ・サンドロヴィッチ
【働きビト】Vol.13 演劇界の鬼才ケラリーノ・サンドロヴィッチの作品作りの源泉

ドラマ『怪奇恋愛作戦』(テレビ東京系)で、連ドラのシリーズ監督に初挑戦するケラリーノ・サンドロヴィッチ。52歳にして新たな試みに挑む彼の、長年に渡り第一線で活躍し続ける仕事への向き合い方とは…?

豊川悦司
【働きビト】Vol.12 豊川悦司が語る、過酷すぎる山岳ロケの裏舞台

俳優・豊川悦司が、木村大作監督の最新作『春を背負って』撮影のため、1ヶ月半に及ぶ過酷な山岳ロケに参加。壮大な立山連峰に響きわたる、木村監督の「バカヤロウ」の怒号に、ベテラン俳優が感じたものとは?

大泉洋
【働きビト】Vol.11 大泉洋の仕事論「どんなにボロボロでも続ける美学」

北海道のローカルタレントからスタートし、今や年に何本も主演作が公開されるなど、押しも押されもせぬ人気俳優となった大泉洋が登場! 主演作の映画『青天の霹靂』の撮影秘話や、役者を「辞める覚悟はできている」という仕事への覚悟まで、大泉らしい役者論を語りつくす。